車のリース契約で審査を通しやすくするコツや審査内容をご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車のリース契約ではどんな審査が行われるの?
契約時の審査でチェックされるポイントは?
リースなら誰でも審査に通るの?

など、車をリースで契約する際に気になるのが審査内容だと思います。

今回の記事では、リース契約で審査を通しやすくするためのコツや審査前に知っておきたい情報をピックアップしてまとめてみましたので、これからリース契約しようと思っている方は参考にしてみると良いでしょう!

PR

車のリース契約の審査について

車のリース契約

まずは、車のリース契約における審査についてです。

審査には何が必要でどんな手続きの流れになるのか?実際にリース会社に問合せしないとわからない事でも事前に把握しておくだけで気持ち的にも余裕が出ると思いますので、一般的な審査の流れをまとめてみました。

また審査で見られる項目もいくつか例を挙げてみたので、ぜひご覧ください。

審査には何が必要?

審査 必要

車のリース契約においては特に用意するべき書類はありません。

基本的には、

・運転免許証
・リースの申し込み用紙

だいたいの会社はこれくらいでOKです!

最近ではネットからも審査の申し込みができるようになっていますので、WEBフォームからの審査依頼であれば必要項目を入力した上で他に必要な書類があれば用意して提示するだけです。

もちろん、申し込みするリース会社によっても多少なり必要書類に違いが出る場合もありますので、不安な方は事前に確認しておくと良いでしょう。

車のリース会社はどこでも一緒?格安・お得・激安に騙されるな!
車をリース契約するか購入するかで悩んでいる方の為に、車のリース契約において、ネット広告で見かける「格安」「お得」という怪しげな表記の真相に迫りたいと思います!極端に安い月額費用で契約できるのか?調査した結果をご紹介。
法人が車をリース契約するメリットや契約時の注意点を調べてみた結果…
本記事では、主に会社経営者や個人事業主向けの情報を紹介しています。法人が車を保有する場合には新車を購入するのとリースで契約するのとではどちらがお得なのか?リース契約におけるメリットや注意事項をまとめてみました。

審査で見られる内容は?

審査で見られる内容としては、以下のようなことが挙げられます。

  • ・収入、年収
  • ・収入の安定性
  • ・借入や借金の有無
  • ・債務整理状況
  • ・肩書(会社員・パート…エetc)

車のリース契約で審査を申し込んだ際には、基本的に普通のローン契約と変わらず上記のような項目をチェックされます。

ちなみに、年収が200万円以上というのが1つの基準となるので、200万円を下回る場合には担保となるものや保証人が必要となるケースもあります。

要注意!こんな人は審査NGの可能性大!

審査NG 例

車のリース契約はあくまでも月々の分割払いで支払いを行うローン契約となります。

つまり、過去に債務整理を行っていたり借入や滞納などで支払い能力が低いと判断されれば当然のごとく審査も通りにくくなるというわけです。

逆を言えば、

・普通に会社員として働いている
・それなりの年収も確保できている
・債務整理や借入の履歴がない

こういった方であれば問題なく審査に通ると言えるでしょう。

審査に落ちる理由や落ちやすい人

では、どんな人が審査に落ちやすいのか?またどんな理由で審査に落ちる事があるのか?これらに該当するであろう人物の参考例をもう少し詳しくお伝えしたいと思います。

まず、以下に該当する方や審査が通りにくい人です。

  • ・個人事業主
  • ・パート
  • ・主婦
  • ・年収が不安定
  • ・連帯保証人がいない
  • ・ローン契約が他にもある
  • ・自宅が賃貸の人

次に、審査に落ちる確率が高い人です。

  • ・ブラックリストにのっている
  • ・自己破産している
  • ・借入、滞納、未払いがある
  • ・年収200万円以下
  • ・多重債務者
  • ・高齢者
  • ・申込用紙に偽りがある

など、主に上記で挙げた人たちは車のリース契約が難しいと判断される可能性があります。

ただし、リース会社もいろいろあるので、最初から諦めてしまうのではなくいくつかのリース会社に相談して審査が通りやすいところを探してみるのも1つの方法です。

リース契約で知っておきたい情報

リース契約情報

次にリースの申し込みをする前に知っておきたい情報を3つほど紹介したいと思います。

この項目では、審査が通りにくいと自分で思っている方に向けた情報となっていますので、「絶対に審査に通る自信がある」という方はスルーしてください。

以下、3つの疑問について調べた内容をまとめています。

・審査がゆるいリース会社はあるのか?
・審査不要なリース会社は存在するのか?
・審査に落ちたらどうする?

車を安く乗りたい方必見!個人におすすめのリース会社を教えます!
本記事ではリース契約のメリット・デメリットを紹介しつつ、おすすめのリース会社を厳選してご紹介!個人で車を所有する場合には購入とリースのどちらが良いのか?車のリースの検討材料となる情報をまとめています。
車のリースには注意が必要!?月々1万円に隠された秘密を暴露!
本記事では、ネットでも見かける「月々1万円」のリース契約の真相に迫り、実際に1万円で乗れるのかを調べてみました。車のリース契約は月々のコストを抑えられる便利なサービスですがその実態を調査してお伝えします。

審査がゆるいリース会社は?

審査がゆるいリース会社

結論から申しますと、審査が特別ゆるいリース会社はありません。

というよりも実際に数あるリース会社すべてを対象にして審査に出す事はちょっと難しいので比較ができません。。。

ただ1つ言える事は、普通に車を購入するよりもリース契約の方が審査基準はゆるいと言えます。

普通の車が200万円の購入価格だった場合、リースではその内の何割かを残価設定して残った金額に対してローンを組むことができます。

つまり、購入とリースではローンの審査対象となる金額が異なる為、絶対にゆるいとまでは言えませんが通りやすいという事は言えます

PR

審査不要なリース会社はある?

私が個人で調べてみた限りだと、全国で数店舗ほど審査不要なリース会社やローンに関しても自社ローンという事で審査がゆるいと思えるような販売店がいくつかあったので、大手のディーラーではなく個人経営のような中古車販売店を狙ってみるのもアリかもしれません。

って事で、独自で調べた審査不要?のリース会社や自社ローンをアピールしているリース会社をピックアップしてみましたので以下ご参照ください。

有限会社オートチャンプ 公式HP 茨城県つくば市花室983-1 シマムラビル1F
有限会社 CONER 公式HP 兵庫県西宮市津門飯田町4-19
カーライフグループ株式会社 公式HP 福岡県糟屋郡粕屋町大字戸原789番地4
レンタルリースのチューレン汰 公式HP 長野、新潟、石川、群馬に加盟店があり
オートサービスイタコ株式会社 公式HP 茨城県潮来市辻313

※あくまでも個人的にピックアップした情報なので、リースに関する詳しい詳細は各公式サイトからご確認ください。

審査に落ちたらどうする?

審査に落ちたら

もし仮にリースの申し込みで審査に落ちてしまったら、、、

そんな時は以下の方法を試して改めて審査に出してみるのも1つの方法です。

・車のローン価格を下げてみる
・他のリース会社を試してみる
・連帯保証人を探して再審査
・ローンの低い車種を選ぶ

など、あくまでも参考の1つにしかなりませんが、こういった方法を試してみる価値はあると思うので検討材料として頭に入れておきましょう。

中古車リースの特徴や相場まとめ。維持費を安く済ませたい方は必見!
車を手に入れる場合、購入とリース契約で2つの方法があります。今回はリース契約の中でも中古車をリースするメリットがどこにあるのか?またデメリットは何か?など、車を安く乗り出したい方に必要な情報をまとめてみました。
車のリースってどうなの?メリット・デメリットを徹底的にまとめてみた
車をリース契約する際のメリット・デメリットについてまとめています。安く乗れるメリットがある反面、実際にはどんなデメリットが考えられるのか?契約後に後悔しないためにも、リース契約の注意点をお伝えしたいと思います。

車のリース契約を通りやすくするコツ

車のリース契約 コツ

以上の事を踏まえ、車のリース契約を通りやすくしたりうまく掻い潜るコツをまとめてみました。

絶対に通るとは保証できませんが、少なくとも不安な気持ちを抱えたまま審査に出すよりは落ち着いた状態で審査に挑めると思うので、こちらでまとめている情報を参考にしてリースに申し込んでみてくださいね。

  • ・ブラックリストの有無を確認しておく
  • ・無理のないローン価格に設定する
  • ・信用情報機関で残債情報の確認をしておく
  • ・連帯保証人を探しておく
  • ・頭金を少しは貯めてからローンを組む
  • ・自社ローンのリース会社を選ぶ

ってな感じで、簡単に言えばローンの審査が通りやすくするための下準備をしっかりと行ってくださいという事です。

これらをすべて確認して対処しておけば今よりは確実に審査が通りやすくなると思いますよ♪

【まとめ】リース契約時は万全を期して挑もう!

リース契約 準備

以上が車のリース契約における審査の注意点や事前に知っておきたい情報となります。

「すでに知ってるよ!」
「なるほど、初めて知った!」

など、いろんな意見があるとは思いますが、ローンの審査に絶対という事はありませんので、通ると思っている方も通らないと思っている方もまずは自分のできる限りの対策をしてからローンの審査に挑むようにしましょう。

1回審査に落ちてしまうと他のローン会社やリース会社からの印象も悪くなってしまうので、一発で審査に受かるように手続きを進めていくのが最善策だという事を覚えておいてください。

ここまで読んでもイマイチ理解できないという方に関しては、リース会社の窓口で相談してみる事をおすすめします♪

PR

コメントを残す

*