100万以下の中古スポーツカーを購入する際に気を付けたい注意点

夢のスポーツカーを100万円以下で手に入れる!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男なら誰でも憧れてしまうスポーツカー

そんな夢のスポーツカーが100万円以下の値段で買えたら最高ですよね?

ただし、美味しい話の裏にはその理由が隠されているのが世の常です。

中古のスポーツカーってどうなの?と言ったことから、維持費が大変なんじゃない?といったことまで調べてみました。

100万円以下のスポーツカーを中古で買う際の注意点を詳しくご紹介します。

PR

普通の車と比べて中古のスポーツカーを買う際の注意点

中古のスポーツカーを買う注意点

スポーツカーは一般的な車と違い、性能が違います。

その性能の良さが魅力でもある一方で、短所でもあります。

一般的な中古車と中古のスポーツカーでは明確な違いがあります。

中古のスポーツカーを購入する際の注意点をご紹介します。

スポーツカーゆえにボロボロになりやすい

スポーツカーはボロボロになりやすい

100万円以下の中古車スポーツカーを買うということは、前の所有者が乗り回していた可能性があります。

一般的な中古車とは違いスポーツカーの特性上、急発進やハイスピードの運転など少しヤンチャな運転をされている可能性が高いです。

その場合、車体への負担が大きくかかっており消耗が激しくなります。

100万円以下の中古スポーツカーを購入する際は、その点を注意しなければいけません。

エンジンへの負担がスポーツカーは大きい

エンジンオイルの負担が大きい

スポーツカーの魅力は何と言ってもその馬力と加速感を味わえることですが、言い換えればエンジンへの負荷が大きいことが注意点としてあります。

100万円以下のスポーツカーであるということは、エンジンへの負荷は相当かかったものと意識しておくべきです。

故障しやすくなっているので、維持費がかかることを頭に入れて購入を検討しましょう。

維持費が一般車と比べ高くつく

スポーツカーは維持費が高くつく

スポーツカーの中古車を買う際の、最大の注意点は「維持費」です。

スポーツカーはその排気量の高さから、自動税が高くなります。

故障時のパーツ代もスポーツカーは高くなる傾向にあり、消耗品であるタイヤは定期的に交換しなければいけませんが、一般車と比べて高いです。

また、ガソリンがハイオクを使う場合が多いので、トータルの維持費が高くなる傾向にあります。

スポーツカーの中古車にかかる維持費について、もっと詳しくご紹介していきます。

車の損得を検証!売却して乗り換える?乗り潰して新車を買う?
本記事では、車を乗り換えた場合と車を乗り潰した場合の損得に関する情報をまとめています。車検・年間コスト・下取り・維持費などいろんな要素を踏まえてどちらがお得なのか?車の購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。
車乗り換え時の様々な手続きについて。保険の見直しも忘れずに!
車の乗り換え、廃車、買取、譲渡などを行う際に必要な手続きや必要な書類についてまとめています。その他にも乗り換え時の保険の見直しやおすすめの自動車保険会社もピックアップしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポーツカーにかかる維持費ってどんなものがある?

スポーツカーにかかる維持費ってどんなものがある?

スポーツカーは100万円以下で手に入れることは可能です。

ただし、安く手に入ったからといって浮かれてはいけません。

スポーツカーは購入価格だけでなく、維持費が高くつくことから手を出せないといいった人もいます。

実際、スポーツカーの維持費はどれほど高いのでしょうか?

中古車のスポーツカーを手に入れるための注意点を紹介します。

スポーツカーにかかる【税金】

スポーツカーにかかる税金は?

車を持つ時にかかる維持費と言えば税金です。

車にかかる税金はその車の排気量や重量によって異なります。

スポーツカーの場合、自動車税や重量税はどうなるのでしょうか?

100万円以下の中古スポーツカーはエコカー減税の対象になりえるのでしょうか?

詳しくご紹介していきます。

スポーツカーにかかる自動車税

スポーツカーは排気量が大きいので、年間維持費である自動車税も高くなる傾向にあります。

排気量が高くなれば高くなるほど、自動車税は上がっていくのでチェックしておく必要があります。


排気量 税額
660cc以下 10,800円
1,000cc以下 29,500円
1,001cc-1,500cc 39,500円
1,501cc-2,500cc 45,000円
2,501cc-3,000cc 51,000円
3,001cc-3,500cc 58,000円

スポーツカーの基準としては1,000cc-3,000ccの間の自動車税がかかる場合が多いです。

軽自動車と比べた時に、この自動車税の出費が高く感じるか否かが100万円以下のスポーツカーを購入するかの分かれ目になります。

自動車重量税はエコカー減税のことを頭に入れておく

スポーツカーには自動車税に加え自動車重量税の維持費がかかります。

0.5トン毎に4,100円の重量税がかかりますが、エコカー減税対象車であれば0.5トン毎に2,500円まで減ります。

エコカー減税は2019年4月30日から適用され、100%適用されるもの、一部適用されるもの、適用されないものとあるので、維持費を抑えたい場合は注意点です。

注意点として、100万円以下の中古車のスポーツカーを購入する場合はエコカー減税の対象からは外れる可能性が高いことを頭に入れておく必要があります。

車の乗り換えを考える5つのタイミング。圧倒的に多いのは車検の時?
車を乗り換えるタイミングや乗り換え時の車検にかかる費用などについてご紹介。車検を通す派と乗り換える派の意見を参考にして、乗り換えのメリット・デメリットなどについてもまとめていますので検討している方はぜひご参照ください。
【重要】車を乗り換える時に必要な車庫証明の申請方法と手続きの流れ
車を乗り換えた時の車庫証明の申請方法や申請に必要な書類、手続きの流れ、かかる費用などについてまとめています。新車にしろ中古車にしろ車庫証明がないと話が進まないので、スムーズに納車してもらうためにも把握しておこう。

PR

スポーツカーにかかる【保険】

スポーツカーにかかる保険は?

車を所有する際にかかる「自動車保険」についてご説明します。

特にスポーツカーの場合は、損害があった場合の修復費が高くつくことから保険加入は必須であると言えます。

ですが、保険会社もスポーツカーはリスクが高いと理解しています。

そもそも保険に入れるのか?理由とともにご紹介していきます。

スポーツカーの自動車保険は高くなる!?

スポーツカーの自動車保険は高い

スポーツカーの自動車保険は高くなる注意点があります。

理由として、スポーツカーは「事故に遭いやすい」「盗難やいたずらに遭う確率が高い」「修理費が高くなる」ためです。

スポーツカーのクラスによっては保険に加入できない場合もあることに注意しましょう(市場価格相場が1,000万円を超えるクラスのスポーツカー)。

スポーツカーの保険を考える際の注意点

スポーツカーの保険について考えるべきこと

スポーツカーと一言で言っても様々な形態や機能から、保険料は全く異なり保険会社によっても条件が異なります。

また、あなた自身の事故歴や保険金申請の履歴も影響します。

自分が乗りたいスポーツカーはどれくらいの保険料がかかるのか、各保険会社に問い合わせてみましょう。

中古のスポーツカーにかかる維持費やメンテナンス費

スポーツカーにかかる維持費は?

100万円以下のスポーツカーを購入する際の最大の注意点はガソリン代メンテナンス費です。

メンテナンスに関しては従来の中古車と比べ高くつくことが多く、中古車であることから修理しなければいけない場面も増えます。

100万円以下のスポーツカーを買う際の注意点「ガソリン代」と「メンテナンス」に関してご説明します。

スポーツカーのガソリン代は高くなる

スポーツカーのガソリン代は高い

頻繁にかかる維持費の代表格と言えば「ガソリン代」です。

スポーツカーはハイオクを使用するものが多く燃費も悪いことから、ガソリン代が高く付くという注意点があります。

ただし、長距離運転する予定がない場合や街乗りで乗りたい人にとっては、年間にかかるガソリンの維持費はそこまで高く付くことはなく、最近ではハイブリッドなスポーツカーもあることからガソリン代にかかる維持費を節約できる場合もあります。

高額のパーツメンテナンス「タイヤ交換」が高くなる場合がある

スポーツカーのタイヤ交換は高い

外車のスポーツカーを購入する場合の注意点として、タイヤ交換に数十万かかる場合があります。

中古車であることからタイヤが摩耗している可能性もあり、タイヤ交換に価格出費は馬鹿にできません。

その他にも外車のスポーツカーはパーツ代が高い場合が多く、100万円以下のスポーツカーを購入する場合はそういった維持費についても頭に入れておく必要があります。

スポーツカーはエンジンオイルの消耗が早い

スポーツカーはエンジンオイルの消耗が早い

エンジンオイルは定期的に交換しなければいけませんが、スポーツカーはターボエンジンを搭載している場合が多く、エンジンオイルが汚れやすいという注意点があります。

100万円以下の中古のスポーツカーという観点からエンジンが摩耗している可能性が高く、エンジンオイル交換は2、3カ月に1回の頻度で交換しなければいけない場合もあります。

エンジン交換にかかる維持費は一般的な中古車と比べて高くなることを注意しましょう。

新車と中古車はどっちが得?新車と中古車の良い所と悪い所まとめ
車を購入するなら新車と中古車、どっちが得になるでしょうか?価格では中古車の方が安いですが、本記事では色々な面を考慮して考えると新車と中古車どっちが得になるのかを考えるために新車、中古車のメリットデメリットをまとめます。
確認必須!車を乗り換えた時の自賠責保険や任意保険の変更について
本記事では、車を初めて乗り換える方の為に自賠責保険や任意保険について知っておいたほうが良い情報をまとめています。自賠責保険の重要性や乗り換え・買い替え時の車両入替に関する内容も紹介していますので、ぜひご覧ください。

100万円以下の中古のスポーツカー購入の注意点まとめ

夢のスポーツカーは購入価格だけでなく維持費もハイレベルであることが分かったかと思います。

ただし、長距離運転しなかったり普段乗りをするくらいであれば、維持費は一般の中古車とあまり変わりません。

賢く中古車のスポーツカーに乗るためにも、売りだけでなく免税対象になるかや保険料を安く抑えられるかといったことを調べてみましょう。

案外あなたの手の届く距離に夢のスポーツカーはいるかもしれません。

PR

コメントを残す

*