花粉症薬の強さランキング!処方薬と市販薬を徹底的に比較してみた

花粉症の薬の強さ比較 ランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スギ花粉の厄介なシーズン、花粉症の症状を抑えるなら薬を飲むのが手っ取り早い方法です。

薬局やドラッグストアの市販薬でもたくさんの種類がありますし、病院で処方箋を貰って手に入れることができる花粉症の薬も今はかなりの種類が存在しています。

『市販薬VS処方箋薬』どちらも正しく使えばそれなりの効果がありますが、薬の強さはどれぐらい違うものなのでしょうか?

本記事では処方箋の薬と市販薬の強さを比較しランキング形式で発表したいと思います!

PR

花粉症の薬効き目の強さランキング【前半】

薬 ランキング

まずは薬の強さランキング前半を発表します。

やはり、さすがは病院の薬だけあって、処方箋が必要で市販薬としては出回っていないものが多くランキングされています。

今回は、抗アレルギー作用が強い順で選びましたので、副作用の強さも加味した場合はまたランキングも変わってくることをご了承下さい。

花粉症薬の強さ1位:アレロック

1位は第二世代抗ヒスタミン薬の中でも圧倒的な強さの抗アレルギー作用を持っている「アレロック」です。

花粉症の症状を抑える力はダントツですが、その分眠気の副作用も強烈です

市販薬としては出回っておらず処方箋が必要な薬ですが、副作用の強さを考えてもこの薬の力が必要な特に重度の花粉症に対して使われていることでしょう。


花粉症薬の強さ2位:ビラノア

「ビラノア」は花粉症薬の中では新しい薬です。抗アレルギー作用は強力なのに、眠気は出にくいという特徴があり、使いやすくよく効く薬と言えそうです。

効き目の強さと副作用の少なさのバランスから、今後は処方されやすい薬になっていく可能性も高いです。

この薬も手に入れるためには処方箋が必要で、市販薬としては販売されていません

また、ビラノアは他の薬と違って空腹時に飲まないと効果が低減してしまいます。食後の薬と比べて飲み忘れやすい事には注意も必要です。

花粉症薬の強さ3位:ジルテック

「ジルテック」も強さで言えば上位にランキングされる強力な抗アレルギー作用をもつ薬です。アレロックと同様に、眠気の副作用も強力なので、花粉症の症状が辛すぎる人向けとなっています。

この薬は2019年現在、第二類医薬品に区分されていて、「ストナリニZ」という商品名で市販薬としても販売されています。

処方箋がなくても購入できる薬の中では強さはトップクラスです。

飲み方は就寝前に1日1回で、24時間持続するタイプです。

白井田七茶は花粉症に効果ない?口コミやアマゾンのレビューまとめ
花粉症の季節。鼻がスッキリしなくて悩まされますよね?そんな中、アマゾンレビュー★5がずらりの商品を発見。その名も白井田七茶!一部の口コミでは花粉症に効果ないとも言われていますが…?今回は白井田七茶の情報をまとめました。
えぞ式すーすー茶は鼻炎・花粉症に効果なし?口コミ&評判まとめ
皆さんは憎き鼻炎・花粉症でお悩みの同士だと思います。対策しても「鼻水が止まらない!」そんな方にはえぞ式すーすー茶です。えぞ式すーすー茶は鼻炎、花粉症で悩む方の最後の砦なのです。今回はえぞ式すーすー茶の効果や口コミを紹介していきます。

花粉症の薬効き目の強さランキング【後半】

薬 ランキング

ランキング後半には、CMで有名な市販薬が並びました。

しかし、市販薬と侮ってはいけません。「病院に行かなくても花粉症なんとかなるじゃん!」という人のお供に十分に力を発揮できる薬が揃っています。

花粉症薬の強さ4位:アレジオン

後半のランキング、続いてはCMのおかげですっかり有名な「アレジオン」です。

同じく市販薬として有名なアレグラと比べると、抗アレルギー作用が強くて、眠気の副作用も若干現れる可能性があります。

また、アレグラは1日2回ですがアレジオンは就寝前1日1回服用のタイプです。

処方箋がなくても薬局で手軽に買えるので、花粉症対策に使用するなら花粉が飛び始める頃には服用を開始しておきましょう。


花粉症薬の強さ5位:アレグラ

花粉症患者に今一番使われている薬がこの「アレグラ」です。

薬の強さだけで言えばもっと効き目のある薬は他にもたくさんありますが、とりあえず最初に花粉症対策に使う程度なら抗アレルギー作用としても十分な上に、眠気の副作用がほぼほぼないことが他の薬と比べて圧倒的に使いやすい理由です。

ほぼすべての花粉症薬にの添付文書に書かれている「服用後は車や機械類の運転をしないで下さい。」の一文がアレグラには書かれてないんです

使いやすい花粉症の薬ランキングだとしたら間違いなく1位に入るでしょう。病院でもよく処方箋で出されます。

市販薬でも、「アレグラFX」という名前で販売されているので、手軽に購入することができます。

飲み方は1日2回、朝夕服用のタイプとなっています。

花粉症薬の強さ6位:クラリチン

クラリチンもアレグラと同様、抗アレルギー作用は若干弱めですが、副作用も現れづらく、眠気もほぼ現れないため使いやすく、病院でも医師が花粉症の症状が軽度と判断した時には処方箋で出ることもあります。

アレグラと同様に、乗り物や機械類の運転に対しての注意を喚起する説明は添付文書にありません。この一文が添付文書にない薬は眠くなりにくさがウリと言っていいものなんです。

眠気の出なさからアレグラとは比較されやすいですが、アレグラは市販薬の中でも2019年現在第2類医薬品となっていて、どこのドラッグストアでも買えちゃう手軽さなのに対して、クラリチンは要指導医薬品に区分されているので、市販薬として販売はできないこともないですが、何処でも買えるという手軽さには至っていません

市販薬で済ませたいという場合、現状ならアレグラで別にいいのでは…となってしまう気がしますね。

元薬局店員がおすすめする花粉症対策の医薬品ランキングまとめ
スギ花粉の季節、薬局では花粉症対策の薬が飛ぶように売れます。様々な種類が出ていてもはやどれを選べばいいか分かりづらくなっている花粉症対策の薬。今回は薬局で市販されている薬からおすすめなのをランキングで紹介していきます。
花粉症の市販薬で強い薬とは?病院で貰う処方薬には勝てない?
花粉症の辛い症状を緩和させるにはお薬が有効。市販でも病院でもいろんな薬が販売されているので、自分に適した薬を選ぶのがポイントです。作用が強い薬は副作用のリスクもあるので、安心・安全に服用できる薬を選びましょう。

医薬品の区分について

薬
PR

上記のランキングで、「要指導医薬品」や「第二類医薬品」といった言葉が出てきました。

薬には大きく分けると、病院で処方箋を貰わないと手に入らない医療用医薬品と、薬局で市販薬として販売できる要指導医薬品・一般用医薬品に分かれています。

そして、市販薬の中でも、どこの薬局でも売っていい薬と、薬剤師が見張っていないと売れない薬に更に分かれているのです。

どこの薬局でも販売可能でお手軽に入手できる医薬品は、第二類医薬品より下のランクのものになっています。

処方箋薬と市販薬の扱いの違い

区分 内容
処方箋薬 医療用医薬品 医師による処方箋が必要ないわゆる病院の薬。市販はされていない。
市販薬 要指導医薬品 医療用医薬品から市販薬になったばかりの薬。店舗に薬剤師が居る時だけ、薬剤師から対面での指導のもとで購入可能。
一般用医薬品 第1類医薬品 市販薬の中で特に注意を必要とする薬で、店舗に薬剤師が居る時だけ薬剤師の情報提供のもと販売可能。
第2類医薬品 薬剤師もしくは登録販売者が販売可能。第3類医薬品と比べて重い副作用のおそれがあるもの。
第3類医薬品 薬剤師もしくは登録販売者が販売可能。

花粉症対策の薬を飲み始める時期やタイミングはいつからがベスト?
毎年皆さんを悩ませる花粉症。花粉症対策のタイミングはいつ頃始めるのが効果的なのでしょうか?スギ花粉が飛散し始める前か後か、薬を飲み始めるタイミング次第で花粉症がグッと楽になる?!花粉症と上手く付き合う方法をご紹介!
花粉症対策で薬以外に効果があるのはサプリ?お茶?ヨーグルト?
スギ花粉のシーズン、薬以外でできる花粉症対策はどんなものがあるでしょうか?花粉症対策に効果的な食材を取り入れるなら、ヨーグルト?お茶?サプリメント?人気のある対策法はどんな方法?花粉症根治のお話もちょっとだけ紹介。


花粉症の薬強さランキングまとめ

やはり効き目の強さで比べると、処方箋が必要な医療用の薬が多く上位にランクインする結果となりました。

しかし、抗アレルギー作用の強さと眠気などの副作用のバランスを考えて、薬を飲む人個人の症状の重さによってピッタリ合う薬は違ってきます。

理想なのは、アレルギー症状が収まりつつも副作用がない状態ですよね?つまり強ければ良いというものでもないのです。

たくさんの種類が出回っている花粉症薬、入手のお手軽さや副作用の少なさもしっかりと視野に入れつつ、あなたの花粉症対策にピッタリの薬をチョイスする参考になればと思います。

※なお、薬の強さ比較はあくまで本記事筆者の主観です。あくまで参考程度にとどめ、実際の医薬品の使用は医師・薬剤師の指導に従ってください。

PR

コメントを残す

*