法人が車をリース契約するメリットや契約時の注意点を調べてみた結果…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

商用車や社用車を所持している企業の大半は、車を購入して自社所有として取り扱っている事かと思います。

しかし、本当に購入したほうが得なのか?という疑問を抱いている管理職の方々もきっといるはず。。。

最近は車をリースで契約している企業も増えリース契約における法人サービスも徐々に増えていますので、今回は法人におけるリース契約のメリットや注意点についてまとめていきたいと思います!

PR

ぶっちゃけ法人なら購入とリースのどっちがお得?

購入orリース

「細かい説明はどうでもいい!ぶっちゃけ法人だったら購入するのとリースだとどっちが得なの?」

そんな方の為に結論から申しますと、「正直なところ企業によって損得は異なります」という回答になります。

なぜなら、車を購入するほうがメリットが大きい企業もありますし、リース契約のほうがメリットが大きい企業もあるからです!

・どのように使用するのか?
・どんな事を求めているのか?

など、企業がどのように社用車を利用するかが最も重要なポイントとなるので、どちらが良いとは一概には断言できないのです。

とまぁそんなわけで、このままだと解決しませんので法人におけるリース契約の仕組みや法人がリース契約する場合のメリットなども見ていきましょう。

車のリース契約で審査を通しやすくするコツや審査内容をご紹介!
本記事では、車のリース契約で審査を通しやすくするためのコツやアドバイスをまとめています。その他にも審査の時にチェックされる項目や審査基準、審査に出す際の注意点なども紹介していますので、リース検討中の方は必見です。
車のリースってどうなの?メリット・デメリットを徹底的にまとめてみた
車をリース契約する際のメリット・デメリットについてまとめています。安く乗れるメリットがある反面、実際にはどんなデメリットが考えられるのか?契約後に後悔しないためにも、リース契約の注意点をお伝えしたいと思います。

まずは車のリース契約への理解

とりあえずは、車のリース契約がどんなものかを理解する事が大切です。

特に、経理担当の方や会社の役員クラスの方であればコストを重要視すると思うので、経費としての扱い方や経理上の処理なども把握しておくようにしましょう。

単に安いからリースにするという事ではなく、法人の場合には経費やコスト削減の観点からもしっかりと調査して検討する事が重要です。

契約体系は主に2パターン

契約体系

法人で車をリース契約する場合には、以下2つのプランが主流となっています。

  • ・ファイナンスリース
  • ・メンテナンスリース

これらの違いは何か?詳しく見ていきましょう。

ファイナンスリース

ファイナンスリースは、比較的シンプル内容のリース契約となります。

車両本体価格・自賠責保険・自動車税などが含まれているプランが一般的で、とにかく安く契約したい法人向けのサービスです。

リース会社や契約プランによっても内容に違いあるので、保険料や税金の支払いなどに関しては事前によく確認しておくことが大切です。

メンテナンスリース

メンテナンスリース

メンテナンスリースは、法人の手間暇を一括してサポートしてくれる親切な契約プランです。

例えば、

・税金の支払い
・保険料の支払い
・タイヤ交換、バッテリー交換
・一般的な車両整備
・車検

など、車を維持する上で必要な事をまとめてサポートしてくれるのが最大の魅力です。

リース会社によっては経費関連の処理まで対応してくれるケースもあるので、自社の人材の工数を削減する事も可能です。

詳しい条件やサポート内容はリース会社によっても異なり、サポートの幅が広いほうが月額料金は高くなりますので、その点も踏まえて検討する事が大切です。

法人がリース契約をするメリット

リース契約 メリット

では、法人でリース契約を行うメリットはどこにあるのか?

正直なところ、ここが一番気になるポイントだと思いますので、法人でのリース契約を本格的に考えているのであればしっかりと確認しておきましょう。

車をリースした場合には経費で落として税金対策&節税できるのか?
本記事では、法人や個人事業主など会社を経営している場合に車が必要な時、車の購入かリース契約かどっちがお得なのかをまとめています。その他、経費や節税、経理の計上などを考えた場合のメリット・デメリットを紹介しています。
車のリースには注意が必要!?月々1万円に隠された秘密を暴露!
本記事では、ネットでも見かける「月々1万円」のリース契約の真相に迫り、実際に1万円で乗れるのかを調べてみました。車のリース契約は月々のコストを抑えられる便利なサービスですがその実態を調査してお伝えします。

初期費用がかからない

リース契約では基本的に初期費用を抑えて契約する事ができます。

リース最大の魅力とも言えるポイントで、なので乗り出しがスムーズに行えます。

とにかく初期費用を安く済ませたい企業や個人事業主の方におすすめです。

経費としての計上が簡単

経費

リース契約では車を維持するためにかかる費用がすべて月額の固定費のみで完結しますので、経費の計上も簡単に行えます。

本来であれば、車にかかる維持費やメンテナンス費用なども込々のプランで契約する事によって1ヵ月の定額費用だけを支払うだけで済むので経理上の手続きも非常に楽になる事が予測できます。

税金の対策にもつながる

法人と言えば税金対策!

車をリース契約する事は節税にも繋がるので、コスト重視の法人にとってはメリットづくしです。

例えば、車を一括購入した場合にはその年の節税対策にしか充てる事ができなかったり、減価償却などの面倒な計算も必要となってきます。

しかし、リースにすれば月額費用を継続的に支払うだけですし、保険料や自動車税なども気にせずに乗り続ける事ができます。

維持費や車の税金なども気にせずに乗れるのが法人に適している部分と言えるでしょう。

社用車のコストを管理しやすい

コスト管理

社員を多く抱える法人や社用車を営業マンに自由に振り分けている企業の難点が、コスト管理です。

1台にどれだけのコストが発生しているのか?また本当にそのコストは必要なものなのか?こういった問題やトラブルもよくある話です。

ですが、リース契約にする事で月額費用が定められていますので基本的なコストはどの車も同じとなり、気にするコストは燃料費くらいで済みますので経理の計算やコストの把握も行いやすくなります。

車を安く乗りたい方必見!個人におすすめのリース会社を教えます!
本記事ではリース契約のメリット・デメリットを紹介しつつ、おすすめのリース会社を厳選してご紹介!個人で車を所有する場合には購入とリースのどちらが良いのか?車のリースの検討材料となる情報をまとめています。
トヨタ社がリースを開始!車の種類は?価格は?気になる疑問を調査
大手自動車メーカーのトヨタ社が行っているリースサービスについてまとめています。どんなリース契約があるのか?他との違いはどこか?メリットは?など、個人・法人関係なくトヨタ車を愛用している方の参考になる情報をお届けします。

メンテナンスもまとめて依頼

先ほどもお伝えしたメンテナンスリースであれば、車検やオイル交換など車に必要なメンテナンスも一括して任せる事ができます。

また、プランによっては代車を貸し出してくれるケースもあるので、不自由なく社用車として利用する事が可能。

壊れるたびに修理業者を探す手間暇もかからないのも特徴の1つです。

リース契約で注意しておきたい点

リース契約 注意

これまで紹介したメリットだけを聞くと「リースは素晴らしい」とおもうかもしれませんが、もちろんデメリットや注意点もあります。

ここをしっかりと把握しておかないと、乗り出した後にトラブルが起きてしまう事もあるので注意が必要です。

以下に、法人がリース契約をする際のデメリットや注意点もまとめておきましたので、参考にしてみましょう。

  • ・1ヵ月の走行距離が定められている
  • ・カスタマイズできない
  • ・途中での解約ができない

特に気を付けるのが上記3つのポイントです。

リース契約はあくまでもリース会社が所有者となるので、車のカスタマイズの制限や走行距離の制限が設けられています。

ただし、これらに関してはリース会社によって細かい条件も異なるので、場合によってはカスタムできたりプランを上げる事で走行距離の制限を解除する事も可能です。

また、その他にも事故を起こした場合や車が廃車になるくらい破損してしまった場合にも契約上の細かい決まりごとがありますので事前に確認しておくことをおすすめします。

PR

リース会社を選ぶ時のポイント

リース会社もいろいろとあるので、最後にリース会社を選ぶ時の基準やポイントを紹介したいと思います。

ズバリ、以下の項目は確認しておく事!!

・リース会社の信憑性
・取り扱っている車の種類や数
・保証内容やサポート内容の充実度
・メンテナスの対応域
・店舗を構えているか
・ローン終了後の残価支払いや乗り換えの契約内容

など、法人としてこれらの項目はしっかりと確認しておきましょう。

【まとめ】会社によってはリースの方が断然お得!

リース

以上が法人における車のリース情報となります。

細かい事を説明するとものすごく長い説明文となってしまうので要点だけまとめさせていただきましたが、概ねご理解頂けましたでしょうか?

最近ではネットからも簡単に申し込みができるリース契約もありますが、上記でも挙げたように法人で契約する場合にはしっかりと店舗を構えていた方が安心感もあると思うので、まずは窓口対応でサポートしてくれるリース会社の中から選ぶのが無難かもしれません。

会社の近くに店舗があったほうが安心できると思いますし、社用車が数十台にも及ぶ場合には尚更だと思うので、実際に乗り出した後の事も考えて検討してみるのがベストです!

PR

コメントを残す

*