お酒を飲む前に酔わない方法を確認!悪酔いや二日酔いを避ける方法

悪酔い二日酔い 酔わない方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お酒を飲むことが増える時期になってくると、悪酔いと二日酔いがどうしても避けられないという人も多くなってきます。

飲みすぎないことが最も大切ですが、付き合いで飲まなければいけないこともしばしば。

そんなときのためにお酒を飲む前に確認しておくべき酔わない方法をまとめてみました!

PR

二日酔い・悪酔いについておさらい

悪酔い 二日酔い

まずは、そもそも二日酔いや悪酔いとは具体的にどんな状態のことを指すのでしょうか?ということをおさらいしておきましょう。

どちらもお酒を飲んだ後に苦しむものですが…

二日酔い

二日酔いは、お酒を飲みすぎるなどしてアルコールを分解しきれずに翌朝まで残ってしまうことで起き、特徴的な頭痛・吐き気・だるさがあります。

アルコールが肝臓で分解される過程で発生する有害な物質『アセトアルデヒド』。これも同様に肝臓で分解され、最終的に無害な二酸化炭素と水になりますが、肝臓での分解が追いつかない時は血液に乗って全身へ回ってしまいます。

アセトアルデヒドが頭に回ってしまうと頭痛が起きるのではないかと考えられているのが有力な説ですが、実は二日酔いの症状が起きる原因自体は現代科学の力を持ってしても、詳しくは解明されていません。

悪酔い

悪酔いは、急な飲酒の後に体内にアセトアルデヒドが血中に回ってしまうことで起きる頭痛・吐き気・悪寒などの体調不良を指します。

二日酔いの症状が二日目になる前に出ている状態とも取れます。

悪酔いはお酒を飲んでから2時間程度で現れる事が多く、アルコールが吸収される速度が早かった場合はもっと早い事もあるかもしれません。

悪酔い(補足)

『悪酔い』という言葉にはもう一つ、お酒に酔って人に絡んだり暴れたりすることの意味もあるようです。

喧嘩になったり、ボディタッチが増えたりキス魔になったり記憶をなくしたり…

『酒癖が悪い』という言葉で置き換えられるような内容ですが、本記事ではこちらの悪酔いではなく、体調が悪くなるほうの悪酔いについて扱っていきます。

どちらもアルコールの代謝が追いつかなくなると起きる

二日酔いと悪酔いは、症状が出るタイミングがお酒を飲んだ後か、翌朝まで持ち越すかの違いで、原因はどちらも肝臓でのアルコールの分解、アセトアルデヒドの分解が追いつかないと起きます。

なのでお酒を飲んでも少量であったり、肝臓の調子が良い時など、分解が追いつく時には症状が出ないのです。

アルコールの分解速度は、個人の肝臓次第で、お酒の強さの差はここで現れます。

ヘパリーゼZの成分を調査!噂の肝臓エキスでお酒に酔わなくなる?
お酒に酔わなくなると巷で噂の肝臓エキスを配合した「ヘパリーゼZ」!本当にお酒に酔わない効果があるのか?その成分を細かく調査してみました。同シリーズとの違いやヘパリーゼZのその他の効果についてもまとめているのでご覧ください。
ヘパリーゼキングプラスの飲むタイミングはいつ?二日酔いには効く?
現在数多くの種類が存在するヘパリーゼ。中でも医薬品のヘパリーゼキングシリーズは特に効果が強めで価格も高いヘパリーゼドリンクです。今回はその中からヘパリーゼキングプラスについて、飲むタイミングはいつなのか?と二日酔いへの効果をまとめました。

PR

お酒を飲む前にできる酔わない方法-肝臓編-

酔わない方法

肝臓がアルコールを分解しきれないときに起きる悪酔いや、翌朝になっても分解しきれていないときに起きる二日酔い。

もちろん飲みすぎないことが最も大切ですが、ついつい飲みすぎた場合でも酔わない方法を考えるとなると、

  • ①まえもって肝臓を元気にしておく

  • ②アルコールを一気に吸収されないようにする

ということを実践するのが良いでしょう。

酔わない方法①普段から内臓に疲れを溜め込まない

肝臓を元気にしておくことは二日酔いや悪酔いを避けるのにとても大切な事です。

なんとなく疲れが溜まっているときやあまり体調が良くないときにお酒を飲んでしまうと酷い二日酔いや悪酔いになるイメージがあるかと思います。

なんとなく疲れが取れない感じやだるさなどがある場合は肝臓が弱っているサインかも。

酔わない方法②飲む前に肝臓に良い栄養を摂っておく

二日酔いにはシジミが良いなどとよく言われますが、肝臓が喜ぶ栄養素は酔う前、お酒を飲む前、居酒屋に入る前にこそ大切です。

肝臓が元気になる栄養を普段から摂取しておき、アルコールを分解できる万全の状態に仕上げて飲み会に臨めば悪酔いはしにくくなります。

シジミやウコン、ゴマなどは二日酔いに良い食品の代表格ですが、肝臓のダメージを修復するためには良質のタンパク質・アミノ酸も重要です。

肉類や魚、豆腐なども普段からバランス良く食べて肝臓を丈夫にしましょう。シジミやウコンなどを凝縮したサプリなどを上手に利用するのも手です。

みんなお酒の席で一杯目、二杯目に何を飲む?やっぱりビール?
あなたはお酒の席で一杯目・二杯目に何を飲まれますか?成人男女400名にアンケートを行いランキングにまとめてみました。とりあえずビールなんて言葉は誰しもが使う言葉ですが、やっぱりお酒の席での一杯目はビールなのでしょうか?
お酒を飲む前に酔わない方法を確認!悪酔いや二日酔いを避ける方法
お酒を飲む機会が増える年末年始、悪酔いや二日酔いで悩む頻度もきっと多くなることでしょう。飲み過ぎなければ酷く酔うことはありませんが、付き合いでどうしても…という事もありますね。お酒を飲む前にチェックしておきたい酔わない方法をまとめました。

お酒を飲む前にできる酔わない方法-飲み方編-

酔わない方法

もう一つはお酒の飲み方そのものを工夫して、アルコールが体内に一気に吸収されないようにすることです。

酔わない方法③空きっ腹にお酒を入れない

まず最初に、お酒を飲む前に食べ物を胃に入れておくことで、胃で消化を行うために小腸への入り口が閉じます。

これだけで、空きっ腹でお酒を飲むのと比べて小腸から吸収されるアルコールの量が圧倒的に減ります。アルコールは胃に比べると、小腸や十二指腸からはものすごい速度で吸収されるので、胃から十二指腸への道を塞いでおくのはとても大切なことです。

また、前もって食べるものは実は意外にも油モノがおすすめです。胃もたれしそうなイメージがありますが、油は胃で消化されるのが非常に遅いので、長く小腸への入り口を閉めておく効果があるとも言えるのです。

酔わない方法④一気にお酒だけを飲まない

お酒を一気に飲むのはNG!アルコールを一気に取り入れてしまうので避けましょう。

おつまみを食べながらゆっくり飲むことで急激なアルコールの吸収を抑えます。おつまみは実は美味しいだけではなく、とても重要なものなんです。

アルコールの分解でダメージを受けた肝臓の修復のためには、良質のタンパク質が必要になるので、おつまみとして人気の高い唐揚げや枝豆、お刺身などは、栄養素の面でもアルコールの吸収を妨げる面でもとても理にかなったものと言えます。

酔わない方法⑤水も一緒に飲む事

水を飲む事は体内のアルコールの濃度を一気に上げないために最も大切です。

単純にお酒だけ飲むより、半分を水にしたほうが飲む量も抑えられ、胃のお酒を薄めてくれる分、吸収されるアルコールの濃度も減りますが、もう一つ水が大切な理由があります。

それは脱水症状の対策です。アルコールは利尿作用が強く、トイレが近くなります。血中の水分が減ることで血中アルコール濃度が自然と上がってしまい、悪酔いに繋がるのです。

悪酔いに関するウワサは嘘?

悪酔い 二日酔い 嘘

悪酔いを防ぐための対処法、中には都市伝説のような方法を耳にしますが、本当なのでしょうか?

最後に、悪酔いについての良く耳にする噂のウソとホントをチェックしたいと思います!

牛乳を飲んでおくと胃に膜ができて悪酔いしない?

『牛乳をお酒の前に飲んでおくと胃に膜ができてアルコールの吸収を抑えてくれる…』

これは嘘です。まず強烈な胃酸が牛乳を消化できないはずはありませんし、これが本当なら牛乳を飲んでしまうと他の栄養素も吸収できなくなってしまいます。

そんな栄養障害の危険を引き起こすような飲み物じゃないですよね…牛乳。

ただし、牛乳には脂質が含まれているので、脂物の代わりになってくれる可能性はあるかもしれません。

ちゃんぽんすると悪酔いする?

いろいろな種類のお酒を飲むと悪酔いしやすいという医学的な根拠はなく、これも嘘です。

経験的にちゃんぽんをして悪酔いをしたことが多くある人は、結論から言って飲みすぎとなります。

味・香り・風味が変わればお酒は飲みやすくなり、つい飲む量が増えてしまうことで、アルコールの摂取量自体が多くなってしまうのです。

コンビニで買える二日酔いが即効治る飲み物や食べ物一覧まとめ
辛い二日酔いになった時やなりそうな時に、コンビニで手軽に買える二日酔いに効く飲み物や食べ物を知っていたら…と思いませんか?二日酔いの症状別で治し方や、二日酔いになりにくくなる方法も併せて紹介しているので、是非参考にして下さい!
2019年の忘年会シーズンはいつからいつまで?予約はいつ頃から?
2019年もそろそろ終わりに近づき、忘年会の話題も出てくる頃ですよね?早めにお店を厳選して予約しておかないと会場が無くなってしまう事も…!忘年会シーズンはいつからいつまでで、いつ頃から予約するのか等の幹事に大切な注意事項をまとめました。

PR

まとめ

お酒を飲む前に確認すべき悪酔いや二日酔いを避けるための方法をまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

酔わない方法としては、

  • ・疲れを取ってお酒を飲む日の体調を整える

  • ・肝臓をいたわる栄養素を積極的に摂る

  • ・お酒を飲む前に油モノを食べて、アルコールの吸収をゆっくりにする

  • ・小まめに水を飲み、おつまみと一緒にゆっくりお酒を飲む

などの点がポイントとなってきます。

最も大切なことは、その日によって肝臓のコンディションこそ違いますが、肝臓の限界を超えて飲まないという事、そして飲む量を減らすために大切なことは水やおつまみと一緒にゆっくり飲むということです。

水はどこにでもあるはずなのですぐに実践出来ますね!

お酒を飲む前の新常識!二日酔いにならないのはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社・友人との飲み会、合コン、晩酌…様々な場面でお酒を飲む機会がありますが、あなたは二日酔い対策や飲み過ぎ対策をしっかり出来ていますか?

ドリンクタイプではないヘパリーゼZなら瓶と比べて持ち運びも便利ですし、3粒飲むだけで翌朝スッキリ!二日酔い対策を簡単に行う事ができます。

30年以上も肝臓エキスを研究し続けている有名なゼリア新薬が製造しているので、高品質で信頼性が高く通販限定の特別なヘパリーゼになります。

※購入者は初回を半額で購入できる「特別定期契約コース」でお得に二日酔い対策をしています。先ずは公式サイトにて詳細を確認してみましょう。


最強の二日酔い対策を試す

PR

コメントを残す

*