筋トレ初心者におすすめのダンベルの重さはいくつ?男女別でご紹介!

おすすめのダンベルの重さ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これから筋トレを始めようとする初心者の方に必要不可欠になるのがダンベルです。

しかし、ダンベルには多くの種類、多くの重さがあり、筋トレ初心者の方にとってはどれを選べば良いのかわからないはずです。

筋トレ初心者におすすめなダンベルというのはどのようなものなのでしょうか?

そのような疑問を解決するため、筋トレ初心者におすすめのダンベルの重さを男女別にご紹介していきます。

PR

まずはダンベルの種類を確認する

ダンベル

筋トレに欠かせないダンベルを購入しようとしても、自分に合わないダンベルを選んでしまうと効率的なトレーニングはできません。

筋トレ初心者にありがちなのが、知識を身につける前にダンベルなどの器材などを購入してしまい、効率的なトレーニングができないまま続けてしまって成果が出ないとすぐに筋トレをやめてしまうことです。

そのため、まずはダンベルにはどのような種類があるのかを知ってから重さを決めることをおすすめします。

自宅で行う場合は可変式ダンベル

自宅でダンベルをつかって筋トレを行う場合は、可変式と呼ばれる重さを変えられるタイプのダンベルがおすすめです。

可変式ダンベルはプレートなどで自由に重さを決めることができるため、鍛える部位などによって負荷を変えられます。

また、初心者の頃には軽い重さで足りていたのが筋トレを続けることによって筋力がつき、重いダンベルが必要となったときにも対応できるという点でもおすすめです。

ジムのような広いスペースがなくても収納に場所を取られずに済みます。

ジムで行う場合は固定式ダンベル

ジムでダンベルをつかって筋トレを行う場合は、固定式と呼ばれる重さが変えられないタイプのダンベルがおすすめです。

ジムのような広いスペースがある場所では、多くの重さのダンベルがあります。

可変式ダンベルでは重さを変える際にプレートの取り外しなどに手間がかかりますが、固定式ダンベルは必要な重さのダンベルに持ちかえるだけなので手間がかかりません。

そのためジムでの筋トレには固定式ダンベルがおすすめです。

ダンベルだけの筋トレメニューで1週間集中トレーニング法
理想の筋肉をつけるのに効果的で初心者でも始めやすいのが、「ダンベル」を使ったトレーニング。胸筋、背筋、肩など部分的に鍛えたい!という方や、全体の筋肉を鍛えたい方のためにダンベルだけを使った1週間の効果的な筋トレメニューがあります。
バーベルやダンベルを使った効果的なスクワットのやり方まとめ
このページでは、ダンベルを使ったスクワットやバーベルを使ったスクワットに関する情報をお届けします。スクワット1つでもやり方を変えるだけで効果的・効率的に筋力をアップする事が可能。下半身の筋力を向上させたい方は必見。

筋トレ初心者におすすめのダンベルの重さの選び方?

おすすめのダンベル

ダンベルにどんな種類があるのかわかったら次は重さを決めましょう。

適正な重さを選ばなければ効率的に筋トレをすることはできません。

軽すぎる重さのダンベルでの筋トレは負荷が少なく、いくら回数をこなしても効果は得られません。

逆に重すぎる重さのダンベルでの筋トレは負荷がかかりすぎて、怪我をしてしまう恐れがあります。

そうならないためにも自分に適した重さのダンベルを選ぶことが重要です。

筋トレ初心者の方にはどのくらいの重さのダンベルがおすすめか見ていきましょう。

男女別に適したダンベルの重さを選ぶ

一般的な男性と女性には筋力の差もあるため、それぞれ選ぶ重さにも違いがあります。

男性の筋トレ初心者におすすめのダンベルの重さは5〜10キロぐらい、女性の筋トレ初心者におすすめのダンベルの重さは2〜5キロぐらいです。

筋トレ初心者の方の中でも個人差があるのであくまで目安となりますが、まずは少し軽めの重さを選び物足りなくなったら少しずつ重さを上げていくようにしましょう。

筋トレのメニューが以前よりも楽にこなすことができてきたらもう少し重さを上げて負荷をかけるようにしましょう。

そのため自宅での筋トレでダンベルを使用する際には、前述の通り可変式ダンベルを選ぶのがおすすめです。

可変式のダンベルでは最大で30キロまで重さを追加できるものを選んでおけば成長した際にも対応できるでしょう。

筋トレの種目に合ったダンベルの重さを選ぶ

ダンベルでの筋トレといえば思い浮かべるのは、ダンベルカールとよばれるトレーニングではないでしょうか。

ダンベルカールについては、男性で5〜7キロ程度、女性では3〜4キロ程度が目安です。

ダンベルをもってスクワットをするダンベルスクワットでは、男性で10〜12キロ程度、女性で5〜8キロ程度の重さを目安に選ぶのがおすすめです。

しかし、個人差があるため無理のない重さのダンベルを選ぶことをおすすめします。

【筋トレ初心者向け】腕立て伏せのおすすめのやり方やコツまとめ
初心者でも簡単にできる筋トレ、腕立て伏せ。やり方を間違えずコツさえつかめば、大きな効果を得ることができます。初心者でも挑戦しやすいおすすめのやり方や、コツをご紹介します。これを実践して、正しい筋トレできちんと筋肉をつけましょう。
筋肉痛の時に筋トレすると効果が減るって本当?筋肉は休ませるべき?
筋トレを行うと必ず出るのが、筋肉痛です。鍛えた感覚が嬉しくて、もっと筋トレをしたくなりますよね。しかし、筋トレを休む事で筋肉の組織が回復し、より筋肉が付く効率を上げられるのです!そんな筋トレについてまとめてみました。

PR

筋トレ初心者はまず正しい知識を学ぶ

筋トレダンベル

筋トレに必要なダンベルがせっかく手に入っても、知識がなく間違ったやり方でトレーニングを続けてしまっては意味がありません。

正しい知識を身につけてトレーニングを行わなければ、効果が得られずに時間の無駄になってしまうこともあります。

そのため、筋トレをはじめたばかりの初心者の方はまず筋トレに関する知識を学ぶことがおすすめです。

筋トレに関する知識を学ぶにはどうすればよいのかわからない、という筋トレ初心者の方におすすめの勉強方法についてご紹介します。

筋トレについて書かれた書籍で学ぶ

筋トレについて書かれた書籍はたくさんあります。

そのなかには初心者向けにトレーニングの手法について書いているものもあるので、そちらを参考にして正しいトレーニング方法を身につけましょう。

筋トレについて書かれたブログなどネットの情報で学ぶ

筋トレについて書かれているネットの記事などはたくさんあります。

しかし、信ぴょう性に欠けるものがあるのも事実です。

最近ではYouTubeでも筋トレに関する動画をあげているユーチューバーもいるので、そのような方のトレーニング方法や、食事方法などは参考になるのではないでしょうか。

ジムのトレーナーなど専門家に学ぶ

あなたがジムに通っているなら、そのジムにいるトレーナーに相談するのがおすすめ。

適しているダンベルの重さや、トレーニング方法など多くのことを教えてくれるので迷ったら頼りにしてみるのがいいのではないでしょうか。

筋肥大に効果的な筋トレの頻度とは?毎日時間を決めてやるべき?
筋肥大を目指すうえで、週に何回トレーニングをすればいい?筋肥大に効果的な筋トレの頻度は週に何回?忙しい人でも大丈夫?筋トレをするのに効果的な時間はいつ?毎日時間を決めてライフスタイルにトレーニングを組み込もう!
【初心者必見】ジムでの筋トレメニューはマシンを使うべき?
ジムに通い始めた方はどんなマシンで鍛えれば鍛えたい筋肉が鍛えられるのかといった筋トレメニューの構築が難しいと思います。今回は、マシン別にマシンの特徴や筋トレは男性と女性で内容が変わるのか等を紹介していきます!

PR

筋トレ初心者におすすめのダンベルの重さはいくつ?まとめ

筋トレ初心者におすすめのダンベルの種類や重さを男女別でご紹介してきました。

いくら筋トレでカラダを鍛えようと思っていても、その人に合った重さのダンベルを選ばないと良い結果は出ません。

また、正しい知識を身につけたうえでトレーニングをしないと怪我などにつながります。

特に筋トレ初心者の方は闇雲にトレーニングを行いがちです。

はじめたのはいいものの結果が出ないから辞めてしまうということがないためにも、筋トレに関する知識を学んで継続していけるようにしましょう。

最強のHMBサプリで簡単に筋肉を付けられるって知ってた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HMBサプリを飲んでいないメンズも飲んでいるメンズも、HMBの配合量が最も高い鍛神をご存じですか?

プロテインを飲んでいるだけでは筋肉は効率良く付けられませんし、最短で筋肉を付けたいなら絶対にHMBサプリを飲むべきです!

楽天ランキングで1位を獲得した鍛神(きたしん)なら驚くほどの効果をあなたの身体にもたらしてくれるでしょう。

※皆さん「返金保証」の制度を上手く利用してお得に使用しています。先ずは公式サイトで詳細を確認してみましょう。


最強のHMBサプリを見る

PR

コメントを残す

*