軟骨ピアスの開け方は?ピアッサーとニードルどっちがおすすめ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1つ付けているだけで目立ってオシャレな軟骨ピアス

軟骨ピアスを開ける際には、ピアッサーとニードルどちらで開けるのがおすすめなのでしょうか?

ピアッサーとニードルそれぞれでの軟骨ピアスの開け方をご紹介!

痛みを感じやすいのはどちらか、キレイに開くのはどっちかなど、筆者の体験をもとにまとめてみました。

軟骨ピアスを開ける方法

軟骨ピアスといっても開ける場所が複数個所あり、開ける場所によってピアッサーを使用するか、ニードルを使用するか使い分けている方も多いと思います。

軟骨ピアスは軟骨用ピアッサーもしくはニードルを使用して開けます。

安全ピンなどで開けようとする人もいますが、開ける相手はあくまでです。絶対やめましょう( ˘ω˘ )

ピアッサーを使用して軟骨ピアスを開ける

手軽にピアッシングしたい~!というならピアッサーがおすすめです。

ガションっと引き金を引くだけで簡単にピアスを開けることができます。

軟骨ピアスをピアッサーで開ける場合には軟骨ピアス用を使用するようにしてください。

というのも、耳たぶと軟骨を触り比べて貰えばわかりますが厚さ・硬さ・形全部違いますよね?

万が一の事を考え割高でも軟骨用ピアッサーを用意するようにしましょう。

ニードルを使用して軟骨ピアスを開ける

技術が必要ですが、複数個所ピアスを開けたり複雑な部分にピアッシングを行う際にはニードルを使用するのがおすすめです。

コスパが良いですからね。

軟骨ピアスを開ける際には、ただの棒なので力の加え方が難しく、硬い軟骨ピアスを開けるのは技術が必要というのが欠点だったりもします。

ただ、ピアスホールが綺麗にできるので、将来的に跡を残したくない・ピアスの数を増やしたいという方はニードルを使用した開け方がおすすめになってきます。

ニードルピアッサーを使用して軟骨ピアスを開ける

ピアッサーとニードルが合体っ!

両面のいいとこどりをした商品はピアッサーで一番有名なセイフティピアッサーから販売されているニードルピアッサーというもの!

名前の通りです。
二ードルの先端がピアッサーの針部分に仕込まれており、力を入れずしてピアッサーの力でニードルのように開けられる…。

ニードルで軟骨ピアスを開けたいけど力が足りない・怖いと言った方にはこのニードルピアッサーを使用した開け方がおすすめかもしれません。

筆者がピアスを開けてた時にはこんな素晴らしいもの無かった…。

それぞれ軟骨ピアスの開けられる位置が違う

軟骨ピアス開け方位置

軟骨ピアスの開け方で、ピアッサーを使用するか、ニードルを使用するかの選び方として開ける場所で決めるのがいいでしょう。

簡単に開けたいからピアッサーを使用して軟骨ピアスを開けたい!という気持ちも分かるのですが…実はピアッサーで開けられる軟骨ピアスの部位はかなり少ないんです…。

ピアッサーで開けられる軟骨ピアス位置

ピアッサーはホッチキスの要領でピアスを開けます。
針と受け止め側が一つの機械に収まっている造りになっているんですよね。

ホッチキスで本の中綴じってできないですよね?

それと一緒です。耳の深い部位にピアッサーでピアスを開けるのは不可能です。

例えば、インナーコンク・アウターコンクは開けることができませんし、分厚い部分や硬すぎる部位にもピアッサーでは開け方が無いです。

ピアッサーで開けられる軟骨ピアスの位置
・ヘリックス (・トラガス)

ニードルで開けられる軟骨ピアスの位置

ニードルの最大の特徴は全身どこのピアスでも開けられるというところです。

軟骨ピアスもお手の物、その為コンクやトラガス、ダイスやロックなど、様々な部分でニードルを使った開け方が活用できます。

人とはちょっと違った部分に軟骨ピアスを開けたいというなら、ニードルを使用した開け方がおすすめです。

ニードルで開けられる軟骨ピアスの位置
・ヘリックス ・アウターコンク ・インナーコンク ・トラガス
・ダイス ・ロック ・スナッグ ・インダストリアル その他

それぞれの開け方メリットとデメリット

ピアッサーとニードルでの軟骨ピアスの開け方ではそれぞれメリットとデメリットがあります。

まずは比較表を作ってみたのでドーン

ピアッサー ニードル
用意のし易さ
開けやすさ
開ける時の痛み そこそこ 技術による
開けた後の痛み 痛い 痛い
ホールの綺麗さ
安定までの期間 長い 短い
開けられる場所 ヘリックスのみ 多い
傷跡 残りやすい 比較的綺麗
しこり 広範囲に残る ホール部分だけ残る

ピアッサーでの開け方メリットとデメリット

ピアッサーで開ける軟骨ピアス

ピアッサーのメリットはやはり早く開けられる事です。

ピアッサーを買ったらその場で開けることができるくらいですし、今すぐ軟骨ピアスを開けたい!というならピアッサーはおすすめです。

しかし、ピアスホールの周囲を傷つけてしまうというデメリットが非常に大きいのが欠点になっています。

トラガスもピアッサーで開けられるとされていますが、軟骨が割れる可能性があり危険です。

筆者も一時期ピアッサーで軟骨を開け放題してたのですが、ピアス跡とシコリが残り2度目に開けることができない耳になってしまいました(´・ω・`)後悔…。

将来の事を考えるならピアッサーはあまり向いている開け方とは言えません

ニードルでの開け方メリットとデメリット

ニードルで開ける軟骨ピアス

ニードルは開け方が少々難しいという大きなデメリットがあります。

が、ニードルで開けたピアスホールの方が安定が早く綺麗です。

また、複雑な部分へのピアッシングができるのでピアスを増やしたいならやはりニードルを使用した開け方がおすすめですね。

軟骨は硬く開けにくい部分ですし、怖気づいて途中で止めて抜くと血みどろフィーバーになります。
セルフで開けるよりも友人に頼んだり、慣れてる人に開けてもらうとかなり綺麗にピアスホールを開けることができます

軟骨ピアスの開け方ピアッサーとニードルまとめ

ここまで、軟骨ピアスを開ける時のピアッサーとニードルの違いについてご紹介してきました。

で、結局ピアッサーとニードルどちらの開け方がおすすめなの?っていう話です。

元も子もないですが、自分が開けやすい方法で開けるのが一番おすすめだったりします。

技術を必要とせず、手軽に開けたいならピアッサー
綺麗に開けたい・複雑な位置へピアスを開けたいならニードル

と言ったように、開ける位置や開けるタイミングよって選ぶのがいいでしょう。

個人的にはピアスを増やしたい人なのでニードルを使った開け方が好みです( ˘ω˘ )

コンプレックスは全国85院展開中の湘南美容クリニックで解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは今、どんなコンプレックスがありますか?身体に関わるコンプレックスは誰にだってあるものですが、あなたは変わりたいと心から願っていますか…?

TVCMも放映し、全国に85院も展開している「湘南美容クリニック」ならあなたが悩んでいるコンプレックスを簡単に解消する事が出来ます。

タトゥー除去は勿論、ニキビ、わきが、脂肪吸引、バストアップ、毛穴、薄毛、リフトアップからプチ整形まで様々な施術に対応しており、症例写真も充実しています。

先ずはカウンセリング予約から無料で相談をしてみましょう。初診料や診察料も無料なので気軽に来院してカウンセラーと治療の流れを決める事が出来ます。

悩んだままではなく、先ずは「行動」をする事から始めてみましょう。きっとあなたのコンプレックスは改善される筈です。


コンプレックスを無くす

PR

コメントを残す

*