カーリースはデメリットだらけでメリットなんて存在しないって本当?

カーリースはデメリットだらけ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カーリースは手ごろな月額払いで新車を使えるので、昨今人気が集まっています。

車検や自動車税なども一括してくれることから面倒が少なく、最終的には自分の車にすることもでき良いことばかりです。

ですが、そこには隠されたデメリットがあり知っておかないと損することがたくさんあります。

カーリース契約をする場合に損しないためにも、知っておいた方がいいデメリットをご紹介してきます。

PR

なぜカーリースは損をする?その仕組みを解説

なぜカーリースは損をする?

カーリースは3年や5年といった期間を設定し、車を貸し出すサービスです。

月々の支払金額は「車体自体の価格」から「契約期間後の下取り見込み価格」を差し引いた額(プラス車検やメンテナンス費)を契約の総月数で割ります。

一見普通のように思えますが、カーリースのデメリットはこの「下取り見込み価格」の設定にあります!

リース代の計算の仕方

リース代の計算方法

カーリース側の契約金額の決定の仕方を具体的にご説明します。

例えば、車体価格200万円の車を5年借りる契約をしたとして、契約終了後の車の下取り見込み価格が80万円とされた場合、200万円-80万円=120万円となり、契約の総月数60カ月(5年間)で割ると月々2万円となります(本来はここから車検とメンテナンス費等が加算されます)。

ここからわかる通り、下取りの見込み価格が高ければ高いほど、月々に支払う金額を抑えることができます。

下取り見込み価格が最低ランクの価格を設定されてしまう!

カーリースの買取査定額は安く見積もられる

契約期間後の「見込み下取り価格」は、高ければ高いほど月々料金は少なくてすみますが、カーリース業者の下取り価格は、普通に自分で中古屋に売ったときより辛いものになるというデメリットがあります。

カーリース業者の下取り価格は一般相場と比べて安値で設定されており、その分月々の支払額が高くなるので損するように設定されています。

これはカーリース業者側に悪意があるわけではなく、貸した相手がきちんと綺麗に乗ってくれるという保証がないため、リスクを見積もると見込み下取り価格は渋くなってしまうからなのです。

実際の下取り価格が見込み価格より下回った場合追加請求される

買取額が下回れば追加請求される

カーリース業者側の見込み下取り価格は低めに設定しているにも関わらず、実際の買取価格がそれより下回った場合、差額分は請求されます。

見込みの買取価格は確定ではなく、カーリース業者側が損する場合はあなたが補填しなければいけないということを意味しています。

逆に買取価格が見込み価格より高くなった場合返金が発生するわけではありません。

カーリース業者側は、下回る場合その分を請求し、上回る場合は自分たちは得したというだけで、借りた側にはデメリットしかありません。

中古車の値引き相場はどれくらい?値引き交渉時にやっていい事と悪い事
中古車を購入する時、値下げ交渉は可能なのでしょうか?仮に値下げ交渉ができたとして、相場はどのくらいになるのか気になりますよね?そこで、中古車の値引き交渉術と値引き相場を調べてみました!中古車購入を検討している方は必見!
車の「下取り」と「買い取り」の違いとは?大きな差ってあるの?
車の下取りと買い取りは意味に違いがあるの?と疑問に思った人はいませんか?実は下取りと買い取りは、意味が全然違います!さらに下取りと買い取りには差があるのを知ってました?今回は「下取り」と「買い取り」のあれこれまとめです。

自由な距離を走っていいわけではない!

自由な距離走っていいわけではない

カーリースの契約時に年間走行距離を申告し、その走行距離内でしか車を使用してはいけません。

車は使用すればするほど損傷していくので、下取り時の価格に影響します。

カーリース業者は下取り価格の価値が下回らないようにするため、走行距離を厳密に決めておきます。

使用しなければしないほど査定額も上がるので、年間走行距離が少ない人は比較的安くリースできます。

走行距離をオーバーした場合は違約金が発生

走行距離がオーバーした場合、違約金発生

年間走行距離を超えてしまった場合、契約違反として違約金が発生するというデメリットがあります。

カーリースの契約は「一定期間内に一定距離しか使わない人」限定であり、たまに遠出したり急な移動で使用するのには向いていないということです。

月々のリース代を安く宣伝しているところは、予定走行距離を短くしたパターンで価格設定してあるので注意しましょう。

カーリースの車は契約満了時まで慎重に使う必要がある

契約期間を満了しないと違約金が発生する

カーリース業者側にとって、貸し出す車に傷やへこみ、汚れやトラブルは絶対あってほしくはありません。

カーリース業者の心理として、買取金額は高ければ高いに超したことはないからです。

そのため、カーリース契約する際は車種に何かしたのトラブルや欠陥を残さないよう約束させます。

また、契約を途中で契約を解除されないように違約金制度を取っています。

車体になにかしらの欠陥があった場合は違約金発生

何かしらの欠陥があった場合、違約金発生

カーリース業者は将来の査定評価を高くするため、何かしらの傷やへこみ、汚れや故障が見つかった場合違約金が発生するように契約します。

もちろん車の装飾を勝手に変えたり、改造・タイヤの交換など自分でカスタムなどはできません。

万が一事故に遭遇し車が全損した場合、強制的に中途解約になり残りのリース代と買取見込み価格を支払わなければいけなくなります。

途中契約解除には違約金が発生

途中解約は違約金発生

今借りている車が手狭になってきたから、もっと新しくて広い車に変えよう。と思ってもカーリースの場合は不可能だというデメリットがあります。

カーリースには契約年数が厳密に決まっており、途中解約すると違約金が発生します。

また、途中解約した時点で違約金だけでなく残りの期間のリース代まで発生します。

そこには車検代や自動車税も含まれており、支払う必要がない金額まで請求されることを意味しています。

車体トラブルがあった場合、修理代は誰が払う?

修理代は誰ば払う?

カーリースの契約に「メンテナンス費」といものがあり、ばっちり請求されます。

ただし気を付けなければいけないのは、このメンテナンス費とは何を指しているのか?ということです。

例えば通常通り車を乗っていたら、ウィンカーが作動しなかったとします。

もちろん直さなければいけませんが、この場合の修理代はカーリース側か借りた側どちら持ちなのでしょうか?

メンテナンス費と言っても具体的に何を指すのかわからないカーリース業者も存在するデメリットがあります。

軽自動車の買い替え時期はいつ?一般的な軽の寿命や走行距離とは?
消費税の増税をきっかけに、軽自動車の買い替え時期として検討している方も多いのではないでしょうか?「軽自動車の寿命はいつ?」「走行距離の限界は?」そんな疑問を解決!自動車のベストな買い替え時期を紹介します!
増税前の車の買い替えタイミングはいつがベスト?増税後だと損する?
2019年10月に増税が予定されています。車を買い替える時期として増税前と増税後であればどちらが賢いタイミングなのでしょうか?いつがベストの時期なのでしょうか?ディーラー側の心理を突いた賢い買い替え方法をご紹介します。

PR

カーリースは金利を余分に多く支払う契約である

カーリースは金利を余分に支払わなければいけない

カーリースは契約時にまとめた契約を分割払いするという形式を取っています。

内訳としては「新車の本体価格+車検代+メンテナンス代+自動車税」となり、これらを月々のリースとして支払う仕組みになっています。

カーリースはこのまとまった契約のために、金利を余分に支払う契約になっています。

金利で損する「車検代・メンテナンス代・自動車税」の存在

カーリース契約をする場合、車検代やメンテンナンス代、自動車税の金額もまとめて分割されるため、これらにも金利が着きます。

本来着くはずでなかった金利が、カーリース契約にすると着いてしまうというデメリットが存在します。

これはつまり、カーリースの契約年数が長ければ長いほど金利分損することを意味しています。

カーリースの広告「月々〇万円!」に騙されない!

カーリースの広告に騙されない!

カーリースの特徴として、月々支払う料金が安くすむということがあります。

手軽な価格で新車に乗れるという点で、新車へのハードルが低くなったと思われがちですが、そこにはデメリットも隠されています。

月々料金に隠されたデメリットをご紹介します。

ボーナス払いが試算に含まれている

ボーナス払いが含まれている

見込み買取価格から車体価格を引いた場合、月々数千円数万円では設定価格に到達しません。

その分得しているように錯覚しますが、ボーナスの支払いも含まれている場合があります。

この場合、月々の支払に加え年2回のボーナスも追加で支払うということが試算に含まれており、広告ではそこは大きく謳っていません。

あたかも手ごろな価格で新車を借りられそうですが、そんな甘い話ではありません。

買取金額が下回れば差額分は請求されてしまう

買取金額の差額は支払わなければいけない

月々の支払金額が安いということは、下取り見込み金額の設定が高くなっている場合があります。

月々の金額が安いからと言って、期間満了時に下取り見込み価格が実際の下取り価格を下回ればその差額分は請求されてしまいます。

借りる側が差額分得することは無いようにできており、デメリットしかありません。

人気のコンパクトカーは外車?中古?維持費や燃費をまとめてみた
コンパクトカーの維持費や燃費、基本情報を含め、人気の車種をまとめてご紹介。コンパクトカーの簡単な定義や、コスパも良くて色や車種も数多く販売されている人気のコンパクトカーの厳選、その他コンパクトカー情報をお届けします。
車査定のポイントはどこ?高く売る為のコツとチェックすべき場所とは
愛車を売却する時に一番気になるのは「どれだけ高く買い取ってもらえるか」ですよね?売却の時期や営業マンとのやり取りで査定額は数万~数十万変わる事も!損しない車査定のポイントと高く売るコツ、チェックする場所を調べました!

カーリース契約はデメリットまとめ

カーリースすることのデメリットを何個かご紹介しました。

カーリース契約は余分な請求や自由に使えない、違約金のリスクといったデメリットはありますが、条件次第では賢く使える場合もあります。

車検や自動車税も一括されるので、細かい作業や面倒ごとが少ないのはカーリースのメリットの1つです。

自分のライフスタイルに適した車選びが必要であり、賢いカーライフが送れるようにしましょう。

PR

コメントを残す

*