花粉症の薬の中でも市販(薬局)で買えるおすすめの点鼻薬は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、花粉症における点鼻薬の効果や種類についてまとめています。

これを読んでいる方の疑問をわかりやすく解消するためにQ&A形式で紹介しつつ、市販や薬局で購入できるおすすめの点鼻薬をご紹介!

子供・大人問わず、花粉症 は春のシーズンには辛い病気の1つなので、スギ花粉やヒノキ花粉によるくしゃみ・鼻水を効率よく対処する方法を覚えておきましょう!

PR

点鼻薬の気になるQ&A

点鼻薬の気になるQ&A

という事で、まずは点鼻薬がどんなお薬なのか?また、どんな種類があるのか?

点鼻薬の基本的な情報を紹介していきたいと思います。

効果効能や副作用などのリスクについてもまとめていますので、参考にしてみてください。

そもそも点鼻薬ってなに?

点鼻薬とは

点鼻薬は、主に鼻詰まりや鼻の炎症を抑えるときに使用するお薬の事を言います。

内服薬とは違い、鼻に直接塗布したり噴射する事で効力を発揮します。

症状が出ている部位に対してダイレクトに効果を与えることができるので、辛い症状の場合などには即効性も期待できます。

花粉症の中でも特に鼻に症状が出やすい人におすすめのお薬です。


花粉症の症状でだるい…頭痛や寒気・微熱っぽい時の対策法とは?
花粉症の種類はさまざまです。今回は、よくある鼻水やくしゅみ以外の「だるい・微熱・頭痛」など風邪の症状に似た花粉症の原因や対策方法についてまとめています。体全体に倦怠感を感じているという花粉症の方には欠かせない情報です。
花粉症の症状でのどに違和感!たんや咳が出る時におすすめの対策とは
このページでは、花粉症における「のどの痛み」「のどの違和感」「咳やたん」など、のどに起こる症状についてまとめています。風邪との違いやおすすめの対策方法、その他にも辛いのどの痛みを効率よく緩和させる方法や予防策をご紹介。

花粉症用の点鼻薬にはどんな種類がある?

  • ・抗ヒスタミン薬
  • ・ステロイド
  • ・血管収縮剤

など、点鼻薬と言っても意外といろんな種類のお薬があります。

最近では抗ヒスタミン薬が主流となっていますが、少し前まではステロイドが主流でした。

ただ、ステロイドは即効性に優れいているとうメリットに対して副作用が出やすいというデメリットもありますので、病院で検査をした上で花粉症の症状が重度だと判断された場合に使用されるケースが多いです。

また、血管収縮剤に関してもひと昔前に主流だったお薬の1つで最近ではあまり使用されていません。

ステロイド同様に副作用の作用が強めに出てしまう恐れがあるので、市販や薬局などでも取り扱っていないと思います。

点鼻薬にリスクや副作用はないの?

点鼻薬 副作用

上記でもサラっと述べていますが、点鼻薬にも種類によっては副作用などのリスクを受けやすいものがあります。

改めてお伝えすると、

・ステロイド
・血管収縮剤

この2種類の点鼻薬に関しては副作用が出やすい傾向にありますので、仮に市販で販売されていたとしても購入する事はあまりおすすめできません!

近年主流となっている抗ヒスタミン薬の中から選ぶことをおすすめします。


点鼻薬で得られる効果は?

点鼻薬を使用する事で得られる効果に関しては、花粉症対策やアレルギーの抑制などがメインとなります。

もう少し詳しくお伝えすると、

・アレルギーの原因となるヒスタミンの抑制
・アレルギー症状の緩和
・鼻づまり解消
…etc

主にこれらの効果が期待できます。

花粉症の主な原因はスギ花粉やヒノキ花粉によるもので、これらの花粉が体内に入り込むことで花粉症を発症します。

その花粉症の原因となるヒスタミンを抑える働きがあるというのが最大の特長です!

何歳から何歳までが対象?

対象年齢

対象年齢はバラバラです。

点鼻薬の種類によっても異なりますが、基本的には15歳~18歳以上が対象者となっているケースがほとんどです。

幼児・小児では市販の点鼻薬の使用はあまり推奨されていないようにも思えますので、点鼻薬を使って花粉症を抑えたいのであればお近くの病院で相談してみたほうが良いかもしれません。

市販や薬局で花粉症の薬を購入する場合、成分や副作用に対する知識が乏しい方がほとんどだと思うので、点鼻薬を避けて無難に飲み薬を選ぶのも1つの方法です。

医師から勧められた薬があれば、その薬を購入するのは全然OKです!


PR

市販・薬局で買えるおすすめの点鼻薬ベスト5

市販・薬局で点鼻薬を購入する場合にも、あまりの数の多さに迷ってしまう方がほとんどだと思います。

薬剤師さんが常に受付にいれば聞くこともできますが、意外と自分の判断で購入してしまう方も多いと思うので、ここでは市販&薬局で購入する際におすすめの点鼻薬を紹介したいと思います!

花粉症の時期に必須な目薬は市販(薬局)で買うべき?病院で貰うべき?
花粉症による辛い目のかゆみなどには点眼薬(目薬)がおすすめ!このページでは、目薬の効果や種類などを紹介しつつ病院と市販の薬の違いやおすすめの目薬情報などもまとめています。スギ花粉などで目にかゆみを感じている方は必見!
花粉症の薬が効かない理由とは?効かない場合の原因や対処法はあるの?
花粉症の薬が効かない時に考えられる理由や原因についてまとめています。薬を使用しても症状が改善しない時にはどうすればいいのか?辛い花粉症を効率よく対処するための手段を紹介していますので、毎年花粉症を発症する方は必見です。

①ナザールαAR

ナザールαAR
販売元 佐藤製薬株式会社
効果効能 鼻づまり、鼻水(鼻汁過多)、くしゃみ
用量・用法 1日2回を目安に左右の鼻腔内に1噴霧ずつ
18歳未満は使用しない事
主成分 ベクロメタゾンプロピオン酸エステル
添加物 セルロース,カルメロースナトリウム(CMC-Na),プロピレングリコール,グリセリン,ポリソルベート80,ベンザルコニウム塩化物,クエン酸,香料
販売価格 1,300円前後~

②ナシビンMスプレー

ナシビンMスプレー
販売元 佐藤製薬(株)
効果効能 急性鼻炎、アレルギー性鼻炎又は副鼻腔炎による鼻づまり
用量・用法 1回2~3度ずつを1日1~2回左右の鼻腔に噴霧する
15歳未満は使用しない事
主成分 オキシメタゾリン塩酸塩
添加物 ホウ酸、ホウ砂、ベンザルコニウム塩化物
販売価格 800円前後~

③パブロン点鼻クイック

パブロン点鼻クイック
販売元 大正製薬
効果効能 花粉やハウスダストによる鼻づまり、鼻みず、鼻汁過多、くしゃみ
用量・用法 1日4回使用。左右の鼻腔内対して1回ずつ噴霧
7歳未満は使用しない事
主成分 ケトチフェンフマル酸塩・ナファゾリン塩酸塩
添加物 ベンザルコニウム塩化物,クエン酸,クエン酸Na,D-ソルビトール
販売価格 900円前後~

④アレルカットEX

アレルカットEX
販売元 第一三共ヘルスケア
効果効能 花粉による季節性アレルギーの鼻づまり、鼻みず、鼻汁過多、くしゃみなど
用量・用法 左右の鼻腔内に1噴霧ずつ。1日2回を目安に使用。
18歳未満は使用しない事
主成分 ベクロメタゾンプロピオン酸エステル
添加物 カロボキシビニルポリマー、L-アルギニン、エタノール、等張化剤、ベンザルコニウム塩化物、エデト酸Na、ポリソルベート80、PH調節剤
販売価格 1,800円前後~

⑤パブロン鼻炎アタック

パブロン鼻炎アタック
販売元 大正製薬
効果効能 花粉など季節性アレルギーによる鼻づまり、鼻みず、鼻汁過多、くしゃみ
用量・用法 左右の鼻腔内に1回ずつ。1日2回目安。
18歳未満は使用しない事
主成分 ベクロメタゾンプロピオン酸エステル
添加物 ベンザルコニウム塩化物、ポリソルベート80、セルロース、カルメロースNa、グリセリン、プロピレングリコール、クエン酸Na、クエン酸
販売価格 1,500円前後~

点鼻薬が苦手な方には内服薬がおすすめ

点鼻薬が苦手な方

このページでは主に点鼻薬を紹介していますが、花粉症対策としては必ずしも点鼻薬を使わなければならないという決まりはありません。

点鼻薬が苦手な方に関しては、錠剤やカプセルタイプの内服薬があったり、子供用であればシロップやチュアブルタイプも販売されていますので、自分が使いやすいお薬を選ぶと良いでしょう。

市販で販売している花粉症の薬でも、だいたいの製品はスギ花粉やヒノキ花粉の症状を緩和できると思います。

子供の花粉症対策に効果のある薬とは?アレルギー症状に効く医薬品
子供の花粉症対策における注意点やおすすめの医薬品などの情報をまとめています。子供の基本的な花粉症対策や治療法、市販や通販でも気軽に購入できる子供用のお薬を紹介していますので、目や鼻の辛い症状を緩和したい方は必見です。
花粉症の市販薬で強い薬とは?病院で貰う処方薬には勝てない?
花粉症の辛い症状を緩和させるにはお薬が有効。市販でも病院でもいろんな薬が販売されているので、自分に適した薬を選ぶのがポイントです。作用が強い薬は副作用のリスクもあるので、安心・安全に服用できる薬を選びましょう。

市販や薬局で売り切れの場合はどうする?

お近くのドラッグストア・薬局などの市販で購入できない場合にはネット通販を利用するのもおすすめです!

最近では、マツモトキヨシなど大手のドラッグストアで販売されている商品をネット通販を利用して購入することができます。

詳しい効果効能や販売価格など細かい情報を確認する事もできますので、ご自宅にあるパソコンやスマートフォンを利用して通販サイトで購入し、郵送で届けてもらうのも1つの方法です。

また、ネットでしか販売されていないお薬もあったりするので、それを試してみるのもアリかもしれませんね!

【まとめ】点鼻薬も花粉症にはおすすめ

点鼻薬も花粉症にはおすすめ

という事で、花粉症対策における点鼻薬についていろいろとご説明させて頂きましたが、ある程度はご理解頂けましたでしょうか?

今回は、市販のドラッグストアや薬局で購入できるお薬をメインで紹介していますが、病院でしか処方できないお薬などもあったりしますので、市販の薬で対処しきれない場合に関しては病院で相談するのも1つの方法です。

花粉症は放置していても治りませんし、放置すると他のアレルギー症状を併発しやすくなる恐れもありますので、できるだけ早めに対処しておくことをおすすめします。

また、外出時にはマスクやメガネをつけるなど、薬を使わない対策などもしっかりと行っておく事で花粉症を発症する可能性を低くすることもできますので、2月~4月のピーク時に関してはこういった細かいポイントも日常的に意識してみると良いでしょう!

PR

コメントを残す

*