新車と中古車の維持費を分析。コスト削減できるポイントも紹介します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車は購入するのにもお金がかかりますが、どちらかと言えば購入した後の維持費を考える事の方が重要です。

「車を買ったけど維持できなくて売った」
「こんなに維持費がかかるとは思わなかった」

など、こんな苦い経験をした方もいると思います。。。

本記事では、車にかかる維持費や維持費をうまく節約する方法を紹介していますので、今現在車の購入を検討している方は参考にしてみよう!

PR

一般的な車の維持費や必要コスト

車の維持費

まずは車種やグレードなどを関係なしに、車の維持費にはどんなコストがあるのかを見ていきましょう。

↓↓ 車にかかる維持費

  • ・ガソリン代(燃料)
  • ・保険料
  • ・車検
  • ・整備、メンテナンス
  • ・定期点検
  • ・オイル交換
  • ・自動車税

とまぁ、ざっくりこんな感じです。

車に乗っている方や購入したことのある方ならわかると思いますが、車を乗る上では最低限これらのコストがは発生しますので覚えておきましょう。

車の維持費はどれくらい?

維持費はどれくらい

次に、実際に車を所有した際にどれくらいの維持費がかかるのかについてです。

新車でも中古車でも基本的な維持費は変わりませんが、一部異なる部分もありますので新車と中古車でそれぞれ説明していきたいと思います。

新車を買う人と中古車を買う人の割合はどれくらい?どっちがお得?
新車と中古車を購入する人の割合調査や実際に車を所有している方のリアルな意見をまとめています。新車と中古車でも違いがあるので、どっちが自分に合うか?どっちが得か?を判断して選ぶことが大切。重要なポイントをまとめてご紹介!
新車や中古車を購入する時の金利の違いや金利をお得にする方法について
本記事では、車を購入する際のローンの仕組みや金利の違いについてまとめています。ディーラーローンとマイカーローンでは金利にどのような違いがあるか?新車と中古車での違いはなにか?など、車購入時の気になる情報をご紹介!

新車購入時の場合

※一般的な乗用車の新車として考えた場合の年間コスト

ガソリン代 70,000円~100,000円
保険料 車両保険なし:10,000円~15,000円
車両保険あり:30,000円~35,000円
車検 60,000円~80,000円
整備、メンテナンス なし
定期点検 無料
オイル交換 3,000円~5,000円
自動車税 10,000円~39,500円

中古車購入時の場合

※一般的な乗用車の中古車として考えた場合の年間コスト

ガソリン代 75,000円~110,000円
保険料 車両保険なし:10,000円~15,000円
車両保険あり:30,000円~35,000円
車検 80,000円~100,000円
整備、メンテナンス 5,000円~20,000円
定期点検 有料
オイル交換 3,000円~5,000円
自動車税 39,500円

新車と中古車の維持費を比較した結果…

新車と中古車の維持費を比較

【新車の維持費/年間】
合計:150,000円~250,000円程度が目安

【中古車の維持費/年間】
合計:210,000円~320,000円程度が目安

上記はあくまでもざっくりとした目安となりますが、新車と中古車では維持費にもそれなりに違いが出てくることがわかります。

特に大きな違いとしては、

・車検
・整備、メンテナンス
・自動車税

このあたりで差が出ている事がわかりますが、まず新車では車検代がかかりませんし基本的には整備やメンテナンスも必要ないので維持費に差が出るのは当たり前です。

また、自動車税に関しても新車の場合には「エコカー減税」「グリーンカー特約」などが適用されて安くなっているのでその点が大きな違いとして挙げられます。

そんなわけで、ここまでの情報を見てわかる通り維持費に関しては新車に軍配が上がるという事です!

車の維持費を削減する方法は?

車の維持費を削減

上記では一般的な維持費をベースに試算していますが、実際には細かい部分で維持費を節約する事ができます。

これを知っておけば中古車を購入した場合でも維持費を安く済ませる事ができるので、中古車の購入を検討している方は参考にしてみると良いでしょう。

もちろん、新車購入の方も覚えておいて損はありません!

PR

~税金や法的費用編~

結論から申しますと、税金や法的費用を削減する方法はありません。法的費用は車を乗る上では絶対に必要な維持費で、法律で定められているものなのでこれを削減するのは困難です。残念ならが、、、税金に関しては大人しく法律に従って支払うしかないのです。ただし、車を購入する時点で税金の安い車種を選ぶことで一般車よりも節約する事はできます。

新車も中古車もローン購入がお得?審査の仕組みやメリットについて
新車や中古車はローンを組むのが正解か?このページでは、自動車を新しく購入する際のローンにおけるメリット・デメリットを紹介しています。どっちが得かはその人の判断次第なので、本記事の参考情報をチェックして検討してみよう!
新車と中古車には価格差がある!お得に乗りだす為のコツを伝授します
新車と中古車の購入で迷っている方の為に乗り出し時の価格差や保証サービスの違いなどについてまとめています。新車と中古車ではどういった点を比較して検討するのが良いのか?車を買う前に知っておきたい情報が満載です。

~保証や任意保険編~

新車購入時にはメーカー保証が付いてきます。だいたいは1年~3年程度で年数や走行距離に対して保証されています。また、保険に関しても自賠責保険は最低限必要ですが任意保険は強制ではないので無理に加入する必要はありません。保険料だけでも数千円から数万円の維持費が発生しますので、どうしてもコストを削減したいのであれば任意保険に加入しないままにするか、保険のプランを最低限に見直す事で少なからず対策できるでしょう。

~車検や修理代編~

車を維持する上で一番コストのかかる部分が車検です。特にディーラーで車検を通す場合が一番高額になるケースが多く、中古車販売店やカーショップなどでもそれなりに費用が発生します。車検を抑えたい場合には、自分自身で近くの陸運局に行って書類を作成して申請するのが一番コストを抑える事ができます。ただし、整備やメンテナンスも一切なく、車を乗る上での必要最低限の点検しか行われませんので、その点は注意しておいてください。

コストを考えた車の選び方

車の選び方

車を所有するにもいろんな手段がありますので、維持費や車にかかるコストを気にするのであれば無理に車を購入する必要はないと思います。

今の時代は、人それぞれ自分のライフスタイルや生活環境に見合った方法で車を所持する事も可能なので、ここからはコストを重視した場合の車の選び方を紹介します。

支払いを定額にするならリース契約

リース契約

まず1つ目は車のリース契約です。

ここ数年で一気に需要が増えていますが、リース契約のメリットは月々の維持費を一定額で抑えられるという事です。

契約するプランにもよりますが、車検代・保険・税金・車体価格・点検などをすべて含めた上で月々の維持費を10,000円~20,000円(車種による)程度の固定額にて支払う事が可能です。

乗る頻度が少ない方はレンタカー

レンタカー

「月に1回しか乗らない」
「旅行や出張の時だけ使用する」

こんな方達にはレンタカーで十分です!

1日~2日程度レンタルするくらいならそこまで高額な費用は発生しませんし、車を購入した時の維持費に比べれば可愛いものです(笑)

自分がどれくらいの頻度で車を使っているかを考えて、状況によってはレンタカーを検討してみるのも1つの方法です。

移動手段だけなら軽自動車

軽自動車

やっぱりなんだかんだで維持費が安いのが軽自動車です。

車にこだわりのある方や車種やグレードを気にするという方には向いていませんが、「乗れればなんでもいい」「仕事の通勤だけに使用する」という方に関しては軽自動車でも十分です。

無理に高級車やグレードの高い車種を選んでも維持費がかさむだけなので、見栄えや乗り心地などを特に気にしていないのであれば軽自動車で検討してみましょう。

新車派と中古車派の意見を比較!参考になる情報を厳選してご紹介
新車に乗っている方と中古車に乗っている方の意見をそれぞれ比較しつつ、車を購入する際の重要なポイントや車種を選ぶ基準などについてまとめています。車を購入する前情報を紹介していますので、ぜひご参照ください。
新車と中古車の諸費用を全部紹介!購入前に知るべき車事情まとめ。
新車の購入と中古車の購入では初期費用にどのような違いがあるのか?法定費用やその他の費用など、乗り出しまでに知っておきたい情報をまとめています。車を安く抑えたい方や削れる諸費用を知りたい方は必見の情報です!

知ってて損しない車のマメ知識

車のマメ知識

国土交通省のホームページにも記載されていますが、車を購入する上で以下3つのポイントを把握しておくことが大切です。

・エコカー減税
・グリーン化特例
・中古車特例

これらの意味に関しては国土交通省のホームページから引用して以下にまとめてありますので参考にしてみてください。

税金を軽減したり免除するための重要な特例なので、新車にしろ中古車にしろこれから車を買うのであれば絶対に見逃せない情報です♪

【まとめ】新車も中古車も維持費を考える事が大事

維持費を考える事が大事

新車も中古車もそれそれにメリット・デメリットがあるので一概にどちらが良いとは断言できませんが、車を購入する際には購入した後の事をしっかりと考える事が大切だという事はご理解頂けたかと思います。

購入する車種・グレード・年式などによって維持費にも大きく違いが出てきますので、車を購入する前には「自分はどんな車が欲しいのか?」「その車の費用はどれくらいかかるのか?」を事前に調査してから検討する事が大切です。

もちろん見た目やデザイン性も選ぶ要素としては重要なポイントですが、購入後に車を維持できなければ意味がありませんので、改めて自分の生活に無理のない車選びを考えてみましょう。

ちなみに、こちらで紹介している情報や金額に関してはあくまでも目安の1つとしてご覧ください。

PR

コメントを残す

*