【重要】車を乗り換える時に必要な車庫証明の申請方法と手続きの流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

車の乗り換え時に気になる事の1つが車庫証明についてです。

「そもそも乗り換え時に車庫証明の申請は必要なのか?」
「乗り換えるだけなら車庫証明は再度申請しなくてもいいのでは?」

と、疑問を抱いている方も少なからずいるはず。。。

そんなわけで今回は、車を乗り換えた時の車庫証明の申請や手続きに関する情報をお届けしたいと思いますので、知りたい方はぜひご参照ください!

PR

車の乗り換えと車庫証明の気になる疑問

車の乗り換えと車庫証明

という事で、まずは車の乗り換えと車庫証明に関して皆さんが気になっているであろう疑問をピックアップしてまとめてみました。

こちらの項目を参照頂ければ車庫証明に関する疑問は概ね解消されると思うので、自分の気になる項目をチェックしておこう!

車を乗り換えた時の保険切り替えのタイミングや注意点について
車を乗り換える際に注意しておきたい保険切り替えのタイミングや新しい保険会社に変更する際の注意事項をご紹介。車両入替を忘れると事故を起こした場合にデメリットしかありませんので、十分に気を付けて保険プランを組み立てよう!
確認必須!車を乗り換えた時の自賠責保険や任意保険の変更について
本記事では、車を初めて乗り換える方の為に自賠責保険や任意保険について知っておいたほうが良い情報をまとめています。自賠責保険の重要性や乗り換え・買い替え時の車両入替に関する内容も紹介していますので、ぜひご覧ください。

そもそも車庫証明とは?

車庫証明とは、簡単に言えば“車を駐車するスペースを確保できているかどうか”の確認書類の事を言います。

正式には「自動車保管場所証明書」と呼ばれていますが、この証明がないと新しく車を購入する際にも手続きを進める事ができません。

なので、車庫証明は車を乗る上では絶対に欠かせない書類の1つとなります。

乗り換えの時は再申請が必要?

再申請

基本的には必要です。

結局のところ、新しく乗り換えた車がどこに駐車されているかを証明する必要があるので、乗り換える前の車で申請したとしても特に関係なく、新しい車でも改めて車庫証明の申請手続きを行ってください。

ただし、駐車スペースが1台分の場合には過去の車の車庫証明が登録されたままの状態なので一度登録情報を抹消してから再申請を行わなければなりません

戸建てで駐車スペースが数台分確保できているのであれば問題ありませんが、駐車スペースが1台分しかない場合には「過去の申請を抹消→新しい車で申請」という手順となる事を覚えておきましょう。

軽自動車でも申請するの?

意外とご存知ない方も多いと思いますが、軽自動車に関しては一部の地域では車庫証明を申請する必要がありません!

つまり、車を購入して納車が完了すればそのまま乗り出せるという事です。

これに関してはお住いの地域によって異なり、各都道府県で決まっているわけでもなく市町村レベルで決められているので、警察署のホームページやお近くの管轄所で確認するようにしましょう。

車庫証明の申請に関して条件はある?

申請条件

・自宅から2km圏内であること
・駐車するスペースとして認められるか

大まかに言えばこの2点が車庫証明を取得する条件と言えます。

まぁ当たり前のことですが、あくまでも自分の保有する車なので近所に駐車するスペースを確保するのが一般的ですし、駐車するスペースを確保していないと車を保管できないのである程度の広さが必要となります。

申請後は近くの警察署の担当者が確認しに来るので、その際に駐車するスペースが確保できている事が確認されれば申請はスムーズに通ります。

引っ越しの時はどうなるの?

本来ならば引っ越し先の新しい住所に変更する必要があります。というよりも、法律上では15日以内に変更しなければなりません!

がしかし、実際には変更しなかったとしても警察が調べに来ることはほとんどありませんし、変更しなかったことを調べるシステムなども特に用意されていないので基本的にバレる可能性は非常に低いです。

むしろ、引っ越し後に変更手続きを行っている人はごくわずかだと思います。

もちろん「引っ越し後の手続きはやらなくていい」とは断言できませんし本当はやるべき手続きなのですが、世間一般的な認知度が低いという事もあるので誤魔化しはいくらでもできてしまうといった現状があると言えるでしょう。

車を売ったら何か手続きが必要?

手続き

車を売却した場合にも基本的には手続きが必要です。

手続きを行っておかないと、改めて車を購入した時に車庫証明が取得できないので先の事を考えて手続きを行う事をおすすめします。

売却してナンバーを一時的に返却する場合には「一時抹消登録証明書」が交付されるので、その証明書を警察署にもっていって手続きを行えばOKです!

車乗り換え時の様々な手続きについて。保険の見直しも忘れずに!
車の乗り換え、廃車、買取、譲渡などを行う際に必要な手続きや必要な書類についてまとめています。その他にも乗り換え時の保険の見直しやおすすめの自動車保険会社もピックアップしていますので、ぜひ参考にしてみてください。
車の損得を検証!売却して乗り換える?乗り潰して新車を買う?
本記事では、車を乗り換えた場合と車を乗り潰した場合の損得に関する情報をまとめています。車検・年間コスト・下取り・維持費などいろんな要素を踏まえてどちらがお得なのか?車の購入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

賃貸物件でも申請可能?

賃貸物件の駐車場でも車庫証明を取得する事は可能です。

ただし、その駐車場の所有者が不動産もしくはオーナーさんになっているので、事前に連絡して許可を得る必要があります。

場合によっては不動産やオーナーさんの署名などが必要な場合もあるので注意しておきましょう!

とは言え、賃貸物件の場合には基本的に不動産が対応してくれる事も多いので、まずは物件を借りた不動産屋さんに相談する事をおすすめします。

PR

車庫証明を申請する方法

申請する方法

車庫証明を取得する方法は以下の2つ。

  • ・自分で警察署に届け出る
  • ・車の販売店に依頼する

結論から言えばどちらでもOKです。

販売店に依頼する場合には手数料などが発生する事もあるので、コストを少しでも抑えたいのであれば自分で申請するのも1つの選択肢です。

販売店によっては「それくらいの手数料はサービスしますよ」と優しく対応してくれる事もあるので、とりあえずは販売店の担当者に相談してから無難な方法を選ぶのが良いかと思います。

車庫証明に必要な書類と費用について

必要な書類と費用

乗り換え時の車庫証明の取得には、いくつかの必要書類と費用がかかります。

自分で申請する場合には書類不備を避けるためにも事前に用意するものを確認しておくことが大切なので、しっかりと確認しておきましょう。

著者である私も、書類不備で再度申請に行ったことがありますが時間も労力も無駄なので、1発で申請できるように準備する事が大切です。

申請時に用意するもの

車庫証明の申請には以下の書類が必要となります。

  • ・保管場所使用承諾証明書
  • ・保管場所標章交付申請書
  • ・自動車保管場所証明申請書
  • ・所在図及び配置図

これらの書類に関しては警察署のホームページからダウンロードしたり、車の販売店でもらえる場合もあるので事前に確認しておく事。

記入漏れがあると面倒なので、不備のないように販売店さんに相談するなどして提出するようにしましょう。

車の乗り換えを考える5つのタイミング。圧倒的に多いのは車検の時?
車を乗り換えるタイミングや乗り換え時の車検にかかる費用などについてご紹介。車検を通す派と乗り換える派の意見を参考にして、乗り換えのメリット・デメリットなどについてもまとめていますので検討している方はぜひご参照ください。
車の乗り換えはやっぱり寂しい…。そんな時みんなはどうしてるの?
大切に乗っていた愛車を乗り換える際の寂しい気持ちはどうやったら緩和されるのか?このページでは、車の買い替えなどで大事にしていた愛車を手放す際の悲壮感を紛らわす方法や車を買取に出す際の業者選びのポイントなどをご紹介。

申請時にかかる費用

申請にかかる費用に関しては、各都道府県によって異なります。

だいたいは、

【軽自動車】500円~610円
【普通車】2,500円~2,830円

これくらいの金額で申請手続きが行えるので、警察署に申請に行く際には余裕をもって4,000円くらいは持っていくようにしましょう。

必要最低限の費用だけを持っていく場合には事前に管轄の警察署に確認してください。

要注意!車庫証明の申請が通らないケース

車庫証明の申請が通らない

基本的に車乗り換え時における車庫証明が通らない事は考えいにくいですが、以下のようなケースでは通らない可能性も考えられます。

・車のサイズと駐車サイズが見合っていない
・購入する車で駐車場まで行くことが難しいと判断される
・過去に別の車が同じ駐車場で申請されたままの状態

など、こういったケースでは車庫証明が通らない事も考えられるので、車を購入する際には早めに車庫証明の許可が下りるかどうかを確認しておくことが大切です。

いざ申請しようと思ったら「車庫証明が全然通らない」という事にもなりかねませんので要注意です!

【まとめ】乗り換え時の車庫証明は業者に任せるのが無難

業者に任せる

以上が車を乗り換える際や新車を購入する際の車庫証明における申請方法と手続きの流れです。

車庫証明に関しては自分で申請する事もできますが、ほとんどの方は車の販売店に依頼するかと思いますので、手間暇を考えてお金を支払ってその道のプロに任せてしまうのも1つの方法です。

ぶっちゃけ何回も警察署に行くのも面倒ですし、不備があれば必要以上に警察署に行かなければならないので、自分の工数と販売店に支払う手数料を比較して検討してみる事をおすすめします。

また、高級車などの販売店では手数料をとらずに車庫証明の申請代行まで行ってくれる事もありますし、一般的な中古車販売店でもサービスで対応してくれるケースもあるので、まずは販売店の方に相談してみると良いでしょう!

PR

コメントを残す

*