花粉症の症状でのどに違和感!たんや咳が出る時におすすめの対策とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉症にはいろんな症状があります。

主な症状としては「くしゃみ」「鼻水」「目の充血」などがあり、その他にも細かい症状があるので風邪と間違えてしまい対処が遅れてしまう事もあります。

そんなわけで今回は、花粉症と風邪の症状の違いをまとめつつ、たんや咳など喉の違和感を感じた時の対策方法について紹介したいと思います!

「最近のどの調子が悪いなぁ」と思っている方はぜひご覧ください。

PR

のどの違和感は花粉症じゃないの?

のどの違和感

結論から申しますと、花粉症でもアレルギー性咽喉頭炎の場合にはのどに違和感を感じることがあります。

のどの違和感を感じた時に風邪だと思う方も多いですが、花粉症による鼻水や鼻汁がのどの粘膜を傷めて炎症を起こすケースもあります。

なので、必ずしも「のどの違和感=風邪」という方程式が成立するわけではありません!

ここをしっかりと見極めないと対処が遅れてしまう可能性もあるので、注意が必要です。

花粉症と風邪の症状は似ている?

花粉症と風邪の症状

上記の通り、花粉症と風邪の症状は似て異なるものです。

というよりもかなり類似しています!

正直なところ、自分自身では判断しきれない部分もありますので、適切な診断をするのであれば病院で検査を受けるのが正解です。

とは言え、忙しくて病院に行けないという方もいると思うので、花粉症と風邪の違いを分かる範囲で紹介しておきたいと思います。

花粉症の薬の中でも市販(薬局)で買えるおすすめの点鼻薬は?
このページでは、花粉症に適した点鼻薬に関する情報として点鼻薬の効果効能、副作用のリスクなどをご紹介。その他にも市販や薬局で購入できるおすすめの点鼻薬を厳選してまとめていますので、辛い花粉症に悩んでいる方は必見です。
【2019年】最新の花粉症対策サプリメントの評判&口コミまとめ
花粉症対策にはサプリメントもおすすめ!主に花粉症に適したサプリメントやそれらサプリの口コミ・評判をメインでまとめています。その他にもサプリを選ぶ基準や花粉症の原因などを紹介していますので花粉症に悩む方は必見です!

花粉症の原因や症状

花粉症の原因はスギ花粉やヒノキ花粉が体内に侵入する事で起こるアレルギー症状です。

花粉によるアレルギーにもいろんな種類があり、

・アレルギー性鼻炎
・アレルギー性結膜炎
・アレルギー性咽喉頭炎

など、さまざまです。

その他にも「喘息」「花粉症皮膚炎」などを引き起こす可能性もあります。

花粉症の症状に関しては以下の通り。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、目の充血、のどのイガイガ、のどのかゆみ、咳、食欲減退、倦怠感、微熱…etc

風邪の原因や症状

風邪の原因は鼻やのどに微生物が感染する事によって起こるもので、主な病原菌にはウイルスマイコプラズマなどがあります。

基本的には90%がウイルス感染によるものですが、ウイルスの種類も200種類以上あるので細かい原因の特定が難しいという現状もあります。

季節によっても感染するウイルスの種類が異なるので、その時によって症状が異なるケースも多く、症状に合わせた治療が必要となります。

風邪の症状に関しては以下の通り。

熱、頭痛、筋肉痛、口内炎、下痢、嘔吐、咳、鼻水、のどの痛み、倦怠感、食欲不振…etc

※その他にも合併症で「気管支炎」「肺炎」「中耳炎」などを引き起こす可能性もある

※鼻水や熱で判断するのも1つの方法

鼻水や熱で判断

上記を見てわかる通り、花粉症と風邪の症状はかなり類似しています。

正直、素人では判断するのが難しい部分もありますので、詳しく検査したい場合には病院に行くしかありません

ただ、鼻水や熱など判断しやすいポイントもあります。

例えば、、、

・発熱がある
・鼻水に粘り気がある

こういった症状は風邪の可能性が高いです。

逆に、

・鼻水がサラサラで水っぽい
・くしゃみや目のかゆみが酷い

このような場合には花粉症の可能性が高いです。


子供の花粉症対策に効果のある薬とは?アレルギー症状に効く医薬品
子供の花粉症対策における注意点やおすすめの医薬品などの情報をまとめています。子供の基本的な花粉症対策や治療法、市販や通販でも気軽に購入できる子供用のお薬を紹介していますので、目や鼻の辛い症状を緩和したい方は必見です。
花粉症対策は病院の何科に行けばいい?耳鼻咽喉科?それとも内科?
スギ花粉の花粉症対策してますか?花粉症対策は病院に行くのが一番!病院と言っても何科に行けば良いのでしょう?耳鼻咽喉科でしょうか?それとも内科でしょうか?今回は病院に行くとしたら何科に行けば良いのかを紹介していきます。

【おすすめ】たんや咳が出る時の対策方法

たんや咳が出る時の対策

花粉症の症状で咳やたんが出る時にはどんな対処法が適切なのか?

ここからは、花粉症におけるのどの違和感を対策するために効率の良い方法を紹介したいと思います。

「花粉症になると毎回のどに違和感を感じる」
「たんや咳がなかなか止まらない」

など、こういった症状のお悩みの方は参考にしてみてください。

PR

抗アレルギー薬を飲む

花粉症の症状を抑えるには薬を使用するのが一番手っ取り早いです。

最近では抗アレルギー薬が主流になりつつあり、効き目を実感するには数日程度かかりますが副作用も少なく安心して使用できるお薬です。

また、症状が辛い場合には効果の強いステロイド薬が処方されるケースや、その他にも病院でないと治療できない舌下免疫療法なども1つの対処法です。

できる限り外出を減らす

外出を減らす

当たり前の事ですが、スギ花粉やヒノキ花粉が多い時期に外出すると、その分花粉を体内に侵入させてしまうリスクが高くなります。

もちろん、仕事などで外に出るときは仕方がありませんが、できる限り外出する機会を減らすように心がける事も大切です。

外出時にはマスクやメガネをつけるのも効果的なので覚えておきましょう。


帰宅時の洗顔やうがいは欠かさない

のどのケアには手洗いうがいは欠かせません!

また、できる事ならば洗顔したりシャワーを浴びるのがベストです。

花粉は顔や手だけじゃなく衣類や全身に付着している可能性がありますので、帰宅時には体を一度綺麗な状態にすることが大事。

何もしないで家の中を動き回っていると花粉が飛び散ってしまうので注意が必要です。

部屋の空気をキレイにする

部屋の空気をキレイにする

部屋の空気の入れ替えも大切です。

特にのどに違和感を感じているのであれば、空気清浄機や加湿器などを使って室内の環境を整えることが大事!

また、花粉だけでなくハウスダストが原因でアレルギー症状を発症する事もありますので、症状を悪化させないためにもこまめに空気を入れ替えるようにしましょう。


1週間様子を見て症状が緩和しなければ病院へ

「花粉症の薬を1週間程度試してみたけど効果がない」

このような場合には、花粉症以外にも何かしらの原因があったり飲んでいる薬の種類が適切じゃない可能性が考えられます。

なので、市販で購入した薬を飲んだり点眼薬や点鼻薬を使っている方で1週間経っても全然効き目を実感できない・・・という方に関しては、病院で正しい検査を受ける事をおすすめします。

まずはのどの違和感や咳・たんなどの詳しい原因を知る事から始めましょう!

実はのどの痛みにはこんな原因もある

のどの痛み

今回は、花粉症や風邪によるのどの違和感が多いという内容で紹介していますが、実はのどの痛みには他にもいくつかの原因が考えられます。

それが以下の3つ。

  • ・カラオケ
  • ・タバコ
  • ・お酒(アルコール)

など、ちょっとしたお遊びが原因でのどの調子を悪くしてしまう事もありますので、ここ数日間の行動を思い返してみるのもアリかもしれませんね。

しばらくのどの違和感が続くようでしたら、治るまではタバコとお酒を控えてカラオケにも行かないようにしましょう。

鼻詰まりに花粉症の薬や点鼻薬が効かない理由は?原因と対処法まとめ
花粉症シーズンに起きるしつこい鼻づまりで悩んでいる人は多いです。花粉症の薬で効かない鼻づまりの原因や理由は何なのでしょうか?点鼻薬を使うのは正解?花粉症の薬で効かない鼻づまりの正体と対処法を解説します!
花粉症の症状で鼻水がサラサラだったり鼻水が黄色の場合の対策法
花粉症・アレルギー性鼻炎・風邪などに共通する症状の1つが鼻水です。鼻水は病状や原因によってもタイプが異なり、サラサラで水っぽい時もあれば黄色くてネバネバした時もあります。そんな鼻水の症状や原因を事細かくまとめています。

花粉症は年間通して発症する可能性アリ

花粉症と言えば春の季節に飛散するスギヒノキが有名ですが、実は花粉にもいろんな種類があって年間を通して別の花粉が飛散しています。

それぞれの花粉にアレルギー反応を起こしてしまうと、一年中花粉の症状が続く・・・なんて事もあり得ますので気をつけましょう。

【1月~4月】
・ハンノキ、スギ、ヒノキ、イネ

【5月~8月】
・ハンノキ、スギ、ヒノキ、イネ、ブタクサ、ヨモギ

【9月~12月】
・スギ、イネ、ブタクサ、ヨモギ、カナムグラ

【まとめ】薬を飲んでもダメなら病院で相談しよう

花粉症 のど対策

という事で、ここまで花粉症の原因や症状、その他にもおすすめの対策方法などを紹介させて頂きましたが、自分が該当する症状などはありましたか?

花粉症は発症してからでもある程度は症状を抑えることができますが、できる事なら早めに予防しておいたほうが症状も緩和しやすいので、とにかく初期治療が大切です!

また、風邪やインフルエンザなどと間違ってしまう方もいるようですが、薬に関してはその症状に適したものを使用しなければ効果を得る事はできませんので、まずは今抱えている症状は何が原因で起きているのか?ここをしっかりと把握しておきましょう。

原因を把握しないまま自己判断で処理するよりは原因をちゃんと把握してから対処したほうが遥かに効率が良いですし、症状の悪化を防ぐことにもつながっていきますので、当ページの情報を少しでも参考にして適切な対策を行ってくださいね。

PR

コメントを残す

*