【保存版】高い肝臓数値を下げるにはどんな改善策がおすすめで効果的?

肝臓数値下げるには
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肝臓数値、気にしていますか?

健康診断で血液検査をすれば知ることのできる数値ですが、色々な種類がありそれぞれの意味も違います。

高い数値には病気やお酒の飲みすぎなど、何らかの原因があります。

肝臓数値を下げるにはどうすればいいのでしょう?効果的な方法・おすすめの方法はあるでしょうか…?

PR

肝臓について

肝臓

肝臓数値が高いときの改善方法の前に、肝臓について知っておきましょう。

肝臓は人体の内蔵の中で一番大きな臓器で、生命維持のために必要な働きをなんと500種類以上もこなしていると言われています。

肝臓の働きとは?

数ある肝臓の働きの中でも、特に重要な働きは3つ。

  • ・糖質、たんぱく質、脂質の代謝

  • ・有害物質の解毒

  • ・腸での消化に使う消化液の分泌

お酒を飲むと肝臓にダメージを与えると言われるのは、人体にとって有害物質であるアルコールを肝臓が解毒するのに忙しくなってしまうからです。

身体がだるくなったりするのも、アルコールの解毒にかかりきりで栄養の代謝などが遅れると、エネルギー産出が追いつかなくなったりするせいですね。

肝臓は『沈黙の臓器』…

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれます。こんなにも人体にとって重要な働きをしているにもかかわらず、多少のダメージを受けただけでは目立った自覚症状が現れません

また、ある程度肝障害が進んできたときに現れる症状も、

  • ・体のだるさ

  • ・疲れが抜けない

  • ・食欲がない

といったありきたりな不調で他の病気でもよく見られる症状のため、肝臓の障害だと気づかれることもなく見過ごされていきます。

健康診断の肝臓数値をチェックしよう!

健康診断で血液検査を行うと肝臓数値を知ることができます。

これらの数値が異常値を示しているときは、肝細胞が壊れて肝臓の中にたくさん居るはずの酵素が血液に溢れ出てしまっているときです。

なので、肝臓数値をチェックすることで、自覚症状が出ていなかったり、謎の疲れやだるさがある時の原因が肝臓障害なのかどうかを知る事ができます。

健康診断を受けたら、肝臓数値の項目をチェックしてみましょう。

ヘパリーゼの錠剤は肝臓に副作用が出る?脂肪肝の人は注意すべき?
ヘパリーゼ錠剤は疲労回復や悪酔い・二日酔い防止など、肝臓に効果のある第三医薬品として使用している人も多いですが、副作用として肝臓に悪影響を与え脂肪肝などの原因になるという真逆の噂も…噂について調査と共に、ヘパリーゼについてご紹介します!
二日酔いで吐き気や頭痛が辛い時の治し方や対処法を徹底解説!
ついつい飲みすぎてしまうと、翌日の朝には辛い吐き気や頭痛、だるさが待っています。二日酔いですね。飲みすぎないでおこうと心がけていてもついつい陥ってしまう二日酔いの症状の治し方や対処法についてまとめてみました。シジミやウコンなどは効果がある…?

PR

肝臓数値ってなに?

肝臓数値

肝臓数値。健康診断などでチラッと目にしたことがある方もいるかも知れませんが一言で肝臓数値と言っても、

 『AST、ALT、Y-GTP』など、他にも色々な数値があります。

お酒の飲み方で高くなる肝臓数値もあれば、肝障害を発見するのに役立つこともあります。

AST,ALT

肝細胞で作られている酵素の数値です。

どちらも健康な人の血液中にもある程度は存在する酵素ですが、肝障害を起こしている状態のときは壊れた肝細胞から血液中に溢れ出てしまうので、血中のこれらの数値は上昇します。

そのためAST、ALTは血液検査で数値がわかります

ASTはもともと、赤血球や筋肉にも含まれていますが、ALTのほうは主に肝臓内に存在している酵素なので、健康な人の場合はAST>ALTとなります。

ASTよりALTの数値が高い場合は肝障害が考えられます。

γ-GTP

こちらはたんぱく質を分解する酵素で、肝臓のほか腎臓や膵臓などにも含まれています。

これらの臓器がダメージを受けると血液中に溢れてきて数値が高くなるので、肝臓や膵臓関連の病気を見つけるときに役立つ数値なのですが、健康診断などでお酒が大好きな人からすると見慣れた数値でもあるかと思います。

γ-GTPは、アルコールに敏感な酵素なのです。肝障害などを起こしていないときでも、普段からお酒を飲む量が多い人や、お酒を飲んだ状態で健康診断を受けるとγ-GTPの数値は上昇します。

なので、酒飲みの人が健康診断の結果を見てこの数値が異常値を示していても、「あぁ、俺は酒飲むしここは高くても別に普通だな…」と、あまり気に留めないという人が多いとのこと。

お酒の影響か病気かの区別はできる

健康であるにも関わらず、お酒の影響でγ-GTPが高い場合は、一時的な肝臓数値の上昇なのですぐに正常値に戻ります

ある一定期間禁酒してから再検査すれば正常値を示すはずなので、アルコールの影響で上がった数値なのか、肝臓・膵臓の障害なのかは見分けがつくようになっています。

もっとも、健康診断の前には禁酒しておくことで最初から正常値か、肝障害のための異常値かどちらかが出るはずではありますが…。

ヘパリーゼは肝臓に良い?悪い?肝臓に負担がかかるという噂は本当?
全国のお酒好きの方の味方であるヘパリーゼに「肝臓に負担がかかる」と言う噂をご存知ですか?お酒でもヘパリーゼでも肝臓に負担をかけていたら二日酔いどころじゃなく体が悲鳴を上げてしまいますよね?ヘパリーゼが肝臓に良いのか悪いのかの真実を調査しました!
ヘパリーゼの副作用は肝臓に出る?脂肪肝の人が使用しても大丈夫?
大好評のヘパリーゼVMですが携帯するのに適していません。そこで手軽に飲めるようにしたヘパリーゼがヘパリーゼZです。この記事ではヘパリーゼZに肝臓の副作用が無いかや、脂肪肝の人でも使用していいか?について紹介します。

肝臓数値AST,ALTが高い原因

AST,ALT 高い

肝臓数値が異変を起こす原因の1つに、肝障害が考えられます。

先のとおり、肝臓は沈黙の臓器と呼ばれていて、多少の不調では自覚症状が出ません。

肝障害が起きていても、健康診断をして肝臓数値を見るまでは気づくことすらなかったという事も多くあります。

恐ろしい病気が隠れている場合

AST、ALTの数値そのものが基準値より数倍~数十倍高かったり、どちらの値がどれぐらい高いかの比較によって、色々な疾患を疑うことができます。

その疑われる疾患は

  • 慢性肝炎

  • 急性肝炎

  • 劇症肝炎

  • 肝硬変

  • 脂肪肝

  • 肝がん

  • 心筋梗塞

など字面だけみてもゾッとするような疾患がずらり。入院・手術モノの疾患も多く重症ですが、それでも自覚症状がない場合が多いのです。

これらの数値を下げるには、病気の治療をする必要があります。

肝臓数値γ-GTPが高い原因

γ-GTP 高い

それに対して、γ-GTPの数値は、肝機能が低下していることを示しています。

  • 慢性肝炎

  • アルコール性肝障害

  • 薬物性肝障害

  • 脂肪肝

など、薬の影響で起きるものの他は、お酒の影響や肥満など、生活習慣によるところも多いです。

γ-GTPを下げるには?

γ-GTPの数値を下げるには、お酒の飲み方や生活習慣を改善するのが一番効果があります。

これしかすぐにできることはありません。

アルコールを摂取するとγ-GTPの値が上がってしまうので、健康診断の前には、お酒を飲むのを辞めておきましょう。

飲んでいないのに数値が高い時には肝臓の機能が低下しているということがわかります。

アルコールだけでなく…

最近の研究ではお酒を全く飲まない人でもγ-GTPが上昇する人が居る事がわかっています。

非アルコール性脂肪性肝炎といい、肥満や脂肪肝による数値の異常です。いかに肥満が肝臓や内蔵各種に負担をかけるかよく分かりますね。

薬の使用を見直す

他の病気の治療や、良かれと思ってビタミン剤などを慢性的に摂取している人も多いでしょう。

健康食品やサプリメントでさえも、薬物性肝障害を引き起こすケースが報告されています。

自覚症状が現れにくい肝臓障害に気づかず、毎日飲んでいる薬が更に肝臓を痛めつけ続けている可能性もあります。健康診断の結果で肝臓数値の異常が見られたら、薬やサプリメントの使い方も考え直しましょう。

他の病気の治療のために飲んでいる薬があれば、かかりつけの医師に「肝臓の数値が悪かったんだけど薬は続けて大丈夫?」と一度確認することも大切です。

二日酔いで吐き気や頭痛が辛い時の治し方や対処法を徹底解説!
ついつい飲みすぎてしまうと、翌日の朝には辛い吐き気や頭痛、だるさが待っています。二日酔いですね。飲みすぎないでおこうと心がけていてもついつい陥ってしまう二日酔いの症状の治し方や対処法についてまとめてみました。シジミやウコンなどは効果がある…?
毎日栄養ドリンクを飲み過ぎていると副作用で肝臓が悪くなる?
疲れた身体を癒したり、風邪を引いて食べれないとき、お酒を飲む時などに重宝するのが栄養ドリンクですね。そんな身体の助けになる栄養ドリンクを毎日飲み過ぎると実は肝臓は悲鳴を上げており副作用を発症してしまうこともあるようです。

PR

高い肝臓数値を下げるには?まとめ

肝臓の事と、血液検査で分かる肝臓数値、そして高い肝臓数値を下げるには?をテーマにまとめました。

病気を治さない限り下がらない肝臓数値もあれば、生活習慣の改善で下げることのできる数値もあります。

健康診断などでの肝臓数値を下げるには、一番簡単でおすすめな方法として、禁酒しましょう。これだけで元々肝障害を起こしていないなら、アルコールに反応するγ-GTPの値は下げる事ができると言えます。

脂肪肝も数値が高い原因となりますので、お酒だけでなく食事バランスにも気をつけた日常生活が肝臓をいたわる点では大切となります。

お酒を飲む前の新常識!二日酔いにならないのはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社・友人との飲み会、合コン、晩酌…様々な場面でお酒を飲む機会がありますが、あなたは二日酔い対策や飲み過ぎ対策をしっかり出来ていますか?

ドリンクタイプではないヘパリーゼZなら瓶と比べて持ち運びも便利ですし、3粒飲むだけで翌朝スッキリ!二日酔い対策を簡単に行う事ができます。

30年以上も肝臓エキスを研究し続けている有名なゼリア新薬が製造しているので、高品質で信頼性が高く通販限定の特別なヘパリーゼになります。

※購入者は初回を半額で購入できる「特別定期契約コース」でお得に二日酔い対策をしています。先ずは公式サイトにて詳細を確認してみましょう。


最強の二日酔い対策を試す

PR

コメントを残す

*