車をリースした場合には経費で落として税金対策&節税できるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は少しまじめな話をしたいと思います。。

個人事業主や法人が車のリース契約をした場合、それを経費として落として節税や税金対策ができるのかどうか?という疑問について調べてみました。

私自身も個人事業主という立場なので、できる限り必要事項を調べてわかりやすくお伝えしたいと思います。

社用車や自家用車の購入を検討している方は参考にしてみてください♪

PR

車のリースは経費で落とせるの?

車のリース 経費

結論から申しますと、車のリース契約で支払う費用は経費として申告する事ができます。

ちなみに車をリース契約ではなく購入した場合には、ある程度の金額を経費として計上する事はできますが、全額を経費として申告することはできませんので注意が必要です。

その場合には、減価償却という方法で毎年少しずつ経費として申告する事ができますので、どちらがメリットかを比較して購入orリースを検討してみると良いでしょう。

個人事業主がリース契約する場合

個人事業主がリース契約

個人事業主として事業を営んでいる場合、業種によっては車を使用する必要があったり、事業の途中で急遽必要になってくることもあると思います。

そして車の購入費用を経費として計上しようと考える方もたくさんいると思いますが、その際にも購入とリースにおけるメリット・デメリットを理解しておくことが大切です。

「購入したけど会計上の処理がめんどくさい」

なんて事を回避するためにもリース契約の損得を理解して、節税対策にもうまく活用できるように知識を蓄えておきましょう。

トヨタ社がリースを開始!車の種類は?価格は?気になる疑問を調査
大手自動車メーカーのトヨタ社が行っているリースサービスについてまとめています。どんなリース契約があるのか?他との違いはどこか?メリットは?など、個人・法人関係なくトヨタ車を愛用している方の参考になる情報をお届けします。
車を安く乗りたい方必見!個人におすすめのリース会社を教えます!
本記事ではリース契約のメリット・デメリットを紹介しつつ、おすすめのリース会社を厳選してご紹介!個人で車を所有する場合には購入とリースのどちらが良いのか?車のリースの検討材料となる情報をまとめています。

経費におけるメリット・デメリット

という事で、個人事業主がリース契約をするメリット・デメリットをまとめてみました。

【メリット】
・税金対策にも使える
・経理上の手続きが楽に行える
・急な出費を抑える事ができる
【デメリット】
・長距離運転ができない
・車が不要になっても解約しにくい
・社用車としてカスタマイズできない

上記の通り、節税対策や経理上の都合を考えると個人事業主はリース契約したほうがメリットが大きいようにも感じますが、車をメインとした事業の場合には走行距離やカスタマイズの問題もあるのでデメリットもあります。

個人事業主の場合には、どんな使用用途で車が必要になるのか?を考えて購入かリースを選択する必要があると言えます。

法人がリース契約する場合

法人がリース契約

そもそも法人がリース契約する必要性があるのかどうかも微妙なところですが、改めてリース契約を詳しく調べてみると法人契約でもそれなりにメリットがある事がわかりました。

もちろん逆も然りでデメリットもありますので、まずは以下を参考にしてみましょう。

経費におけるメリット・デメリット

【メリット】
・車にかかる経費が把握しやすい
・リース契約なら経費として計上しやすい
・車検やメンテナンスも一括して任せられる
【デメリット】
・長距離運転ができない
・原則、途中解約ができない
・走行距離の制限がある

など、基本的には個人事業主と同様に事業で使う事を目的としているので、結果を見てみると個人事業主も法人もあまり変わりないと思います。

ただ、社員が何人もいる法人の場合には経理上の問題で、社員が使用した具体的な経費を把握しやすいというメリットはあると言えるでしょう。

少なくとも不正申告などは防げるはずです。

リース前に確認するべき疑問まとめ

リース前に確認

次に、車をリース契約する前に確認しておきたい疑問をいくつかまとめてみました。

主に、リース契約と節税や経費に関する疑問を紹介していますので、法人の経理担当の方や個人事業主の方は多少なり参考になると思います。

審査なしでリース可能?貧乏暇なしでも車を所有できるか調べてみた!
この記事では車を所有するために何ができるか?審査が通りやすリース会社はあるのか?これらの疑問を解消するための情報をまとめています。審査なしとは言えませんが自社ローンを使えばリースできる可能性もあるのでぜひご覧ください。
中古車リースの特徴や相場まとめ。維持費を安く済ませたい方は必見!
車を手に入れる場合、購入とリース契約で2つの方法があります。今回はリース契約の中でも中古車をリースするメリットがどこにあるのか?またデメリットは何か?など、車を安く乗り出したい方に必要な情報をまとめてみました。

頭金も経費として申告できる?

頭金に関しても経費として申告する事は可能です。

そもそもリース契約をする場合には頭金を支払うケースそのものが少ないと思いますが、ある程度資金に余裕があって頭金を先に支払う場合には、資産計上の「前払費用」にて計上する事ができますので、覚えておきましょう。

ただし、計上方法を誤ってしまい後で税務調査が入った場合には課税の対象となるケースもあるので、事前に税理士などに相談しておくのが無難です。

購入とリースはどっちが得?

これに関しては、あくまでも個人的な意見となりますが単純に経費や節税の事だけを考えるならリース契約のほうがメリットがあると言えます。

ただ、先ほどもお伝えしたように長距離走行やカスタマイズできないというデメリットもあるので、結局のところ会社や個人事業主としてどのように使っていくか?が重要なポイントとなるでしょう。

車購入時の経理処理はどうなる?

車を購入した場合には、減価償却として1年ごとに数十万円単位の経費を申告する事ができます

また、購入した場合には、

・ガソリン代
・メンテナンス代

なども経費として認められるので、修理や燃料に支払った領収証などはしっかりと保管しておく事をおすすめします。

 

経費で落とす前に減価償却の理解も大事

減価償却

とまぁ、こんな感じで車などの大きな買い物を会社や個人事業主が行う場合には、減価償却を使用するのがおすすめです。

例えば、100万円のものを購入した場合、その年にすべて経費として計上すると赤字になるケースもあります。

しかし減価償却する事で、1年に10万円ずつ、30万円ずつと小分けにして申告する事によって節税対策にも使えますし、赤字を回避する事もできます。

詳しく説明すると長くなってしまうのですが、減価償却を知っているのと知らないのとでは節税効果も大きく変わってきますので、車の購入に限らずその他の大きな買い物に関しては減価償却を調べた上で経費として計上するようにしましょう。

PR

税理士に相談するのも1つの方法

これまで車の購入やリースに関する経費や節税における情報を紹介させて頂きましたが、これだけの情報ですべてを理解するのは難しいと思います。

法人であれば税理士に相談したり、個人事業主の場合でも税理士への相談はできますので、詳しく知りたい方は専門分野の税理士さんに聞いてみましょう。

特に個人事業主の場合には、税理士を雇わずに個人で確定申告を行っている方も多いと思うので、税金を抑えるためにも減価償却や経費として計上する方法などは具体的に把握しておくのが得策です。

車のリース会社はどこでも一緒?格安・お得・激安に騙されるな!
車をリース契約するか購入するかで悩んでいる方の為に、車のリース契約において、ネット広告で見かける「格安」「お得」という怪しげな表記の真相に迫りたいと思います!極端に安い月額費用で契約できるのか?調査した結果をご紹介。
法人が車をリース契約するメリットや契約時の注意点を調べてみた結果…
本記事では、主に会社経営者や個人事業主向けの情報を紹介しています。法人が車を保有する場合には新車を購入するのとリースで契約するのとではどちらがお得なのか?リース契約におけるメリットや注意事項をまとめてみました。

個人事業主や法人がリース契約するなら・・・

リース契約

って事で最後に個人事業主や法人がリース契約する場合、どういう使用用途ならリースが向いているのかをまとめてみました。

以下に該当する法人の方や個人事業主の方は、購入ではなくリース契約の方がメリットが大きいと思うので、リース契約を前向きに検討して後は経理上の手続きに不備が無いようにしましょう。

  • ・1ヵ月の走行距離はそこまで多くない
  • ・社員が申告する経費を明確にしたい
  • ・社用車としてのカスタマイズは必要ない
  • ・減価償却で節税したい
  • ・会計上の処理を簡単にしたい

【結論】自分の用途に合わせて決断しよう!

リース契約は用途に合わせる

以上が、車のリース契約において私がいろいろと調べてた経費の情報となります。

残念ながら税理士ではないので、そこまで詳しい詳細はお伝え出来ませんが、車を購入する場合とリース契約する場合のメリット・デメリットはある程度ご理解頂けたかと思います。

あとは、実際に今現在の会社の実績や経理状況をしっかりと把握した上で、車の契約はどうするべきかを考えてみましょう。

ちなみに、私の場合は個人事業主でも特に車をメインで使う必要もなく、たまに使用する程度だったので無難にリース契約にしておきました。

経理上の手続きはだいぶ楽になったので、同じような境遇の方はリース契約でも十分かもしれませんね!

PR

コメントを残す

*