新車と中古車はどっちが得?新車と中古車の良い所と悪い所まとめ

新車中古車どっちが得?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車を購入しよう!となったとき、購入前に誰しもが一度は思ったことがあること。

『新車と中古車、どっちが得??』

というわけで、今回は新車と中古車では購入するならどっちが得なのか?価格やその他の面から良いところと悪いところをまとめてみようと思います。


PR

新車・中古車どっちが得?新車購入の良いところ

新車中古車どっち

新車と中古車がどっちが得なのかを知るためには、それぞれの良いところと悪いところを知っておく必要があります。

まずは新車購入のメリットから紹介しましょう。

自分の望み通りの車が手に入る

望み通りの新車

車種、色はもちろんオプションの組み合わせが自由に選べることは間違いなく新車の良いところです。

中古車でも後から好みで付けられる部品はたくさんありますが、新車と比べるとそのカスタマイズ性にはやはり限界があります。

内装やシートなども新車なら自由自在ですからね!


最新技術を満喫できる

最新技術

当たり前の話ですが、新車は車自体も新しいだけでなく、オプションも新しいワケです。

最先端技術の自動運転機能付きだったり、最新のカーナビやドライブレコーダーを積むこともできますし、音質のいいオーディオや掃除がラクチンなフロアマットなど、最新のオプションはどれも魅力的なモノばかりです。

オプションの組み合わせが自由なだけでなく付けるオプション自体が最新であることも新車の良いところです。

購入費用以外の部分は安くできる部分が多い

税金は安い

最近の新車は、排ガス規制への適合もあり、純粋に燃費技術が向上していることなどから税金の面で優遇されますし、ガソリン代などの費用も抑えることができます。

例えば、エコカー減税やグリーン化税制といったものがあります。

修理費やメンテナンス費用なども新車なら保証が付いていることも相まって購入してから数年はほとんどかかりません。


車は中古or新車どっちをお得に買うべきなのか徹底比較してみた
車を購入する時には新車と中古車のどっちがお得か?それぞれのメリット・デメリットをまとめています。また、新車でもなく中古でもない中古車に関する情報もご紹介!比較した結果、自分にはどの購入方法が合っているのか判断しよう。
車を乗り換えたら支払った税金は戻る?自動車税の気になる疑問まとめ
本記事では、車を乗り換えた時や廃車にした場合の税金の還付金に関する情報をご紹介。下取りや買取でも先払いした税金は戻るのか?自動車税に関する気になる疑問をまとめていますので、乗り換えを検討している方は必見です!

新車購入の悪いところ

新車悪いところ

新車購入におけるデメリットも確認してみましょう。

良いことのほうが多い新車ですがデメリットはやはりお値段…?

車体価格が高い

価格が高い

新車を購入するにあたってはどちらかというと良いことのほうが多く、デメリットは少ないですが、唯一目立って新車の悪いところといえば車体価格が高くなることでしょう。

しかし、上記で紹介したように車体価格以外の部分で安く上がる部分も多く、新車で購入した車を手放すときにはリセールバリューも中古車と比べて高くなるはずではあります。


新車は乗れるようになるまで時間がかかる場合がある

お高い価格の支払いを済ませたらすぐに新車に乗れるのかというと実はそうではありません。

最近の新車は人気の高い量産型モデルを除くと、受注生産になっているのです。受注生産の場合は出来上がるのにただでさえ時間がかかりますが、注文の殺到している人気車の場合は納車されるまでに1年かかることもあったりします。


新車・中古車どっちが得?中古車購入の良いところ

中古車良いところ

では次は中古車の良いところを見ていきましょう。

新車と比較して真反対になっている要素も多いですが、実は中古車にもいっぱい良いところがあります。

購入費用を圧倒的に抑えられる

費用を抑える

なぜ中古車を買うの?と聞かれたら真っ先に新車よりも安いからと答える人が大半だと思います。

カッコイイ車に乗りたいという目的以外に、ただ単に自転車やバイクよりも早く移動したい場合なら特に購入費用が安く済むのはこの上ないメリットです。

ローンを組むにしても審査が通りやすいなど価格面でのメリットは中古車の良いところの大半を占めているところでしょう。

掘り出し物が見つかるかもしれない!

掘り出し物

中古車の価格は、車の古さ、走行距離などの他に、市場の需要に大きく左右されます。

なので、性能は全然劣化していないし傷もなく状態は良いけど、あまり人気でないために安くなっているという車が見つかる事もあります。

価格対効果、いわゆるコスパが圧倒的に良い掘り出し物というやつです。

人気はなくても車を買う人自身がその車を気に入る可能性はありますしそんな車が格安価格で買えるというのは中古車にしかないメリットです。

実は選択肢が広い中古車

新車は車を買おうと思ったタイミングの時に新しく生産されている車種しか購入できません。

しかし中古車なら今までに発売されてきた車の中から購入車両を選べるので、車種自体は新車に比べて中古車の方がはるかに多いんです。

街で見かけたあの車に乗ってみたい!と思ったとき、その車を新車で購入しようとしても、もう作ってない車なので買えませんってことは少なくありません。


【重要】車を乗り換える時に必要な車庫証明の申請方法と手続きの流れ
車を乗り換えた時の車庫証明の申請方法や申請に必要な書類、手続きの流れ、かかる費用などについてまとめています。新車にしろ中古車にしろ車庫証明がないと話が進まないので、スムーズに納車してもらうためにも把握しておこう。
車乗り換え時の様々な手続きについて。保険の見直しも忘れずに!
車の乗り換え、廃車、買取、譲渡などを行う際に必要な手続きや必要な書類についてまとめています。その他にも乗り換え時の保険の見直しやおすすめの自動車保険会社もピックアップしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

中古車購入の悪いところ

中古車悪いところ
PR

中古車の悪いところはなんでしょうか?

どうやら中古車は、新車の購入に比べると賢く購入する必要があると言えそうですね。

それなりに知識が必要

知識が必要

車の状態を見極める知識がないままに中古車を購入するのは若干の危険があります。騙される可能性も0ではないからです。

走行距離メーターが改ざんされていたり、一度水没したことがある車だったとしても、慣れた人でないとパッと見では見分けがつきません

また、どんな中古車を選べばお得なのかを判断できる相場観や知識がないと良い中古車なのか買わない方がいい中古車なのかもやはり分かりにくいところです。

希望がすべて満たされる中古車はなかなかない

これとこれは絶対ついててほしい!と思っているオプションがある場合、中古車の中からその条件に合うものを探すと色や車種が限られてくることになります。

車種や色、オプションなど選びたい、拘りたい部分が多い場合、全ての希望が揃った車にはめったに出会えるものではありません。


リセールバリュー(再販価格)が安くなりやすい

激安で買いたたかれる

車を手放す場合に気にする必要が出てくるリセールバリュー。もともと古い中古車は自分が乗っている間に更に古くなっていくのが当たり前です。

売却時の価格はどんどん安くなっていくと考えておかなければいけません。

とはいえ実は、リセールバリューが安いからと言って損と考えるのは早計なのですが…


新車と中古車、リセールバリューはどっちが得?

車の価格を考えるときには是非とも一緒に考えておきたいのがリセールバリュー、再販価格です。

車って、1台購入したらその車が壊れるまで乗り潰す人も居ますが、ある程度乗ったら手放す人も多いかと思います。

車を手放す場合、何年間で幾ら払ってその車に乗ったのかという計算をすると分かりますが、新車、中古車どっちが得と一概に言えないものなのです。

例1)200万円の新車に3年間乗って80万円で売却する場合
120万円で3年間その車に乗ったことになります。年間40万円
例2)100万円の中古車に3年間乗って10万円で売却する場合
90万円で3年間その車に乗ったことになります。年間30万円

新車は新しいうちに売ればまとまった金額のお金が手元に戻ってくるのは言うまでもありません。

しかし、売値が極端に安くなってしまってもそこまで損という訳ではないのが中古車だったりします。

こうやって比べると新車と中古車どっちが得とは言えなさそうな感じですよね…?

車の乗り換えを考える5つのタイミング。圧倒的に多いのは車検の時?
車を乗り換えるタイミングや乗り換え時の車検にかかる費用などについてご紹介。車検を通す派と乗り換える派の意見を参考にして、乗り換えのメリット・デメリットなどについてもまとめていますので検討している方はぜひご参照ください。
軽自動車の維持費は普通車と比較して月々どれ位になるのかを調査!
「軽自動車の方が燃費も良いし、維持費も安いって聞くけど本当なの?」そんな疑問にお答えします!軽自動車と普通車の月々にかかる維持費を比較してみました。自動車の購入を検討している方はもちろん、維持費を見直したい方は必見!

新車と中古車どっちが得?まとめ

新車と中古車はどっちが得かとなると、どちらにもメリットやデメリットがあって一概には言い切れませんが、購入費用さえ余裕があるなら新車の方が得になることが多そうですね。

しかし状態が良い車なのかどうかを見極め、根気よく掘り出し物を探せば中古車にも新車以上にお得感を得られるモノがあります。

経済状況や車の知識によってもどっちが得なのか変わってきたりしますので新車と中古車両方の良いところと悪いところをよく理解しておくことが大切です。

PR

コメントを残す

*