スマホ決済アプリを徹底比較!各スマホ決済の特徴やメリットまとめ

スマホ決済アプリ徹底比較
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマホ決済アプリが軒並み開発・発表されている昨今、どのアプリが自分にとって最適なのでしょうか?

それぞれの決済アプリの特徴や使い勝手・メリットはどうなのでしょうか?

たくさんのスマホ決済アプリが開発されているからこそ、自分にあったサービスはどれなのか?比較・検討を織り交ぜた上でご紹介していきます。

PR

目次からササッとチェック

スマホ決済アプリとは?

スマホ決済アプリとは?

スマホ決済アプリと一言で言っても、各社それぞれ特徴や決済のやり方・支払いのタイミングが異なります。

銀行口座と紐づけるものもあれば、クレジットカードと紐づけるもの、コンビニ決済が選択できるものなど様々です。

スマホ決済アプリが軒並み生まれる昨今、どのスマホアプリが一番最適なのか比較検討していきたいと思います。

ローソンのPayPay(ペイペイ)対応はいつから?チャージ方法は?
今回は「いつからローソンでPayPay(ペイペイ)での買い物ができるのか?」「PayPay(ペイペイ)のチャージ方法は?」等の疑問に答えます。PayPay(ペイペイ)で買い物が出来たらどう便利なのかも紹介します。
軽自動車の買い替え時期はいつ?一般的な軽の寿命や走行距離とは?
消費税の増税をきっかけに、軽自動車の買い替え時期として検討している方も多いのではないでしょうか?「軽自動車の寿命はいつ?」「走行距離の限界は?」そんな疑問を解決!自動車のベストな買い替え時期を紹介します!

スマホ決済アプリのメリットは?

スマホ決済アプリのメリットは?

スマホ決済アプリは現金払いやクレジットカード払いと比較してどういったメリットがあるのでしょうか?

まだまだスマホ決済アプリを使用したことがない人からすると、あまりピンと来ないのではないでしょうか。

スマホ決済アプリがなぜここまで流行るのか?その魅力をご紹介します。

スマホ決済アプリの方が手数料が安かったり特典が付きやすい

特典が付きやすい

「現金やクレジットカードで購入したほうが、手数料がないからいいじゃないか。」という意見がありましたが、現在のスマホ決済アプリのほとんどが入金手数料無料でサービスを利用できます。

買い物時に余分な手数料が発生することなく、安心してスマホ決済アプリサービスを利用することができます。

また、サービス導入キャンペーンとしてキャッシュバックやポイント還元、プレゼントなどの特典が比較的多くあるのも特徴の一つで、現金やクレジットカードで支払うよりお得になるケースもあります。

いつでも自由にチャージすることができる

いつでも自由にチャージできる

スマホ決済アプリは、スマホさえあればいつでもどこでもチャージできるのが特徴です。

チャージ時に手数料が発生することがなく、チャージ分の金額を銀行口座へ戻すことも可能です。

また、スマホ決済アプリサービスの大きな特徴として、友達にもチャージすることができます。

友達にチャージすることで、電子上でお金のやり取りをスムーズに行うことができます。

現金を持つ煩わしさから解放される

現金を持つことからの解放

スマホ決済アプリの最大の特徴にして最大のメリットは、現金を持つ煩わしさから解放されることです。

現金が電子上にあることから、小銭や大金を持ち運ばなくてもよく、支払い時の動作も格段に楽になります。

お釣りを用意する煩わしさ、お釣りを貰う煩わしさもなく、細かい小銭のやり取りもなくなります。

導入店側も小銭をたくさん用意する必要がなく、スムーズに処理が済むメリットがあります。

セキュリティーをスマホに託すことができる

セキュリティーをスマホに託すことができる

スマホ決済アプリはスマートフォンで扱うため、個人情報が漏れたり現金を盗まれるといったリスクを回避できるメリットがあります。

クレジットカードの場合、スキミング犯罪や番号がバレてしまうと使用できてしまいます。

スマホのセキュリティーを高めておけば、不正利用のリスクは大幅に減らすことができ、例えスマホが盗まれてもロックが解除できない限り使用できません。

スマホ決済アプリは導入店にとって手数料が安い

導入手数料が安い

導入するお店にとっても、スマホ決済アプリのサービスは比較的手数料が安いので導入しやすいメリットがあります。

運営会社がアプリ利用を進めるため、手数料を負担しています。

クレジットカードはカード会社へ手数料を支払う必要があるためカード自体使えないようにするお店もありますが、スマホ決済アプリは比較的安くすむため、導入に踏み込むお店が増えています。

スマホ決済アプリなら売り上げがすぐキャッシュ化できる

キャッシュ化が早い

スマホ決済の場合、お店側へ入ってくるキャッシュ化が比較的早いというメリットがあります。

キャッシュ化が早ければ早いほど店にとっては助かりますが、クレジットカードの場合は遅めです。

クレジットカードよりも売り上げの立ち方が早いので、スマホ決済アプリは店舗にとっても重宝されています。


スマホ決済アプリのデメリットは?

スマホ決済アプリのダメな所は?

スマホ決済アプリは現金やクレジットカードと比べたとき、比較的に便利でコストを抑えられるというメリットがあります。

今後スマホ決済のサービスは拡大・浸透していく可能性がありますが、現段階ではまだまだメジャーではありません。

スマホ決済アプリがメジャーになり切れていないのは、導入に対してハードルがあるからです。

スマホ決済アプリのデメリットとはどういったことなのでしょうか?

決済アプリが多すぎてどれを使えばいいかわからない

多すぎてどれを使えばいいかわからない

スマホ決済アプリは今後多く利用されることを見越して、多くの企業が独自にアプリ開発しています。

企業戦略の上では理解できますが、消費者からするとたくさんのアプリが開発されるとややこしく管理が煩わしくなってしまいます。

また、店によって使える使えないアプリがあるとなると、混乱してしまい億劫に感じることから、「いちいちダウンロードしてまで利用しなくてもいいか。」となってしまいます。。

スマホ自体のセキュリティーに不安がある

セキュリティーに不安がある

スマホ決済アプリは現金の盗難やクレジットカードのスキミングといったリスクからは解放されますが、スマホのセキュリティー自体のリスクに直面します。

スマホ情報やアプリ情報が抜かれた場合、決済の不正利用だけでなく個人情報の流出、売買が行われてしまう可能性があります。

昨今のハッキング対象もスマホがメインになっていることから、スマホと自分の資金を紐づけることにリスクを感じる人は少なくありません。

スマホ決済アプリは初期設定が面倒くさい

初期設定が面倒くさい

スマホ決済アプリを導入する場合は個人情報の提出が必須ですが、その登録が煩わしいがゆえににユーザーが離脱します。

決済アプリの特徴上、正確な個人情報入力が必要で、それがユーザーの導入障壁となっています。

氏名・電話番号などの個人情報だけでなく、クレジット情報などの細かい登録も必要なため、いちいち面倒だと感じるユーザーが一定数います。

今注目を集めているスマホ決済アプリ4選

今注目を集めているスマホ決済アプリ4選

現段階でデメリットがあるからと言って今後スマホ決済アプリの需要はどんどん高まっていくと予想されています。

導入規模が大きくなれば大きくなるほど便利になっていくサービスであり、将来性・潜在性が高いサービスであることから各社社運をかけて開発・リリースしています。

そんな中、現段階で利用者が多く将来的にはより強大化していくであろうスマホ決済アプリを4つ比較・検討していきます。

コミュニケーションツールと連動した『LINE Pay(ラインペイ)』

スマホ決済アプリの代表格と言えば『LINE Pay』です。

コミュニケーションサービス『LINE』サービスの延長線上に派存在し、スマホユーザーとの親和性が他の決済アプリと比較して高いことが特徴です。

LINEユーザーはLINEスタンプの購入などからスマホでの決済に対してフレンドリーであり、『LINE Payカード』の販売など、キャッシュチャージの導線が豊富に用意されていることが特徴です。

『LINE Pay』のメリットは?

LINEアカウントがあればすぐに導入できるので、登録が比較的楽なことが最大のメリットです。

日本で一番メジャーなコミュニケーションツールであることから、セキュリティーも国際最高レベルで維持しています。

チャージの方法も複数あり、導入店舗が多いことからスマホ決済アプリのメジャーを行くので安心・安全です。

また、LINEのポイントを引き継げるので効率よくポイントを貯蓄・管理できるのも特徴の一つです。

『割り勘機能』もあって、友達同士で安心してやり取りができるメリットもあります。

『LINE Pay』のデメリットは?

いちいちチャージしなければいけないこと、チャージの際にパスワードを入力しなければいけないので面倒です。

店によってはコードでの決済ができない店舗があります。

また、本人確認ができないと利用できないサービスがある点がデメリットとしてあります。

LINEのサービスに共通していることですが、何かあった場合に電話での問い合わせが不可能で、自力で解決しなければいけません。

予告なくサービスの利用制限をされる場合があるので、問い合わせをすぐにできないのは不安を覚えるかもしれません。

ネットの買い物と言えば『楽天ペイ』

ネット通販の代表格「楽天(Rakuetn)」から開発されたのが『楽天ペイ』です。

楽天ペイの特徴は、銀行口座の紐づけはできず、クレジットカードの登録が必要です。

つまりチャージ式ではなく、後払い引き落としサービスであるということです。

楽天のクレジットカードを使用している人には導入しやすいのが特徴です。

『楽天ペイ』のメリットは?

楽天ペイは楽天カードのクレジットを登録すれば、他のアプリと比較してポイントが貯めやすい(100円で1P)メリットがあります。

楽天会員であれば導入は1分以内に終了するので比較的簡単です。

クレジットカード登録・決済ができるので、クレジットカードを使ってスマホ決済したいユーザーにとっては便利であり、チャージ不足を心配する必要がありません。

『楽天ペイ』のデメリットは?

楽天に親和性がないユーザーにとっては導入へのハードルが高いです。

楽天のサービスやクレジットカードを利用しているユーザーには便利ですが、そうでないユーザーにとっては簡単に導入はできません。

クレジットを利用しているため、決済に手数料がかかってしまい導入店にとってデメリットです。

また、店舗ごとに一回当たりの支払い額に上限があり、上限を把握しておかなければ利用できないデメリットがあります。

元祖スマホ決済アプリ『Origami Pay(オリガミペイ)』

スマホ決済アプリの先駆けと言えば『Origami Pay』です。

個人情報のやり取りを店舗側とやり取りしないという特徴があります。

これはセキュリティのリスク回避を目的としており、国際基準の安全性を謳っているサービスです。

会員登録料・カード手数料は無料で利用できます。

『Origami Pay』のメリットは?

Origami Payは手数料や年会費が発生しない上に、Origami Payだけの割引なども比較的豊富であることから現金払いよりもお得に買い物できることがあります。

セキュリティーに対して国際基準の安全性を確保しており、ユーザーと店舗間での個人情報のやり取りを行わないため安心です。

QRコードの読み取りやバーコードでの決済なので、カード情報や口座情報を渡す心配もありません。

『Origami Pay』のデメリットは?

LINE Payや楽天ペイと比べ、一般ユーザーへの知名度や親しみが比較的低く導入への障壁が高いことです。

登録時も紐づいているサービスがないため、1から個人情報を入力していく必要があります。

知名度の問題より加盟店が少ないので、利用できない店舗が多いのもデメリットの1つです。

登録できるクレジットカードがVISAとMASTERcardの2種類のみなので、JCBやAMEXを登録したい場合は楽天ペイを利用するしかありません。

新星スマホ決済アプリ『Paypay(ペイペイ)』

スマホ決済アプリで話題性と共に頭角を現しているのが『Paypay』です。

ソフトバンクとYahoo!の共同出資で設立されたPaypay株式会社は、潤沢な資金力から最大全額還元キャンペーンを行って話題を呼びました。

比較的新しいスマホ決済サービスですが、早くも大手決済アプリと肩を並べるほどの影響力を持っています。

『Paypay』のメリットは?

大手企業「ソフトバンク」と「Yahoo!」から生まれたこのサービスは、資金の豊富さから大型還元キャンペーンに注目が集まっています。

導入する際の登録がとても簡単で、銀行口座から残高をチャージする仕組みを取っています。

話題性により加入店舗も順調に増えており、個人間送金も可能であることから後発のサービスであるにも関わらず順調に成長しているサービスです。

『Paypay』のデメリットは?

サービス開始からまだまだ日が経っていないことから、利用できる店舗はまだまだ少ないです。

ただし、知名度と注目度は抜群なので今後加盟店が増える見込みが多いサービスです。

2018年12月にPaypayは不正利用があると報告し、対策・セキュリティー強化を図ると発表しました。

急進のサービスであることから、セキュリティーの安心・安全を確保することが急務になっています。

細マッチョのモテ度は90%以上?筋トレをしてモテ男になるには
モテ男の体系ってやっぱり細マッチョよね~ってそんなこと百も承知だけど、意に反して細マッチョから遠ざかる俺のカラダ。デブボーイとガリガリボーイがモテ度急上昇するにはやっぱり筋トレしてカラダを鍛えることが必要なのかっ!?
クリアネオの効果がヤバ過ぎる?効かない口コミや解約方法を調べてみた
通販で大人気の制汗剤「クリアネオ」と「クリアネオパール」に関する情報をまとめています。ヤバ過ぎると噂の効果効能や、全然効かないという口コミ情報などの真相を探るべく徹底的に調査していますので、ぜひ参考にしてみてください。

PR

まだまだたくさんあるスマホ決済アプリ

まだまだある様々な決済アプリ

上記4サービスの他にもスマホで決済ができるサービスは複数開発されています。

大手IT企業なども参入しており、サービス自体を利用しているユーザーにとっては簡単・便利に使うことができます。

ここではその他のスマホ決済アプリをご紹介していきます。

Appleのスマホ決済『Apple Pay(アップルペイ)』

Appleが開発したアプリ『Apple Pay』は、iPhoneユーザーにとってはとても便利に利用することができます。

他のスマホ決済サービスとは違い、ICで決済が行われるので交通料金やiD表示の店舗でも利用することができます。

Appleの開発であるためセキュリティーが世界水準であり、安心して利用できるのが特徴です。


Googleが開発『Google Pay(グーグルペイ)』

Apple Payの対抗策としてアンドロイドスマホ側が出したアプリが『Google Pay』です。

Apple Pay同様、ICを利用して決済が行われます。

Google Payの最大の特徴はApple Pay同様「Suica」と連携しているので使い勝手が良いということです。

店舗での電子決済がスムーズに行え、セキュリティーも世界レベルで維持されています。


ドコモユーザーなら『d払い』

『d払い』はdアカウントがあれば誰でも利用することができます。

ただし、月々の携帯料金と合算して支払いたい場合は、ドコモユーザーになる必要があります。

d払いはショッピングでもポイントを貯めることができます。

ドコモのポイントが一括管理できることから、ドコモユーザーであれば登録も比較的簡単に利用することができます。

pixivユーザーは『pixiv PAY(ピクシブペイ)』がおすすめ

『pixiv PAY』は国内最大手イラストコミュニケーションサービスのpixivが運営しています。

pixiv PAYを利用したい場合はpixivのアカウントが必要になります。

元々はコミケの同人誌を即売するために作られたサービスで、今後は同人サークルにとってメリットがあるサービス展開が期待されています。


お金のコミュニケーションを活性化させる『pring(プリン)』

『pring』はお金のコミュニケーションを図るという名目から、ユーザー間のお金のやり取りができるサービスです。

デザインが可愛らしく見やすい・使いやすいサービスとなっています。

お金を通したコミュニケーションを謳っていることから、メッセージ機能が付随しているのが特徴です。

1円単位から送金できるので細かいお金のやり取りも実現してくれ、銀行口座へお金を戻すときの手数料も無料なのです。

中華製スマホ決済アプリ『Alipay(アリペイ)』

『Alipay』は中国生まれのスマホ決済アプリです。

今や中国はキャッシュレス大国として台頭しており、Alipayは中国国内で1、2を争うサービスとなっています。

Alipayの最大の特徴は、中国人観光客をターゲットとしている点です。

中国人観光客は日本国内の外国人旅行者で一番の太客であり、落とす金額も莫大となっています。

中国人観光客に向けてより便利で親和性が高いAlipayは、観光地や電化製品量販店で多く導入されています。

中華最大級アプリWeChatの決済アプリ『WeChatPay(ウィーチャットペイ)』

中国でAlipayと先頭争いしているアプリが『WeChatPay』です。

WeChatPayは中国最大コミュニケーションアプリeChatが提供しているスマホ決済アプリです。

LINE Payが使える店舗でもWeChatPayが利用でき、中国人観光客を呼び込みたい店舗側にとってはメリットになります。

LINE PAYとの連携から、日本国内でも今後導入店舗が増えると見られています。

大手銀行が提供するアプリ『りそなPayB(りそなペイビー)』

りそな銀行が提供する『りそなPayB』は、「りそな銀行」「埼玉りそな銀行」「近畿大阪銀行」の口座を有している個人のみが使用でます。

りそなPayBはコンビニ支払票などについているバーコードを読み取ってくれ、紐づいている銀行口座から支払いができるというものです。

スマホさえあればその場で決済ができるので、コンビニや銀行に出向かなくても公共料金や税金、通販決済ができます。

りそな銀行の口座が紐づけられるので、煩わしい登録がないのもメリットの一つです。

クレジットカードを一瞬で読み取る『ONE PAY(ワンペイ)』

『ONE PAY』の特徴は、決済に使うクレジットカードを撮影するとカード決済が完了する点です。

クレジットカード決済をスムーズにするために開発されたアプリで、従来クレジットカードを使用するには専用の読み取り端末が必要でした。

ONE PAYは撮影するだけで決済が可能なので、クレジットカード導入店は気軽に使用することができます。

使えるクレジットカードは「Visa」「MasterCard」「AmericanExpress」の3種類になり、決済時の手数料が5%発生します。

ローソンヘビーユーザーは『ローソンスマホペイ』

『ローソンスマホペイ』は、ローソンでの買い物をすべてアプリで処理することができます。

ローソンスマホペイと他の決済アプリの大きな違いは、ローソンスマホペイはレジで決済処理する必要がないということです。

商品のバーコードをアプリで読み込ませれば、その場で決済を完了してくれます。

「LINE Pay」や「楽天ペイ」と連携でき、自動でアプリが起動してくれます。

ストレスフリーで比較的快適に買い物ができますが、まだまだ導入店が少ないのがデメリットです。

翌月払い・分割ができる『Paidy(ペイディー)』

『Paidy』はクレジット登録が必要ないスマホ決済アプリです。

クレジット登録が必要ないですが、分割払いや翌月支払いに変更できる(15,000円以上購入時のみ)のが最大の特徴です。

支払い方法はコンビニ決済か銀行振り込みがあり、口座振替は申請を行えば可能です。

支払い時に手数料がそれぞれ発生するのがネックではあります。

クレカが使えない学生は『バンドルカード』

クレジットカードが作れない学生や一定金額以上を使いたくないユーザーのために作られたのが『バンドルカード』です。

「バンドルカード」はプリペイド式のVISAクレジットカードで、スマホアプリからバンドルカードにお金をチャージして使用します。

VISAカードと機能は同じなので、リアルでもネット上でも使用することが可能です。


持ち運べる液晶モニター「Vinponk Split」とは一体。実際に使ってみた!
外でも自宅と同じ感覚で作業をしたいと思ったことや、パソコンを置くスペースが少なくて普通の液晶モニター置くのは難しいと思ったことはありませんか?そんな時にきっと役立つアイテム!持ち運べる液晶モニター「Vinpok Split」、使い勝手等を検証してみました。
Lenovoスマートウォッチがおすすめ!実際にガジェットを使ってみた
Lenovoのスマートウォッチがクラウドファンディング『GREEN FUNDING』で今だけお得に購入できる情報を入手!2つのスマートウォッチを使ってみたレビューを紹介しながら機能について詳しくまとめてみました!

スマホ決済アプリ徹底比較のまとめ

各社でスマホ決済アプリが続々開発・提供されており、それぞれメリット・デメリットがあります。

ユーザーが普段使っているお店やスマホの種類なども影響してくるので、自分に合ったアプリを比較した上で選ぶことが賢い使い方であると言えます。

将来的にはキャッシュレス時代が目に見えており、各社しのぎを削っています。

より便利で安心・安全になっていくスマホ決済アプリを、今の内に学んでおきましょう。

PR

コメントを残す

*