ふるさと納税サイト比較!ランキング形式でおすすめのサイトを大調査

ふるさと納税サイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ふるさと納税って難しいと思っていませんか?

【納税】とかいう言葉に遠慮がちになって詳しく調べていないのでは?

ざくっといえば、「2,000円で何千・何万という全国の名産をゲットできる!」って言えば何となく得するもんなんだ!と思うでしょう。

年末のニュースのネタということで、今回はふるさと納税の簡単な仕組みと、数あるふるさと納税サイトを比較しおすすめのサイトをランキングにしてみました。

PR

ふるさと納税って何?

  • ・地方自治体の税収格差をなくすことが目的

  • ・各自治体は寄付してもらうために特産物を返礼品として渡す

  • ・自己負担額は2,000円。それ以上の寄付額は税額控除※上限あり

  • ・つまり、2,000円で高級特産品をゲットすることができる制度

  • ・確定申告しなくてもOKな制度の導入

な、感じなことを前半に書いているので、内容を飛ばしておすすめ比較ランキングだけ見たい方は目次からジャンプしてくださいね!

「ふるさと納税って何?」

「なんでお得にゲットできるの?」

「なんで年の瀬にバンバンCM流れているの?」

など疑問がたくさんのふるさと納税ですが、ここメンジムではざくっと自分の考えを説明させて頂くくらいに留めておきます。ざくっとなんで間違っていたらごめんなさい( ノД`)シクシク…

今回、比較ランキングする”ふるさと納税サイト”でもふるさと納税について説明しているページがあるので、ぶっちゃけそっち見た方がわかりやすいかと。

あっちなみにそういった初心者フォローのわかりやすさも今回の比較ランキングの点数とさせていただきました。

七草粥とは?いつ食べるべき?意味や由来、七草の種類を徹底解説
毎年お正月の終わり頃に食べる習慣のある七草粥。毎年の楽しみの1つという方もいらっしゃると思います。ではこの七草粥の意味や由来とは一体何なのでしょうか?また、いつ食べるべきかという日にちや、七草それぞれの種類も解説します。
【7柱の神】七福神とは?名前や由来を簡単にイラスト付きでご紹介
年末年始になるとよく見かける『七福神』という神様。七福神がお祀りされている各地の神社仏閣を順番にお参りする、御朱印帳巡りも人気ですよね。そこで今回はそんな七福神の神様の名前や由来をイラストと共に簡単にご紹介いたします!

納税っていうよりも寄付

自治体

住んでいる町に税金を支払う⇒【住民税】ってことなんですが、人口が多い町は沢山の税収が、逆に人口が少ない町は税収が少なくなる税制格差が起こってしまいます。

地方格差が進む日本はこれが顕著になり始めたこともあり、その格差をなくす案として「ふるさと納税」が開始されました。

カタチ上は、自分の意思で支払うものになるので寄付といったほうがよいでしょうか。

「寄付金額が自治体の収入源となる」「寄付した個人は金額に応じて税金が安くなる」お互いメリットがある制度といえますね。

返礼品の特産物

返礼品

とはいえ、縁もゆかりもない自治体に「お恵みを~」って寄付を募られても誰も寄付しませんよね?

そこで税収が少ない自治体は、「寄付してくれたら特産物をお土産にしまっせ?」っていう寄付者へ返礼品を送るという裏技を実行することになるのですが、これが大ヒットして今のふるさと納税へと発展していきました。

地方自治体は人はいないが自然は豊なので、沢山の特産物があります。それをふるさと納税の返礼品にすることで、特産物のアピールにもなるので自治体としては一石二鳥なんですよね。

PR

納税者のメリットとは?

納税者のメリットは返礼品を貰うことと、税額控除になります。

所得税や住民税は収入の応じて計算され支払うことになりますが、この支払う税金がふるさと納税をする寄付額に応じて控除(減る)されます。

自己負担額は2,000円

2000円

寄付金の自己負担は2,000円で、それ以上の金額が税額控除されるということになります。

今では返礼品ありきなので、サイトを見ると返礼品ごとに金額が設定されていると思います。例えば20,000円に設定されている牛肉詰合せセットを購入した場合、【20,000円 ― 2,000円 = 18,000円】分の税金が戻ってくるということになるんです。

2,000円で高級な牛肉を食べることができる。それは納税者のとって大きなメリットといえますね。

また、1回の寄付に対して自己負担額2,000円ではなく、年間で2,000円になります。つまり、複数の自治体へ寄付しても自己負担額は2,000円てことなんです。

【とはいえ、寄付金の上限はある】

といっても、何十万も寄付したら税金0になってしまいますので、そこはふるさと納税で税額控除される上限が決まっています

収入に応じて税金額が異なるように、この税額控除できる上限も異なります。上限を超えてしまった寄付は自己負担扱いになります。

今回比較するふるさと納税サイトでは、いくらまで寄付できるかわかるシミュレーション計算が導入されているので、まずは上限額を確認してから返礼品を選ぶのがおすすめですよ。

寄付金は確定申告で返ってくる

確定申告

地方自治体に寄付金を納めて返礼品を貰う⇒証明書が届く⇒確定申告をする⇒税額控除

というのが一般的な流れです。

確定申告は2月中旬~3月中旬に前年1年間の税収を計算し納税する仕組みで、個人事業主の方や住宅ローン控除を初めて行う方には必ず必要な行為です。

とはいえ、確定申告をしたことがない人にとってみれば、確定申告を難しいものと思い、ふるさと納税をやらないなんてこともあるでしょう。

そんな方でもふるさと納税をしてもらおうと、2015年4月1日より「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設され、確定申告をしなくても税額控除を受けることができるようになりました。

しかし、5自治体までや提出書類の期日が自治体ごとに違うなどの要件があるので、それぞれのふるさと納税サイトで確認してみてください。

正月太りの原因と対策法とは?正月太りしない方法と解消法まとめ
お正月はゆっくりダラダラゴロゴロと過ごしてしまいがちな上に、美味しいものやご馳走を沢山食べてしまいますよね…その先に待っているのが恐ろしい正月太り。今回の記事では正月太りしない方法と、原因や対策・解消法をお伝えします。
一人で過ごすお正月の過ごし方まとめ!おすすめの過ごし方はコレ
もう幾つ寝るとお正月…そんな楽しい楽しいお正月、何らかの事情で一人で過ごさなければならない方もいらっしゃる筈。そこで今回は独身の方や一人身の方の為に、一人でも楽しいおすすめのお正月の過ごし方をご紹介いたしましょう!

PR

ふるさと納税サイト比較ランキングおすすめはこれだ!

さて、長々と前半部分を読んでくれた方ありがとうございます。

前半は飛ばした方も読んでくれた方もここからがおすすめの比較ランキングですので、参考にしてください。

ポイントとしては、登録自治体の数、キャンペーン、初心者にわかりやすい仕組みに自治体の想いを中心とさせていただきました。

⑥自治体の想いが強い:ふるり

ふるり ふるり

古里⇒ふるりと名付けられたふるさと納税サイトです。

登録地域がまだ少ないため、納税自治体が決まっていない方にはちょっとボリューム感がないことが残念か。

しかし、1つ1つの商品をしっかりと取材した感じのあるページなので、自治体の気持ちや特産品の想いなどが感じられるので、自治体としても紹介メリットがあるのではないでしょうか。

このまま登録自治体が増えていけばおすすめといえるふるさと納税サイトです。

⑤ポイントが使える:Wowma

Wowma!ふるさと納税

通信大手のKDDIが運営するECサイトWowmaでもふるさと納税特設サイトがあります。

Wowmaで溜まったポイントを寄付に使えるのはWowmaユーザーにとってはおすすめですね。合わせてau簡単決済も使用することができます。

登録自治体も100以上とまずまず多いので、目的の返礼品を見つけることもできるのではないでしょうか。

返礼品を紹介するページは「さとふる」と似たような感じで簡略化されたページになっています。

④楽天通販と同じ仕組み:楽天ふるさと納税

楽天ふるさと納税

通販サイト大手楽天のふるさと納税サイトです。

楽天で購入される方なら楽天の通常購入と同じ扱いになるので、ポイントを貯めることもポイントで寄付することも可能です。

登録自治体もだんだん増加しているため、返礼品の少なさで苦になることはあまりないでしょう。

返礼品ページのつくりは、楽天商品ページと同じですので、楽天ユーザーは見やすいでしょう。

個人的にはもっと自治体の想いがわかるページが欲しいところです。

③独自サービス豊富:ふるなび

ふるなび

人気のふるさと納税サイトのひとつふるなびはAmazonギフト券がキャンペーンとしてプレゼントされることで人気のサイトになっています。

登録自治体も多いので返礼品数も多く掲載しています。

漫画でふるさと納税について説明していたり、挿絵を使っての説明など初心者にもわかりやすいでしょう。

活字中心のページが多いため、字のボリュームが多くシンプルさに欠けるところはありますが、情報量がその分多いので制度に不安がある方には安心するのではないでしょうか。

ふるさと納税で旅行!?↓↓↓

②自治体数No,1:ふるさとチョイス

フルサトチョイス

利用率No,1ふるさと納税サイトがふるさとチョイスです。

登録自治体の数はふるさと納税サイトNo,1であり、ここでご希望に叶う返礼品がなかったら他のサイトでもないといえるでしょう。

初めての方ページも挿絵を使って分かりやすいので、初心者でも安心して利用できるのではないでしょうか。

返礼品ページでも他のページに飛ぶことなく、発送や申請について、そして自治体PRもできているので、完成度は高いです。

ただ、キャンペーン自体が少ないので、よりお得にふるさと納税をしたい!という人はさとふるなどのほうがメリットがあるでしょう。

①メディア露出No,1:さとふる

さとふる

2017年度、認知度・利用意向No,1のふるさと納税サイトです。

東京03のCMでもおなじみですね。

登録自治体が多いため、沢山の返礼品から選ぶことができます。人気ランキングなどがあるのも嬉しいですね。

初心者にわかりやすく説明したページはなかなか充実しています。また、会員登録することでキャンペーンにも参加できるので、返礼品目的のユーザーにはユーザビリティはとても高いです。

とはいえ、商品説明が簡略化されているので、自治体の想いや自治体を応援したいユーザーには機械的過ぎる感は否めないです。

今、一番メディアに露出している=お金を掛けているので、キャンペーンによるお得感が一番高いサイトになります。

飲酒運転で捕まったら罰金は幾ら?アルコール基準値と同乗者について
飲酒運転で捕まったらどうなってしまうのでしょうか?罰金?逮捕?アルコールの基準値はいくつ以上で捕まってしまうのか、罰金は幾らぐらいなのか?同乗者への処罰は…?そんな気になる飲酒運転についてまとめてみました。
【保存版】コンビニのFAXの送り方!セブン・ファミマ・ローソン編
外出中に急ぎのファックスを送信しなければいけなくなった!ファックスがないのに送信を求められた!実はこんな時、コンビニで簡単にファックスを送る事ができちゃうんです。今回はセブンやファミマ、ローソン等でのファックスの送り方を紹介していきます。

まとめ|ふるさと納税ランキング

サイト名 自治体数 キャンペーン
1:さとふる ☆☆☆☆ ☆☆☆☆
2:ふるさとチョイス ☆☆☆☆☆ ☆☆
3:ふるなび ☆☆☆ ☆☆☆☆
4:楽天 ☆☆☆☆ ☆☆☆☆
5:Wowma ☆☆☆ ☆☆☆☆
6:ふるり ☆☆ ☆☆
サイト名 初心者に優しい 自治体の想い
さとふる ☆☆☆☆ ☆☆
ふるさとチョイス ☆☆☆☆ ☆☆☆
ふるなび ☆☆☆☆ ☆☆
楽天 ☆☆☆ ☆☆
Wowma ☆☆☆ ☆☆
ふるり ☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆

このページではふるさと納税についてや、ふるさと納税を扱うサイトを比較しおすすめをランキングにしました。

どのサイトも基本的なふるさと納税の仕組みはきちんと説明しているので、制度を理解することはできるでしょう。

現状のふるさと納税サイトの絵面としては、御三家扱いになる、「ふるさとチョイス・さとふる・ふるなび」にEC通販大手が参入し始めているって感じでしょうか。

どこも似たようなサイト構成で、返礼品を全面の押し出すつくりになっています。

個人的にはどうせい返礼品を受け取り寄付するのなら、自治体の想いなんかを全面に押し出したつくりをしてもらったほうが、寄付感が増加してまた来年もとなりそうなんですが。。

みなさんはどうでしょうか?

PR

コメントを残す

*