二日酔いで吐き気や頭痛が辛い時の治し方や対処法を徹底解説!

二日酔い 対処法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついつい飲みすぎてしまうと翌日に襲いかかるのがみんなの大嫌いな二日酔い…。

頭痛や吐き気、特徴的なだるさで動けなくなってしまいます。

辛い二日酔いの治し方・対処法はあるのでしょうか?

本記事では、二日酔いがなぜ起きるのか?そして二日酔いのそれぞれの症状別にみる対処法についてまとめてみました。シジミやウコンの効果は本当にある…?

PR

二日酔いとは?

二日酔いとは

最初に二日酔いとはどんな状態なのかを押さえておきましょう。

実は、現時点で二日酔いの原因は解明されていないことが多く、確実な対処法もまだ明らかになっていない部分が多いんです。

今回は現在二日酔いが起こる原因として有力とされている2つを挙げていきます。

アセトアルデヒドによる体調不良

二日酔いの話題の上で最もよく出てくる原因がこちら。

アルコール
アセトアルデヒド
酢酸
二酸化炭素+水

アルコールは上記の順を追って肝臓で処理されます。

このアルコール分解の過程で一時的に発生するアセトアルデヒドが、肝臓内で処理しきれる量を超えてしまうと全身に回ってしまい、特徴的な二日酔い頭痛やだるさを引き起こします。

逆流食道炎などによる吐き気

もう一つは、逆流性食道炎です。食道から胃への通り道(噴門)は、普段は逆流を防ぐために締まっています。

アルコールを摂取すると噴門が緩まってしまい、またアルコールが胃粘膜を荒らし、胃の働き自体も弱まるとも言われています。

すると吐き気や胸焼けなどの症状が現れます。

ヘパリーゼは二日酔い予防に効果有り!翌日の朝に飲んでも効果無し?
ヘパリーゼと聞くと二日酔い予防かな?と思う方も多いかもしれません。本記事では、ヘパリーゼが二日酔いの防止に本当に効果があるのか?そして二日酔いになってしまった翌朝にヘパリーゼを飲むのは効果があるのかないのか?についてまとめました。
ヘパリーゼZ(錠剤)は二日酔いに効果なし?リアルな口コミを調査!
ヘパリーゼ史上最強との口コミもあるヘパリーゼZに「二日酔いには効果が無い」という噂が!お酒で疲れる肝臓に働きかけるというのは嘘なのか…?実際に錠剤タイプのヘパリーゼZを飲んでいる方々のリアルな口コミから噂の真相に迫りました!

PR

【対処法】二日酔いの治し方

二日酔いの治し方

現状では二日酔いの対処法はこれ!というような特効薬はありません

なので、二日酔いの治し方というよりは、その辛い症状をどうすればマシにできるかということを考えるしかありません。

ここでは、上記で紹介した頭痛と吐き気についての対処法を見ていきます。

二日酔いで頭痛が酷い時の治し方

二日酔いの頭痛が酷いときは、アセトアルデヒドを分解しきれずに全身に回ってしまっている時です。

アセトアルデヒドが脳の血管を拡張することで起きる頭痛だと考えられていて、アルコール頭痛とも呼ばれています。体内のアセトアルデヒドを消す薬も当然ありませんので、肝臓の分解が追いつくまでの間を耐えなければなりません。

肝臓のエネルギーの元や、ダメージを受けた肝臓の修復のためにはアミノ酸が必要なのでたんぱく質などの栄養補給と水分補給が大切となってきます。

吐き気も同時にある中で良質のたんぱく質を含んだ食事を取るのは大変ですが、アルコールの分解に水が必要なことと、二日酔いの時の体内は水分が不足していることが多いので、とにかく水分だけでもとるようにしましょう。

頭痛薬を使うのは有り?

二日酔いのときに出ている症状を抑える薬なら頼ることが出来ます。

一般的な頭痛薬(解熱鎮痛剤)は、二日酔いのときの辛い症状の緩和にはなかなか至りません

また、解熱鎮痛剤は胃を荒らす副作用もあるので、アルコールで弱った胃をさらに荒らしてしまう可能性もあり、使いすぎに注意しなければなりません。

ですが薬局に行けばアルコール頭痛の対処に狙いを絞った『五苓散』という漢方薬もあります。こちらは解熱鎮痛剤とは違い胃を荒らしません。

二日酔いで吐き気が酷い時の治し方

逆流性食道炎による吐き気や、胃酸過多など、二日酔いのときに起きる吐き気の原因は胃薬で対処できるものが多くあります。

胃酸を抑える制酸剤や、胃の消化能力などが落ちていて胃もたれが酷い場合には消化酵素の入った胃薬もあります。

胃腸薬は用途別・症状別に種類が多く、二日酔いのときにピッタリのものも探せばいくつか販売されているので薬局で薬剤師さんなどに聞いてみると良いでしょう。

ヘパリーゼエースの錠剤効果は二日酔いに効果あり?効果なし?
ヘパリーゼエースというある薬局のPB商品がシリーズにあることをご存知ですか?ヘパリーゼエース錠剤は二日酔いに効果があるのか、一番効果があるヘパリーゼの錠剤は?について、お酒が好きで二日酔い対策を知りたい方の為にまとめました。
ためしてガッテンで放送された二日酔いの治し方を徹底解説!
NHK人気生活情報番組ためしてガッテンでは過去に二日酔いの治し方が放送されていました。今回はためしてガッテンで放送された二日酔いの症状である頭痛や吐き気の治し方を徹底解説していきます。またお酒を飲んでも二日酔いになりにくい方法も併せて紹介!

二日酔いにならないための対処法

二日酔いにならない

二日酔いの治し方よりも、二日酔いにならないための方法のほうが実は簡単です。

二日酔いは、アルコール分解の際に生成されるアセトアルデヒドがたしかに悪さをしていますが、身体に一気にアルコールが吸収されてしまうことがそもそもの事の発端です。

アルコールの吸収速度を抑える

アルコールの吸収を一気にさせないためには何か固形物を事前に食べるのが有効です。

アルコールは、非常に吸収されやすいという特徴があり、胃からも十二指腸からも小腸からもどんどん身体に吸収されてしまいます。

お酒を飲む前に何かを食べておくことによって、一度食べ物を消化するために胃の出口が締まります

これによってアルコールが十二指腸や小腸から吸収されるのを遅らせることができます。

空きっ腹でお酒を飲むと酔いやすいと言われるのもこれが原因です。

胃に入れるものは何がいい?

では何を食べるのが良いのか?というのも気になりますが、アルコールの吸収速度を抑えるためなら食べるものは何でもOKです。

後々のことを考えると、アルコールを分解するための肝臓で良質のアミノ酸が必要になってくるので、肉や魚、豆類などを食べておくのが良いかもしれません。

唐揚げ、冷奴、枝豆、レバー、お刺身などお酒によく合うおつまみにの中にも、良いたんぱく質になるものがたくさんありますね。

水分を多く取る

お酒を飲みながら水を多めに飲むのが二日酔いを防ぐためには2つの意味で重要となります。

アルコール自体には利尿作用があり、お酒とは別にしっかりと水を飲まないと簡単に脱水症状になります。脱水になると、アルコール頭痛がより悪化しやすくなるので、水分の補給はとても大切なんです。

さらに、水をこまめに飲みながら飲食することによって胃腸でのアルコールの濃度を薄めるという目的もあります。アルコールそのものを水で薄めることで一気に吸収される事を防ぎます。

そもそも飲む量を抑える

一番単純かつ当たり前ですが、なぜか一番難しいのがこれです。

個人差こそありますが、自分の肝臓が分解できるアルコール量に対して飲み過ぎなければ二日酔いは起きません

ただし、自分の肝臓が分解できるアルコールの量さえも疲れや体調など、その日の状態に左右されるので普段これぐらい平気だから…と思っていても二日酔いになってしまう事も多々あります。

事前にウコンエキスやしじみなどを摂取しておくのは効果あり?

ウコン

二日酔いの予防や対処法で、ウコンやシジミが有名です。

これらの食材は二日酔いの対処法として実際に効果があるのでしょうか?

ウコン

ウコンは古来より中国などで肝臓や消化器に効果があるとされ、民間薬として利用されていたりしました。

実際に、肝臓を刺激することで消化液の分泌を促進するなどの効果はありますが、肝臓でのアルコール分解作用を促進すると科学的に認められる段階には至っていません。

しかしウコンを原材料とした二日酔いの治療薬を作るという段階には至っていないものの、薬剤師や医師の中でさえお酒を飲むときにウコンが効くとなんとなく実感を持っている人も居るのもまた事実です。

シジミ

シジミに含まれているオルニチンは、アセトアルデヒドの分解力を高めてくれるとのこと。

ですが、あくまでシジミが手伝えるのは肝臓でのアセトアルデヒドの分解の手助けまでなんです。

肝臓で分解しきれなかったアセトアルデヒドは全身にばらまかれてしまい、頭痛やだるさなどの二日酔いの症状を発生させてしまいます。

二日酔いになった後にシジミを摂取してもいわゆるもう遅い…という結果なるようです。

錠剤のヘパリーゼはドリンクタイプと比べて二日酔いに効果はある?
二日酔いに効果があるとして知られるヘパリーゼですが、錠剤とドリンクタイプではどちらが効果があるのでしょうか?今回はお酒で疲れた肝臓を労わるヘパリーゼの二日酔いに効果がある飲み方や錠剤とドリンクどちらが効果があるのかをまとめました。
全ヘパリーゼを試した猛者がおすすめする一番効果が高いヘパリーゼ
ヘパリーゼの中で最もおすすめの効果的なドリンクや錠剤についてまとめています。お酒の飲みすぎによる二日酔いや肝臓の疲労などに効果的なヘパリーゼですが、その中でも最も優れているのは?その効果や違いも詳しくご紹介していますので、ご覧下さい!

PR

二日酔いの対処法・治し方まとめ

二日酔いの対処法・治し方をテーマにまとめてみましたがいかがでしたか?

ポイントとなるのはアルコール分解の過程で発生するアセトアルデヒドを全身にばらまかない事でした。

そのためには肝臓が処理できるアルコール・アセトアルデヒドの量を知っておくことと、お酒を飲む前には肝臓のコンディションを万全にしておくことが大切です。

一番簡単にできる二日酔いの対処法は、やはり飲みすぎない事です。その次に、ツマミを食べながら飲む事、お酒だけでなく水をしっかりと飲むこと

最後に、シジミやウコンなどで二日酔いに備える場合には、お酒を飲む前・お酒を飲んでいる時に摂るのが大切です。

お酒を飲む前の新常識!二日酔いにならないのはコレ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社・友人との飲み会、合コン、晩酌…様々な場面でお酒を飲む機会がありますが、あなたは二日酔い対策や飲み過ぎ対策をしっかり出来ていますか?

ドリンクタイプではないヘパリーゼZなら瓶と比べて持ち運びも便利ですし、3粒飲むだけで翌朝スッキリ!二日酔い対策を簡単に行う事ができます。

30年以上も肝臓エキスを研究し続けている有名なゼリア新薬が製造しているので、高品質で信頼性が高く通販限定の特別なヘパリーゼになります。

※購入者は初回を半額で購入できる「特別定期契約コース」でお得に二日酔い対策をしています。先ずは公式サイトにて詳細を確認してみましょう。


最強の二日酔い対策を試す

PR

コメントを残す

*