ビタボンとはビタフルと何が違う?害や副作用は発がん率が上がる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミン摂取電子タバコビタボンとは?

今話題になっているのがビタミンを吸引できる電子タバコですが、他にもビタフルやビタバコ等様々な種類で展開されています。

InstagramやTwitterを中心に人気ドクターベイプのビタミン電子タバコなのですが…実は有害性があるだとか発がん性があるなんて噂も飛び交っています。

ビタミン電子タバコにも副作用があるのか?ビタボンとビタフルを中心に有害性や発がん性の真相を追及していきます!

※適宜最新の情報に更新しています。

ビタミンタバコって何?

ビタボンを知る前に、まずはビタミンタバコの人気について知っておきましょう。

ビタミンタバコで一番の人気なのがこのビタフルです。このビタフルをベンチマークにすることでよりビタミンタバコを知ることができるでしょう。

紙タバコのようなタールやニコチンではなく、ビタミン入りの電子タバコドクターベイプであるビタミンタバコは有害物質がないので受動喫煙の心配もないですよ。

JUULの通販方法まとめ!日本国内から通販はできないって本当?
電子タバコのJUUL(ジュール)は、アメリカを中心に人気になり日本でもジワジワと知名度を上げています。が、この電子タバコは国内での通販は禁止!と言うのもニコチンが入っているから。個人輸入でのみ通販が可能になっています。
電子タバコのジュール(JUUL)とは?日本で通販や個人輸入は可能?
今アメリカを中心に人気になっているタバコ『JUUL』ってご存知ですか?電子タバコのようでニコチンの入っている新しいタバコジュールは日本では個人輸入の通販でしか買う事が出来ませんが、世界中で人気になってきているようです。

ビタボンとは?

ビタボンとはどんなタバコでしょうか?

ビタボンは、アメリカの薬学博士とアメリカ国内の専門家が共同開発した商品です。

様々な検査を受け、人体に有害性のある成分は含まれていないと言う認可を受け販売されている安全性の高い製品とされています。

そんなビタミン電子タバコビタボンに副作用とか発がん性があったら大変です…。

ビタボン入っている成分は?

成分

ビタボンとは、先ほども言った通りビタミン電子たばこです。

そのためはいっている成分はビタミンと天然植物成分のみで、タバコの葉等は使用されていません。

タバコの葉をつかっていないのでニコチンは入っていませんし、本体を燃やしているわけでもないのでタールや一酸化炭素といった紙巻きたばこの様な有害性・発がん性はないと言ってもいいでしょう。

ビタミンA・ビタミンB・ビタミンC・ビタミンD・ビタミンE・コエンザイムQ10 と言った天然成分を含めたリキッドを加熱し水蒸気を発生させて吸引することができます。

ビタボンのフレーバーは全7種類

ビタボンのフレーバーは全7種類で、どれも天然成分を使用した自然みあふれるフレーバーが特徴的です。

オレンジ・グレープフルーツ
バニラ・グリーティー
ミント・メンソール
ブルーベリー・ブラックカシス
ミント・チェリー
ジャスミン・ローズ
高麗人参・シナモン

ビタフルなど他のビタミン電子タバコのように様々なフレーバーを展開しているのではなく、自然にある味だけを厳選しているあたり身体を大事にしているんだなぁって思いますよね。

電子タバコを選ぶならやっぱり国産?

ドクターベイプ ドクターベイプ

今日本で話題沸騰中の『DR.VAPE(ドクターべイプ)』ドクターベイプは、有害性物質とされるニコチンやタールは一切含まれていないのでどれだけ吸っても健康的な電子タバコです。

ビタボンとは違って、カートリッジは国産なので安心安全なのが魅力の1つ!さらに、ドクターべイプはフレーバーの味わいにもこだわって作られているので、美味しさにも定評があり人気が急上昇している電子タバコなんですよ。

さらに、ドクターべイプは火を使うことがないので発がん作用のあるタールや一酸化炭素、依存性のあるニコチンなどは一切含まれていません。有害性物質の検査もしっかりと行われており、アルデヒド類などの成分も発生しないことが分かっています!

とにかく優秀なドクターべイプのスターターキットが、今ならなんと通常価格より5,000円引きの3,500円(税抜)で手に入るキャンペーンが開催中!これは公式サイトだけの特典なので、気になる方は急いでチェックしてみてください。

電子タバコビタボン(VITABON)の販売店はドンキホーテのみ?
ドンキホーテなどでビタミン系電子タバコが売られているのを見かけますが、その中の「ビタボン」とはどんな商品なのでしょうか?今回はビタボンの特徴や、販売店がどこにあるのか、ビタフルなどの他の商品との違いを調べてみました。
ビタボン(VITABON)の味はマズい?口コミや評判まとめ
ニコチンゼロの使い捨てフレーバータバコビタボンやビタフルが人気ですが、ビタボンが不味いという口コミの評判が拡散中のようです。なぜ不味いと思うのか?を個人目線ですが色々と評価してみました。あなたならどっちを買いますか?

ビタボンに副作用や有害性?その真実とは

恐怖

ビタフルやビタボンといったビタミン電子タバコにも紙巻きたばこの様な副作用があるのではないかと言われているそうです。

いや…え、、うそ( ゚Д゚)

電子タバコにも副作用とか、有害性とかあったらもう逃げられないじゃんね。
いや、禁煙が進んでも筆者は紙巻きたばこを吸い続けるけど。

喫煙仲間を守るために、ビタフルやビタボンとは安全性のあるタバコだよ~!!ってことを解説していきたいと思います。

電子タバコと言う時点で有害性はない。

電子タバコ

電子タバコです。電子タバコ。ビタフルもビタボンも使い捨て電子タバコというジャンルで販売されています。

電子タバコは紙巻きたばこや加熱式たばこと違って有害性がないものとされています。

というのも、日本で販売されている電子タバコと言う名目の商品にはニコチンやタールを含んではいけないと言う法律があり、ニコチンの入った製品やリキッドを販売してはいけません。

個人輸入で、個人で楽しむ範囲なら大丈夫らしいですが、日本国内の店舗でお金を出して買っている限り、紙巻きたばこの様な有害性はビタフルもビタボンも一切ないです。

ニコチンがはいっていないので基本的には依存性と言った副作用はないでしょう。

どちらも第三者機関に調査依頼済み

調査

ビタフルもビタボンも、商品について第三者機関に調査を依頼し有害性がないと言うことを認可してから販売を行っています。

日本の電子タバコ販売基準のほかに、人体に影響がないかと言う調査もされているので、入っている成分的には有害性はおろか、発がん性はないと考えていいのではないでしょうか。

ビタボンの成分分析によると…

成分表

ビタボンを第三者機関が調査した結果、ニコチン・クロミウム・ニッケル・ホルムアルデビドと言った有害性発がん物質は混入されていない。と言うことが分かりました。

人体に影響のあるこれらの有害性物質を取り除き、代わりに副作用のないビタミンやテルペンといった植物栄養分を入れているので、ビタボンは日本ユーザーにとっても有害性のない安全な電子タバコとして認知されています。

これからのことはまだ謎

謎

ここまで、有害性発がん物質はないとか、副作用はない。と紹介してきましたが、はっきりと言ってビタミン電子タバコについての研究は進んでいないというのが実際のところです。

有害性成分は確かに入っていません。が、もしかしたら今後有害性が発見されるかもしれませんしね。

副作用とか発がん性なんかも喫煙する回数や、年を重ねていかないとわからない事です。

有害性はないと信じるしかないと言うのが現状です。

有害性のない電子タバコなら

ドクターベイプ ドクターベイプ

ニコチン0・タール0で有害性のない電子タバコなら『DR.VAPE(ドクターべイプ)』ドクターベイプがおすすめです。

ドクターべイプには、従来の紙巻きタバコに含まれているニコチンやタールは一切含まれていませんし、その他の有害性物質とされているアルデヒド類も含まれていません。独自の厳しい環境下での検査はもちろん、第三者の研究機関の成分分析試験もクリアしている電子タバコなので安心して使えるのが特徴です。

また、カートリッジは国内製造されているのでビタボンよりも圧倒的に信頼度が高いです。電子タバコを選ぶ上で、国内メーカーなのかどうかは非常に重要なポイントですよね?その点、ドクターべイプは安全性が高いので沢山の人々に選ばれてます。

ドクターべイプの公式サイトなら、今だけお得なキャンペーンも開催中!通常価格8,500円のスターターキットが3,500円(税抜)で購入可能なので、ビタボンを購入するか迷っている方はドクターべイプも視野に入れて考えてみてくださいね。

JUULリキッドの味は不味い?美味しい?吸い心地も調査してみた!
電子タバコ界の新星ともいえるJUUL、今回はリキッドについて大特集しました!リキッドの吸い心地は良いのか、味は美味しいのか不味いか、JUULの純正PODで吸い心地がいいのはどれなのかもまとめてみましたよ!
JUULを個人輸入で通販するなら販売店はどこで購入すればお得?
VAPE好きなら一度は耳にしたであろうJUUL(ジュール)!実は国内では販売店が無く、個人輸入でしか購入することが出来ないんです。「個人輸入って色々面倒なんじゃない?」という人の為に、おすすめサイトをご紹介します!

ビタボンよりビタフルの方がおすすめ!その理由とは

ビタフルもビタボンもほとんど同じビタミン電子タバコです。

が、ビタフルはビタボンよりも有能!だと思います。

ビタフルがビタボンよりも有害性がないのでは?と思う点や、ビタフルのここがすごい!と筆者が思う2つの電子タバコの違いがこちら!

ビタフルは日本製

日本製

ビタフルは製造販売日本の商品です。

一方ビタボンとはアメリカで開発された商品なので、アメリカ製です。

日本とアメリカの成分の調査はやはり違うものです。例え第三者機関で調査していたとしてもビタボンを調査した第三者機関もアメリカなので、日本の安全基準とは少し勝手が違います

海外の物ってもしかしたら、日本人には合わない有害物質が入ってるかもしれないし、輸入している段階でどんな状態になっているかもわからないです。

ビタフルなら完全日本製なので、そういった有害性、副作用といったリスクが無いので、安全性としても一枚上手なのではないでしょうか。

ビタフルはコスパが最強

お金

なんといってもビタフルってコスパがいいんですよね。

ビタフルは、ビタボンと違い入っているビタミン健康成分を全て公開しているのですが、その数なんと全16種類

健康成分の含有量がビタフルの方が圧倒的に多いですし、値段も

ビタボン・・・2,376円
ビタフル・・・1,058円

と、こんなに違います!

喫煙できる回数はどちらも500回程度と同じなので、買うならビタフルが断然お得です!

人気の電子タバコ『ビタフル』はどこで購入するのが一番安い?
今話題の電子タバコ『ビタフル(VITAFUL)』は、ニコチン・タールの代わりにビタミンが入っているリフレッシュできる水蒸気スティックです。美味しくて匂いも良い人気のビタフルを購入したい!という訳でどこの販売店が一番安いのか大調査してみました!
加熱式タバコvitaful(ビタフル)の口コミや評判まとめ
加熱式タバコや電子タバコが人気になっている今話題の、健康的にリフレッシュタイムを過ごせるとvitaful(ビタフル)!実際に使ってみた人の口コミ評判って気になりますよね。今回はビタフルの口コミや評判をまとめてみました!

ビタフル・ビタボンの有害性発がん性のまとめ

ドクターベイプ ドクターベイプ

今回は、ビタミンタバコの中でも特に人気のビタフル・ビタボンの有害性や、発がん性・副作用について紹介させていただきましたがいかがでしたでしょうか?

紙巻きたばこの様にたくさんの人に長年愛され続けているわけでもない電子タバコの有害性については未だ未知数です。

もしかしたら今後、体内に取り入れることで誰も知らない有害性が生まれるかもしれませんし、副作用も有害性も一切ないと証明されるかもしれませんね…。

もし安全性の高い電子タバコを探しているのであれば、信頼も実績も確かな『DR.VAPE(ドクターべイプ)』ドクターベイプをおすすめします。

今なら公式サイトで通常価格より5,000円OFFの3,500円で購入できるキャンペーンも実施中です。この機会を見逃してしまうと非常に勿体ないので、少しでも気になる方は公式サイトを確認してみてくださいね。

アメリカで電子タバコのシェア7割を獲得した最新トレンド『JUUL』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカで爆発的な人気で今や米国の電子タバコシェアの半数以上を占める、日本でもこれから確実に流行る『JUUL(ジュール)』という電子タバコをあなたはご存知ですか?

ジュールの一番の特徴は電子タバコなのにニコチンが入っており、火を一切使用しないのでタールも無く、コンパクトでスタイリッシュなデザインにあります。

え?「どうせプルームテックと同じ煙量?」いや、マジでビビりますよw信じられなければYOUTUBEを今すぐ開いて『JUUL』で検索してみて下さいw

強いニコチン感と煙草と同様のキック感を得られる『JUUL(ジュール)』は通販で誰でも簡単に購入する事ができ、POD(リキッド)のカートリッジを入れ替えるだけで簡単に交換が完了してしまいます。勿論、液漏れも一切しない凄いヤツですw


JUULを購入する

あなたへのオススメ

コメントを残す

*