ドクターベイプに害はある?副流煙で健康被害は出ないのか徹底調査!

ドクターべイプ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近になって禁煙や節煙に役立つと注目され始めている電子タバコですが、中でも『DR.VAPE(ドクターべイプ)』ドクターべイプは今最も人気のある電子タバコ製品です。

「紙巻きタバコより害が少ない」と言われている電子タバコですが、本当に健康被害や副流煙による影響はないのでしょうか?

今回この記事では、ドクターべイプに害はあるのかどうかについて詳しく解説していきますので、是非参考に考えてみてくださいね。

PR

移行者続出?!ドクターべイプ(DR.VAPE)とは

ドクターべイプ ドクターべイプ

今、何かと話題の『DR.VAPE(ドクターべイプ)』ドクターべイプは、紙巻きタバコよりも圧倒的に健康的な電子タバコとしてじわじわと人気が高まってきています。

タバコの三大有害成分と言われているニコチンやタールは含まれておらず、火を使うことがないので一酸化炭素の発生もありません。しっかりと第三者検査機関の試験もクリアしている製品なので、安心して使用できるのも大きな魅力です。

電子タバコと聞くと、吸い応えが弱く、満足感が薄いのでは?と思っている方も多いかもしれませんが、ドクターべイプは電子タバコの欠点を解消しているのも特徴。とにかく吸い心地が抜群なので、しっかりと吸った感覚があると評判も高いんです。

今ならドクターべイプの公式サイト限定で、スターターキットが通常価格から5,000円割引の3,500円(税抜)で購入することができますので、少しでも気になる方は公式サイトを是非確認してみてくださいね。

ドクターべイプ(DR.VAPE)に害はある?

ドクターべイプ(DR.VAPE)はどれだけ吸っても健康的な電子タバコと謳われていますが、実際のところ本当に害はないのか気になっている方も多いのではないでしょうか?

ここではまず、ドクターべイプで心配される有害性物質やカートリッジの成分について詳しく解説していきます。

ニコチンやタールは含まれていない

まず、ドクターべイプにはニコチンやタールなどの人体に有害な物質は一切含まれていません。さらに、紙巻きタバコのように火を使うことのない電子タバコなので、一酸化炭素の発生もありません。

また、ドクターべイプは厳しい環境下の元、しっかりと安全性を確かめる独自の検査も実施しています。

第三者の検査機関である日本食品分析センターでも、ニコチンやタールの他に有害性物質とされるホルムアルデヒドやアセトアルデヒドなどの検査も行っており、有害な成分は含まれていないことが分かっています。

ドクターべイプの主成分は?

ドクターべイプに使用されているカートリッジのフレーバーリキッドは、国内で製造されています。

フレーバーリキッドの主成分は「グリセリン」「プロピレングリコール」「香料」「ビタミンE」「リンゴ酸」「茶抽出物」です。

これらの成分は、日本の食品衛生法に準じた食品添加物なので、安心して使用することができます。この先では、それぞれの成分の安全性や役割を解説していきます。

グリセリン

グリセリンとは、粘度のあるアルコールの1種。ヤシの実やパーム植物油が原料となっており、植物由来の成分を用いているため安全性は高いと言われています。

グリセリンは主に食品添加物として保存料や甘味料、保湿剤、増粘安定剤として使用される成分です。また、化粧品や医療品の保湿剤、潤滑剤に用いられることも多いです。

グリセリンは電子タバコのリキッドだけではなく、加熱式タバコにも使用されています。なお、食品添加物としては菓子類やマーガリンなどに含まれています。

プロピレングリコール

プロピレングリコールとは、無色透明で無味無臭のアルコールの1種。水に溶けるのが特徴で、防腐殺菌効果もある成分です。

きわめて毒性が低い成分とされており、食品添加物として様々な食品や医薬品、化粧品に含まれている成分です。プロピレングリコールに関しても、安全性の高い成分として有名です。

電子タバコのリキッドにはよく使用される成分です。また、食品添加物としては、うどんやそば等の麺類やおにぎり等にも使用されています。

香料

香料は、電子タバコのリキッドやカートリッジのフレーバーを左右する成分です。

基本的にドクターべイプなどの電子タバコで使用される香料には、食品にも使用されている天然・人工の香料使われています。

なお、人が口にしても問題のない成分を使用しているので安全性は高いです。

ビタミンE

ビタミンEには、食品などの酸化を防ぐ効果があります。

ビタミンEは油脂を含んだ加工食品の酸化を抑えたり、酸化による臭いの原因や変色などのの品質の劣化を防ぐ役割もあります。

ビタミンEは自然界に広く存在しており、大豆や小麦胚芽、トウモロコシやごま等の種子に含まれる原料を使用するため、安全に使用できる成分です。

リンゴ酸

ドクターべイプなどの電子タバコのリキッドで使用されているリンゴ酸は、天然の成分ではなく化学合成品のDLリンゴ酸と呼ばれる成分です。

DLリンゴ酸は飲料やアイスクリームなどの加工食品や歯磨き粉などにも使用されており、加工食品の劣化を防ぐ効果があります。

酸味料や乳化剤としても使用される成分なので、安全に使用できる成分だとされています。

茶抽出物

茶抽出物は食品から抽出される成分なので、高い安全性が保障されていることで有名です。

酸化防止や食品の品質を保つことに有効な成分であり、静菌作用や消臭効力もあるので広い用途で使用されています。

有害性の少ない電子タバコを選ぼう

ドクターべイプ ドクターべイプ

少しでも害の少ない電子タバコを探しているのであれば、信頼も実績もある『DR.VAPE(ドクターべイプ)』ドクターべイプがおすすめです。

ノンニコチン・ノンタールなので、紙巻きタバコのような健康被害のリスクは極めて低いです。さらに、その他の有害性物質と言われているアルデヒド類も含まれていないことが検査結果で分かっているので、安心して使用することができますよ。

また、タバコ製品のように火を使うことがないので、タバコ独特の嫌な臭いもありません。周囲に不快な思いをさせることもありませんし、洋服や服に臭いが残る心配もありません。

実際に、多くの喫煙者が害のないドクターべイプに移行していることも事実。今なら公式サイトのキャンペーンで、通常価格8,500円のスターターキットが3,500円(税抜)で購入可能ですので、是非この機会を見逃さないようにチェックしてみてくださいね。

ニコチンなしの電子タバコで害の無いおすすめの電子タバコとは?
電子タバコや加熱式タバコなどタバコの種類と名前によってそれぞれタールなしだったりニコチンなしだったりと入っている有害性物質が違うのをちゃんと理解していますか?今回は電子タバコ・加熱式タバコのおすすめ商品をご紹介!
おすすめの電子タバコ3選集!体に害が全く無いリキッドタイプとは?
2016年から爆発的な人気となっている電子タバコといえばアイコスですが、故障が多かったり充電問題などで新しい電子タバコに移行が進んでいるようです。そこで、今現在おすすめの電子タバコ3選集として、リキッドタイプや健康被害についても紹介します!

ドクターべイプ(DR.VAPE)の副流煙に害はある?

ドクターべイプ(DR.VAPE)そのものに害はないと分かりましたが、ドクターべイプで発生する副流煙で健康被害が起こる可能性はあるのでしょうか?

ここでは、ドクターべイプの副流煙の健康被害について考えていきます。

ドクターべイプで副流煙は発生する?

そもそも、副流煙とは”タバコ葉に火をつけた先から発生する煙”のことを指すので、火を使うことのない電子タバコであるドクターべイプで副流煙が発生することはありません。

ドクターべイプはリキッドを加熱することで発生する蒸気を吸引する電子タバコなので、ドクターべイプを吸って吐き出す煙のようなものも蒸気です。この蒸気のことを「エアロゾル」と呼んでいます。

ドクターべイプの蒸気に害はあるのか

ドクターべイプで副流煙は発生しませんし、吐き出す蒸気(エアロゾル)にもニコチンやタールは含まれませんので、紙巻きタバコよりも健康被害は少ないと考えられています。

しかし、ドクターべイプに限らず、多くの電子タバコの安全性については未だ研究段階ともいわれているのも事実。

また、電子タバコを使用する上で化学物質は少なからず発生しているという意見も多く見受けられますし、全く害がないというわけではないことは覚えておきたいところです。

紙巻きタバコよりも害は少ない

ドクターべイプを含む電子タバコ製品は、完全に安全!と言い切ることができないのが現状ですし、電子タバコを使用し続けることでどんな害があるのかは未知数です。

ただ、ドクターべイプには依存性の高いニコチンや発がん作用のあるタールなどの有害性物質は含まれないので、紙巻きタバコや加熱式タバコに比べると健康被害のリスクは低いと言えます。

また、ドクターべイプは禁煙補助具ではありませんが、とても強い吸い心地を味わえる電子タバコなので、タバコに代わる代替品としては非常に優れています。

PR

ドクターべイプ(DR.VAPE)で気を付けることとは

ここで、ドクターべイプ(DR.VAPE)を安全に使用するためにも、気を付けたい注意事項をまとめておきます。

未成年は使用しない

ドクターべイプはノンニコチン・ノンタールの電子タバコであり、香りや味のついたフレーバーリキッドを楽しむための製品なのでタバコではありません。

しかし、20歳以上の人が使用することを想定し作られている電子タバコなので、未成年者は使用を控えるようにしましょう。

妊娠・授乳中は控える

妊娠・授乳中に関しても、できるだけ使用は控えた方が良さそうです。

タバコのようにニコチンやタールは含まれていないのですが、電子タバコの害が明らかになっているわけではないので注意が必要です。

子供の前では吸わない

ドクターべイプで副流煙は発生しませんが、蒸気(エアロゾル)は発生しています。

エアロゾル内には目に見えない化学物質が含まれている可能性があるので、子供や喘息などの肺疾患を患っている人の前では使用しないように気を付けましょう。

電子タバコは何歳からOK?中学生・高校生の未成年は吸えない?
一般常識として普通のタバコは20歳以上からですが、電子タバコは何歳から吸う事ができるのか?ここでは、中学生・高校生など未成年者に関して、電子タバコが吸えるのか?吸えないのか?という情報をまとめています。
電子タバコの副流煙に害はある?身体に悪影響を及ぼすリスクとは
電子タバコに害はあるのか、アイコスやグローを使用している喫煙者なら誰しもが考えたことがあることでしょう。電子タバコから出る副流煙は水蒸気と言われているが、本当に身体的リスクはないのか気になるところをまとめてみました。

PR

ドクターべイプの健康被害とは?ニコチンやタール、副流煙の害まとめ

ドクターべイプ ドクターべイプ

いかがでしたか?『DR.VAPE(ドクターべイプ)』ドクターべイプで考えられる健康被害やニコチン・タールの有無、副流煙の害についてまとめました。

ドクターべイプはニコチンやタールなどの有害性物質を一切含まない電子タバコなので、紙巻きタバコと比較するとまだ安全性の高い製品だと考えられています。しかし、ドクターべイプのみならず、数多く存在する電子タバコの有害性についてはまだ明らかになっていない部分が多いのも確かです。

ただ、使い方を誤らなければドクターべイプは非常に安全性の高い電子タバコといえます。フレーバーリキッドに関しても国内製造ですし、極めて安全な成分を使用している信頼性も高いことが大きな特徴です。

怪しい電子タバコを買ってしまうよりは、信用できるドクターべイプを購入するのも全然アリなのではないでしょうか?今なら公式サイトで割引キャンペーンも開催されていますし、少し試してみたい!という方にもおすすめですよ。

PR

コメントを残す

*