顔の脂汗を簡単に止める方法!気になる脂汗は少しの工夫で止まる?

顔の汗を止める方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的な夏到来!

ワクワクする季節ですが汗っかきな方にとっては非常に悩ましい季節ですよね?

特に顔ばかり汗をかく人は目立ちますし、それがコンプレックスだという方も多いと思います。

人ごみの中で滝のように顔を流れる汗には困りますが、体質だから仕方ないと諦めてしまっていませんか?

実は顔の汗はちょっとした工夫で簡単に止めることができるんです!

今回は、汗の原理を解説しながらその方法を紹介していきます。

PR

人はなぜ汗をかくのか?汗の種類は?

汗の種類

量が多い少ないに関わらず、普段から人は汗をかいています

汗をかく要因は大きく分けて「温熱性発汗」「精神性発汗」「味覚性発汗」の3つがあります。

顔から吹き出る汗はどういった要因で出ているものなのでしょうか?

それぞれ解説していきます。

温熱性発汗

運動をしたときや暑いときなど、体温を下げるために出る「普通の汗」です。

汗をかくことで体温を調整していますので、もし汗をかかないと体温が上がり続けてしまい、熱中症などによって最悪は死に至ります。

汗をかく場所は手のひらと足の裏以外の全身で、顔からの汗はこの温熱性発汗による汗になります。

ですが、大量に汗をかくとなると様々な要因が関係してきますので、その原因については後述します。

味覚性発汗

刺激の強い食べ物、特に辛いものを食べたときの味覚の刺激によって出る汗です。

激辛料理を食べたりすると額や鼻など主に頭部から吹き出てくるのがこの種類の汗になります。

辛いものに対する耐性などでも個人差がありますが、味覚の刺激で反射的に出る汗ですので食べ終わると汗は止まります。

「刺激物を食べなければよい」だけなので、他の種類の汗と違って対策としては簡単です。

精神性発汗

驚いたときや緊張したときなどの精神的なストレスによって出る汗です。

手のひら・足の裏・脇の下などの限られた場所にかく汗で、短時間で汗が引くのも特徴です。

苦しい時などにじんわりと顔にかく脂汗も精神性発汗によるものです。

「手に汗握る」「冷や汗をかく」などの緊張状態を表す言葉はこの汗に関係しています。

多汗症で脇汗タラタラ…制汗剤も効かないという方以外は絶対に見ないで下さい
春夏秋冬関係なく、汗をかけばワキ汗が気になるという方も多いのではないでしょうか?そんな時、皆さんならどうやって対策しますか?「脇汗パッドを貼る」「こまめに拭く」「着替える」いろんな方法がありますが、どれも効率の良い対策方法とは言えません!では、どんな方法が効果的でワキ汗を抑える事ができるのか?今...
多汗症の症状が出やすい部位はどこ?効果的な汗対策もご紹介!
多汗症の症状は体の部位(足・顔・頭・手・ワキ)によって異なります。汗を放置しておくとワキガや足の臭いなど体臭の原因になる可能性が高いので早めに対策する事が大切。ここでは、多汗症の原因から治療法までをわかりやすくご紹介。

顔だけ大量の汗,その原因は?

顔の汗

普段の生活の中で人並み以上にたくさん汗をかいて日常生活に影響が出てしまう症状を「といいます。

汗をかく場所が全身であれば「全身性多汗症」体の一部であれば「局所性多汗症」といい、局所性多汗症のなかでも特に顔に大量の汗をかく症状が「顔面多汗症」です。

原因としては「続発性」「原発性」の2種類に分けられます。

続発性多汗症

昔から汗っかきというわけではなく、あるときから大量に汗をかくようになったという方は続発性多汗症です。

何かの病気や症状に合併しておきる多汗症で、恐ろしい病気が潜んでいる可能性があります。

特に注意が必要な病気は、甲状腺機能亢進症(バセドー病)・感染症・糖尿病・悪性リンパ腫など、汗以外にも咳が出たり呼吸が苦しくなったりといった気になる症状が出るようであれば、すぐに病院で検査を受けましょう。

他の症状が出ていなくても「急に汗っかきになった」という方は一度病院を受診してみることをおすすめします

原発性多汗症

小さい頃から汗っかきだという方のほとんどが原発性多汗症です。

続発性と違って特に原因になるような病気や症状が無く、実は原因がハッキリと解明されていません。

汗が多く出るようになる要因はいくつかありますが、多くの方は発汗を促す交感神経が敏感なようです。

交感神経が敏感になる原因は不明ではありますが、ストレスや緊張など精神的なものが影響しているのではないかといわれています。

また、顔面多汗症の場合は他の部位と違って流れる汗を隠すことができないため、汗をかくことを気にして不安になったり緊張したりすると余計に汗が出て、、、というマイナス思考の悪循環で大量の汗をかいてしまう、という方も多いようです。

顔汗をかかない方法をご紹介!原因を把握して効率良く対策する事が大切
夏場だけでなく一年中顔汗がひどい方の為に、顔汗をかかない方法や根本的な原因などについてまとめています。顔から噴き出る汗を効率良く改善したい方や顔面多汗症で悩みを抱えている方にとって有益な情報を紹介したいと思います。
汗を止める方法は制汗剤が一番?人気・おすすめ・裏技を一挙公開!
夏になると気になるのが汗。汗を止める方法として一番に思い浮かぶ制汗剤ですが、種類が豊富で選びづらい。そこで、人気の制汗剤やおすすめの制汗剤、さらに制汗剤を使う時の裏技をまとめています。夏本番を迎える前にご活用ください!

PR

顔の汗を止める方法はある?

顔の汗を止める方法

病院で治療を受けるという選択もありますが、ここでは多汗症の方がやってみて実際に効果があったとおすすめする「簡単に顔の汗を止める方法」を紹介していきます。

手のツボを押して汗を止める

いつでもどこでも手軽にできるのが手のツボ押しです。

効果は人によって個人差がありますし、大きな効果や即効性は期待できないかもしれませんが、押すことで精神的なリラックス効果や体の熱を抑える効果があります。

・後谿(こけい)

手をグーにしたときに小指の付け根あたりに飛び出る場所、手相でいう感情線の端の部分が「こけい」です。
反対の手の親指やペンなどで少し強めに何度か押してみましょう。

・陰郄(いんげき)

手のひらを上にして、小指側の手首の付け根のところからヒジに向かって1.5cmくらいにあるツボが「いんげき」です。
体温上昇を抑えるほか、動悸や息切れ、のぼせにも効果があります。
親指でゆっくり何度か押してみましょう。

・合谷(ごうこく)

手の甲側の、人差し指と親指の骨が交わる部分から、少し人差し指側にあるくぼみが「ごうこく」です。
ストレス解消やリラックス効果あるツボで「万能のツボ」とも言われます。
ここも親指でゆっくり何度か押しましょう。

他にも効果が期待できるツボはありますが、外出時に脇の下や足にあるツボを押すのは難しいと思います。

紹介した3つのツボはあまり人目を気にせず手軽に押せる場所にありますので、汗を止めたいと思ったときに押して試してみましょう。

汗止め帯を使って汗を止める

帯やベルトなどで胸の上の部分、乳首から約5cm上のところを縛って圧迫することで上半身にかく汗を止める方法があります。

これは「半側発汗」という人体の仕組みを利用したもので、体の一部分の汗を止めて他の場所に汗をかくようにする方法として古くから知られています。

横向きに寝ているときに圧迫されている下側は汗をかかず上側半分だけ汗をかいているという状況を経験したことはないでしょうか?

舞妓さんが帯を高い位置で強く締める「舞妓の高帯」と呼ばれる着方は、夏でも化粧が崩れないようにするために半側発汗を昔から実践していたのです。

この理論を一般的に広めた商品が「汗止め帯」です。

圧迫だけでなく突起を付けてツボの刺激ができる商品も市販されていますが、ズボンの替えゴムや腰ひも、ベルトなどでも簡単に代用することができます

汗止め帯は注意が必要?

この方法にはひとつだけ注意があります。

半側発汗で抑えられた側に出るはずだった汗は別の場所で出されます。

汗止め帯を使用した場合は顔や脇の下など上半身の汗が抑えられますので、下半身側の汗が増えることになります。

ですが、どの部分に影響が出るのかは個人差がありますし、他の部分への汗の影響は無かったという方もいます。

汗止め帯で顔の汗が止まったと実感している方は多くいますので試してみる価値はあるのではないでしょうか。

顔用の制汗ジェルで汗を止める

スプレーすることで汗を抑える制汗スプレーが市販されていますが、このような商品の多くは顔に使用することが出来ません

一般的な制汗剤は皮膚の汗が出る穴を塞ぐため強めの成分が含まれており、使用は脇の下などに限られています。

ですが、近年は顔に使用できる制汗剤もいくつか売られるようになってきています。

顔用の場合、薬剤で汗の穴を塞ぐというものではなく、毛穴を引き締める作用によって汗を抑えるもので、肌にも優しく効果も高いと評判です。

ただ、効果があるのは塗った部分だけになるので、顔に塗ったとしても頭部から大量に汗が出ていては、顔をつたって流れる汗にはあまり変わりありません。

頭部全体に塗る事は出来ませんが、髪の生え際などにもしっかり塗ることで顔に流れる汗を減らす効果は高くなります。

多汗症の原因や症状は?自分も同じ?気になる汗の正体に迫る!
多汗症と言っても人によって症状が異なり、全身多汗症・局所性多汗症に分けられます。この2つの多汗症を効率良く改善するには交感神経と副交感神経のバランスを保つことが大切。ここでは多汗症の原因から改善策までをご紹介。
顔の汗が止まらない原因は自律神経の乱れ?顔面多汗症の汗対策とは
顔汗が半端ない!他人から見ても「おかしい」と思われるくらい顔の汗が止まらない原因、もしかして自律神経の乱れかもしれませんよ。自律神経の乱れは顔面多汗症という症状を引き起こすのでしっかりと汗対策を行う必要があります。

PR

顔の脂汗を簡単に止める方法!気になる脂汗は少しの工夫で止まる?まとめ

人が生きていくうえで汗をかくことは自然なことですが、多汗症となると話は別です。

実際に多汗症で悩んでいる方は沢山います。

特に顔面多汗症などで目立つ箇所に多く汗をかいてしまうのはやはり人目が気になりますよね?

汗っかきだからと笑い飛ばせる人もいれば、大汗が原因で人前に出るのが難しくなってしまう人もいます。

ただの汗だから、そういう体質だから、と諦めている方もいるのではないでしょうか。

今回紹介した少しの工夫でも顔の汗が減ることを実感している方は多くいます

簡単にできますので、まずは試してみて自分に合った方法を見つけてみましょう!

また、最近汗が増えたと感じている方は、すぐに病気とはいかないまでも何らかの異常のサインが体から出ている可能性がありますので、念のため病院を受診することをおすすめします。

汗の悩みを少しでも減らして夏を目いっぱい楽しみましょう!!

顔の汗・顔のテカりは相手に不快感を与えてしまいます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男の顔汗や顔のテカりが好きな女性なんていませんし、77%の女性が男性の肌を気にしている事をあなたはご存じですか?

トリムクールはベタつかない制汗美容スプレーなので一瞬で男の顔汗・顔のテカりをケアし、一日中サラサラスベスベ状態をキープしてくれます。

トリムクールさえあれば瞬間的な顔汗ケアと維持が可能です。汗かきな体質や顔がテカりまくる人に絶対におすすめしたい制汗スプレーとなります。

※購入者は「90日間全額返金保証」を上手く利用して顔のテカりケアをしています。先ずは公式サイトで詳細を確認してみてください。


顔の汗・テカりをサラサラに

PR

コメントを残す

*