新車派と中古車派の意見を比較!参考になる情報を厳選してご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の記事では、車を購入しようと思っている方の為に、主に新車と中古車の違いをお伝えしたいと思います。

車を購入する際にはいろいろと気になる事があったり疑問に思う点もあると思いますが、特に重要だと思うポイントを厳選して比較してみたので、ぜひ今後の車購入にお役立てください。

その他、メリット・デメリットや新車派と中古車派の意見も紹介しています!

PR

まずは新車と中古車を比較してみた

新車と中古車を比較

新車と中古車を比較する材料として、維持費や諸費用などの料金面からメンテナンスや乗り換え時の状況を踏まえて比較してみました。

それぞれの特徴を比較する事で、車を購入する際にも検討する材料の1つとなり、自分がどちらに向いているのかを判断する事ができると思いますので、1つ1つの項目をチェックしてまずは新車と中古車のどちらを選ぶかを決めていきましょう!

初期費用の違い

初期費用の違い

初期費用に関しては、新車も中古車もさほど変わりありません。

・自動車取得税
・自賠責保険
・自動車税
・自動車重量税
・登録費用

など、こういった車の登録や販売に関係する法的費用に車体価格を含めたのが販売価格となり、それイコール初期費用となります。

初期費用を比較した場合には「どこまで代行で対応してもらうか?」が重要なポイントとなり、代行を依頼する内容によっても費用は前後しますので覚えておきましょう。

あとは単純に車体価格がどれくらいかによって初期費用の総額は変わります。

新車&中古車のメリット・デメリットをとことん追求してみた結果…
車を購入する際に、新車と中古車で悩む方が多いと思います。本記事では、新車と中古車のメリット・デメリットをいろんな視点からピックアップしてご紹介。どっちが得か?コスパはどうか?など購入時の気になる疑問をまとめています。
新車と中古車の維持費を分析。コスト削減できるポイントも紹介します
新車を購入した場合と中古車を購入した場合の維持費についてまとめています。どっちが得か?どれくらいの違いがあるのか?など車の購入を検討している方の為になる情報をご紹介。その他、維持費の節約できる部分をまとめてみました。

メンテナンスの違い

メンテナンスの観点で考えると、新車よりは中古車の方がメンテナンス費用はかかります。

新車の場合はディーラーに注文してから事細かく整備されて納車されますが、中古車の場合には販売店が必要最低限のメンテナンスで納車している可能性もあるので、乗り出した後の点検やメンテナンスが増える可能性も考えられます。

なので、購入後のメンテナンスだけで考えると比較するまでもなく新車の方が安心だという事です。

乗り換える時の損得

乗り換える時の損得

車を実際に購入して数年後に売却する際にも新車の方が高く売れる可能性は高いです。

中古車の場合は、基本的にすでに誰かが一度所有しているのでオーナー数が単純に増えます。

オーナー数・距離・年式・傷・汚れ・事故歴などが査定時には大きく影響し、中古の方がこれらのリスクは高いので買取時の査定額もほとんど期待できません!

次に乗り換えるという点で比較した場合にも新車が有利だと言えるでしょう。

審査やローンの違い

審査やローンに関しては新車よりも中古車のほうが通りやすいケースが多いです。

新車の場合には厳重な審査が行われますので、基本的にクレジットで借入があったりブラックリストに載っている方は審査NGとなります。

ただし、中古車販売店に関しては審査のゆるいローン会社と提携している場合や、自社ローンで対応してくれるケースもあるので、新車と比較しても審査の面では通りやすいと言えるでしょう。

満足度や安心感

満足度や安心感

安心感に関しては比較するまでもなく新車の方が安心して乗り出せると思います。

ただ、満足感に関しては新車に限ったことではありません!

中古車でも自分好みにカスタマイズされている車を購入する事はできますし、新車では販売停止になっている車を購入したい場合には中古車でしか手に入れる事ができません。

なので、自分がどんな車が欲しいかによって満足度は変わってくると思うので、新車でも中古車でも満足できると言えます。

車の性能やスペック

車の性能やスペックで比較すると、やはり新しい機能を備えた新車の方が機能性は充実していると思います。

ただ、軽自動車の新車と高級車の中古車で考えると話は変わってくるので、一概には言い切れません!

あくまでも同じ車両を対象とした場合には、性能もスペックもグレードアップしているの新車の方がおすすめだという事です。

税金対策や維持費用

税金対策や維持費用

税金対策や維持費用に関しても車種によりけりなので、ハッキリ言って結論を出すのは難しいです。

ただし、同じ車種で比較した場合、本体価格は別として税金や維持費の面では新車の方がコスパは良いと思います。

理由としては、税金や燃料費などに違いがなかったとしても、中古車の方が故障やメンテナンスのリスクが高いので、別途費用が発生する可能性が高いという事が挙げられます。

新車には無いリスクが中古車にはあるという事です。

 

新車を買う人と中古車を買う人の割合はどれくらい?どっちがお得?
新車と中古車を購入する人の割合調査や実際に車を所有している方のリアルな意見をまとめています。新車と中古車でも違いがあるので、どっちが自分に合うか?どっちが得か?を判断して選ぶことが大切。重要なポイントをまとめてご紹介!
新車や中古車を購入する時の金利の違いや金利をお得にする方法について
本記事では、車を購入する際のローンの仕組みや金利の違いについてまとめています。ディーラーローンとマイカーローンでは金利にどのような違いがあるか?新車と中古車での違いはなにか?など、車購入時の気になる情報をご紹介!

新車を乗る人の意見

新車を乗る人の意見

・新車の方が優越感に浸れるし、単純に人が乗った車が嫌なので新車で購入するようにしています。(30代/男性)

・まだ2台目ですがどちらも新車で買いました。自分好みにカスタムして乗り出せるのが一番いいですね!(20代/男性)

・この歳で中古車を購入するのもどうかと思うので新車で買い替えています。(40代/男性)

・どうせローンを組むのであれば新車がいい。私好みのデザインの車が新車しかなかったってのも理由の1つですが(笑)(30代/女性)

中古車を乗る人の意見

中古車を乗る人の意見

・とくにこだわりがないので安く買える中古車にしています。遠出とかしなければ十分!(30代/男性)

・新車と中古車を比較したら中古車のほうが私には向いていましたね。(40代/男性)

・中古車でしか買えない車だったから中古車販売店で買いました。(20代/女性)

・新車、リース、中古車の全部試したけど中古車が一番気兼ねなく乗れるから僕的には中古車がおすすめですw傷や汚れも新車ほど気にしなくていい♪(20代/男性)

PR

新車&中古車&リースの向き不向きまとめ

新車向きの人 ・新しい物好き
・経済的余裕がある
・オリジナリティ重視
・適度に車を乗り換える
中古車向きの人 ・傷、汚れを気にしない
・乗りたい車に乗れればいい
・そこまで車にこだわりがない
・納車まで早い方がいい
リース向きの人 ・ランニングコストを統一したい
・余計な費用はかけたくない
・ほとんど遠出しない
・とりあえず移動手段を確保したい

新車と中古車の比較調査早見表

比較調査早見表

新車と中古車を実際に購入したと仮定して、それぞれどういった点で優れているのか?表でまとめてみました。

ある程度参考になる情報だと思うので、まだ検討中の方は是非ご参照ください。

新車 中古車
車種のレパートリー 少ない 多い
エコカー減税 対応 非対応
売却時 期待できる 期待できない
購入価格 高い 安い
メンテナンス・保証 充実 不十分
オリジナリティ カスタム次第 カスタム次第
販売店の対応 業者による 業者による

新車も中古車もローン購入がお得?審査の仕組みやメリットについて
新車や中古車はローンを組むのが正解か?このページでは、自動車を新しく購入する際のローンにおけるメリット・デメリットを紹介しています。どっちが得かはその人の判断次第なので、本記事の参考情報をチェックして検討してみよう!
新車と中古車には価格差がある!お得に乗りだす為のコツを伝授します
新車と中古車の購入で迷っている方の為に乗り出し時の価格差や保証サービスの違いなどについてまとめています。新車と中古車ではどういった点を比較して検討するのが良いのか?車を買う前に知っておきたい情報が満載です。

新車選びも中古車選びも販売店の対応で見極める事

販売店の対応

これまで新車と中古車の比較材料をまとめてきましたが、細かい税金や維持費などに関しては購入する車種によって違いもあるという事を覚えておきましょう。

また、特に重要なのが「どこで購入するか?」という事です。

ハッキリ言って、クソみたいは業者もたくさんあります!

・メンテナンスが適当
・応対やサービスが不十分
・アフターサービスがない

など、販売店は車に不具合が生じた時に一番初めに相談するお店でもあるので、ここの対応力やサービス内容を重視する事も重要です。

自分が満足できるお店で購入するのが一番なので、車選びだけに捉われずに販売店もしっかりと吟味するようにしましょう。

【結論】購入後の損得を考えて決断しよう

購入後の損得

という事で、以上が新車と中古車を比較まとめとなります。

人それぞれ考え方は違うと思いますが、車は高価な買い物なので慎重に考えて判断するほうが得策です。

私自身、過去に焦って車を購入した経験がありますが、その時はいろいろと妥協した部分があったり購入後の保証などを考えずに見切り発車してしまいました。

その結果、購入してからの修理も想像以上に頻発したり、販売店のアフターケアが不十分であることに気が付きましたので、車を購入する際には車種選びに+αで販売店選びも慎重に行う事を強くおすすめしたいと思います!

PR

コメントを残す

*