流行りはボディペイント?タトゥーよりもリスクが少なくて安心♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これまでにもタトゥーに関する内容をいろいろと紹介してきましたが、今回はタトゥーとは少し違った『ボディペイント』についてまとめてみました。

そもそもボディペイントとはどんなものか?
タトゥーとの違いやリスクはあるのか?

ボディペイントはどうやるのか?

など、ボディペイントが気になっている方リスクなどを知っておきたい方は必見です!

PR

ボディペイントの気になる疑問

小顔注射(BNLS)LP

まずは、ボディペイントに関して気になる疑問を3つほど紹介したいと思います。

よくある疑問としては、

  • ・そもそもボディペイントとは?
  • ・タトゥーとの違いは?
  • ・リスクはあるのか?

主にこのような質問が多く見られますので、基本知識として知っておくと良いでしょう!

入れ墨って安全なの?噂される肝臓への負担やデメリットをご紹介!
入れ墨を彫る事によって人体にどのような影響を及ぼすのか?という点についてまとめています。肝臓への負担や感染症のリスクなど、考えられる注意点は多々あります。本記事の情報を参考にしてタトゥーへの理解を深めましょう。
芸能人でタトゥーを彫ってる人&消した人の情報と刺青除去について
芸能人でタトゥーを彫っている人や彫ったけど消した人の情報をまとめています。その他にも、タトゥー除去における最新の技術力や治療方法、おすすめのクリニックなど、タトゥーで後悔している方のタメになる内容も紹介しています。

そもそもボディペイントとは?

ボディペイントとは

ボディペイントとは、その名の通りで体に模様を書く事を言います。

ボディペインティングとも言われていますが、古くから宗教的・儀礼的な意味合いで使用されており、それが少し派生して現代のボディペイントになったと言えます。

「タトゥーを彫りたいけど怖い」
「オシャレの一環としてタトゥーを楽しみたい」

など、最近ではこういった方達に需要のあるものとなり、本物のタトゥーと見比べても遜色ないので、夏場など肌の露出が多くなる時期にボディペイントをやる方が年々増えている傾向にあります。

タトゥーとの違いは?

タトゥーとの違い

タトゥーとの大きな違いは『消すことができる』という事。

世間一般的に、タトゥー(刺青)・入れ墨と呼ばれているものに関しては簡単に消すことができません!

本物のタトゥーの場合には、皮膚に針を刺して直接墨を流し込むものなので、基本的に何かしない限りは永久的に消えません

ただ、ボディペイントに関しては特殊な絵の具を使用して体に模様を書くもので、永久的に持続するわけではなく、あくまでも一時的に体に模様が残るというだけなので1週間ないし2週間程度で自然と消えていきます。

リスクはあるのか?

リスク

タトゥーに比べればリスクは少ないですが、ボディペイントにも少なからずリスクがあると言われています。

例えば、

・皮膚に炎症が起こる
・洗っても落ちにくい

などですね。

使用する絵の具にもいろんな種類のものがあり、その中には皮膚に対してよくない成分を含んでいる可能性もあります。

なので、1週間~2週間とは言え、体と相性の悪い成分が付着することで炎症を引き起こす可能性もゼロではないという事です。

気軽に実施できる反面、その分の費用もコンスタントに発生しますし、炎症や肌荒れの原因となる可能性がある事は理解しておきましょう。

ボディペイントのやり方

ボディペイントのやり方

では、実際に「ボディペイントをやりたい」と思ったらどうすればいいのか?

方法としては、

・専門店で模様を入れてもらう
・通販でボディペイント用の商品を購入する

など、主にこのような方法が挙げられます。

お店でやる場合

正直なところ、ボディペイントを専門としているお店は全国各地を見ても、そこまで多く存在していません。

がしかし、少なからずそういった専門的なお店は存在していますので、自分で体に模様を描くのが苦手な方は専門店で試してみるのが1つの方法。

一応はその道のプロとしてお店を展開しているので、模様のレパートリーも多く、いろんな絵柄を楽しむことができると思います♪

また、お店によっては「ボディペイント」ではなく「フェイクタトゥー」「カスタムペイント」「ボディアート」などと称している場合もあるので、探してみる時にはこれらのワードで検索してみるのも1つの方法です。

タトゥーがあると就職できない?上手な隠し方と確実に消す方法を紹介
本記事では、タトゥーと就職の問題についてまとめています。タトゥーが彫ってあると就職できないのか?就職できても解雇(クビ)になるのか?気になる疑問をまとめつつ、タトゥーを上手に隠す方法やタトゥー除去の手段もご紹介!
入れ墨を入れる人の特徴まとめ!今と昔で異なるタトゥー事情をご紹介
この記事では、入れ墨を入れる人の特徴や彫る理由や意味などについて紹介しています。刺青には様々な心理があると言われていますので、実際に彫っているいる方の体験談を交えつつ、現代と昔の入れ墨への考え方などもご紹介。

自分でやる場合

結論から申しますと、本格的なボディペイントは自分自身では難しいと思います。

道具を揃える必要もありますし、衛生面などをどこまで配慮すればいいのかわからないので、道具の使いまわしなどによって余計に肌荒れや皮膚の炎症を引き起こす可能性もあります。

もしも自分でやるのであれば、ネット通販でも気軽に購入できて手軽に使えるボディシール・ボディペイントなどを使ってみるのも1つの方法です。

素人が手を出すならシールが無難で、本格的に模様を描きく場合には絵のセンスや道具のチョイスが重要となる事を覚えておきましょう。

タトゥーのリスクを知っておこう

小顔注射(BNLS)LP

さて、ボディペイントについては簡単にでもご理解頂けたかと思いますが、「やっぱり本物のタトゥーがいい」という方の為に、タトゥーにおけるリスクや注意点なども紹介しておきたいと思います!

まず、タトゥーを彫る事は生活的にも身体的にもいろいろな影響があるという事を覚えておくことが大切です。

その不便を知らないままタトゥーを彫って後悔した方もたくさんいますので、タトゥーを彫る事を考えている方に関しては、以下に挙げたリスクや注意点を把握する事から始めましょう。

  • ・日本では冷ややかな目で見られる事が多い。
  • ・プールや銭湯などの施設に入れない。
  • ・生命保険に加入できない。
  • ・墨の成分によっては体にも悪影響。
  • ・MRI検査が受けられない可能性が高い。
  • ・結婚やお付き合いを断られることもある。

ざっくりこんな感じのデメリットがあるので、タトゥーを彫る際には将来的な事も考えておくことが大切です。

タトゥーを消してアートで楽しむのもおすすめ

タトゥー 消す

タトゥーに関しては、一昔前だと反社会的勢力の方達が彫っているイメージが強かったと思いますが、現代ではオシャレの一環としてタトゥーを彫る方も増えています。

しかし、前項でもお伝えしたように、タトゥーを彫る事でいろいろなデメリットが発生する事は間違いありませんので、あえてタトゥーを消してボディアートやボディペイントに切り替える方もいます。

単にオシャレの一環であれば、無理に一生残るものを彫らなくとも一時的なタトゥーで十分に楽しめると思いますので、ぜひこういったパターンも検討してみると良いでしょう。

ボディペイントなら模様も気軽に変更できますし、生活する上でもそこまでの不便はないのでおすすめです♪

PR

タトゥー除去は専門クリニックで

タトゥー除去 クリニック

もしこの記事を読んで「タトゥーを消してボディペイントで楽しみたい」と思った方は、まずタトゥーを消すことを考える必要があります。

そんな時におすすめなのが、タトゥー除去に対応してる専門のクリニックです。

近くの皮膚科などでも対応しているケースがありますが、皮膚科などでは「皮膚切除」「皮膚移植」などの外科的手術が一般的です。

一方の美容外科クリニックでは、外科的治療はもちろんの事、最新の医療用レーザー機器などを取り扱っていますので、できる限り傷跡を残さないようにする治療なども受ける事ができます。

どちらがいいかは人それぞれですが、自然に薄くしたり消すことを望むのであればレーザー治療での施術を推奨します。

あとは、実際にクリニックに行って相談してみると良いかもしれませんね!

タトゥーを彫る場所で意味は違う?デザインや部位ごとの目的を調査!
入れ墨やタトゥーを彫る前に知っておくと便利な、タトゥーのデザインの意味や彫る場所による目的などをご紹介。仕事や生活に支障のない部位などもまとめつつ、刺青における過去の使用用途や意味合いなども紹介しています。
入れ墨があると献血はできない?医学的根拠を踏まえて紹介します!
入れ墨やタトゥーのある方は献血を受ける事ができるのか?できないのか?本記事では、入れ墨と献血や輸血との関係性について調べてまとめています。献血を断られるケースや、入れ墨におけるデメリットなども紹介しています。

【まとめ】タトゥーよりボディペイントのほうが安全

小顔注射(BNLS)LP

最後に、改めて本記事でお伝えしている事をまとめてみました。

  • ・ボディペイントのリスク
  • ・タトゥーを彫るリスク
  • ・ボディペイントとタトゥーの違い
  • ・タトゥーを消す手段や方法

とまぁこんな感じですが、総合的に判断するとやっぱりボディペイントのほうが無難に安全だと言えます。

もちろん個人の自由なので最終ジャッジは本人に決める権利がありますが、タトゥーは一生背負う気持ちでなければ彫らない事を強くおすすめします!

若気の至りや一時的な興味でタトゥーに後悔している方達もたくさんいますので、実際に彫る場合には、今その時だけでなく近い将来や遠い将来の事も見据えて検討してみてくださいね。

ちなみに、ボディペイントと近しいもので「ヘナタトゥー」というのもあるので、気になる方は調べてみてくださいね♪

コンプレックスは全国85院展開中の湘南美容クリニックで解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは今、どんなコンプレックスがありますか?身体に関わるコンプレックスは誰にだってあるものですが、あなたは変わりたいと心から願っていますか…?

TVCMも放映し、全国に85院も展開している「湘南美容クリニック」ならあなたが悩んでいるコンプレックスを簡単に解消する事が出来ます。

タトゥー除去は勿論、ニキビ、わきが、脂肪吸引、バストアップ、毛穴、薄毛、リフトアップからプチ整形まで様々な施術に対応しており、症例写真も充実しています。

先ずはカウンセリング予約から無料で相談をしてみましょう。初診料や診察料も無料なので気軽に来院してカウンセラーと治療の流れを決める事が出来ます。

悩んだままではなく、先ずは「行動」をする事から始めてみましょう。きっとあなたのコンプレックスは改善される筈です。


コンプレックスを無くす

PR

コメントを残す

*