浮気を後悔する瞬間14選!後悔する位なら浮気は止めた方がいい?

浮気を後悔するのはどんなとき?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男性の浮気や不倫話はいつの時代もなくなることがありません。

それだけ浮気や不倫が行われているということですが、その数だけ後悔や反省の念に襲われるという話も絶えません。

浮気や不倫で後悔してしまう瞬間はどういった時なのか?なぜ後悔するとわかっていても浮気してしまうのか?

浮気して後悔する瞬間を14パターンご紹介していきます。

PR

なぜ男性は浮気をする?

なぜ男は浮気する?

男性の浮気や不倫話は芸能人から一般人まで後を絶たず、社会的地位を失ったり財産を失うといった話はたくさんあります。

浮気や不倫後、後悔する男性は大勢いますが、この世から浮気や不倫が無くなることはありません。

男は後悔するとわかっていても浮気や不倫を繰り返してしまいます。

なぜ男性は浮気や不倫に走ってしまうのでしょうか?

浮気はLINEから始まる?LINE浮気を見破る最強テクニック集
最近パートナーのLINEによく通知が来てる…画面のトーク内容が表示されない様になった…まさか浮気?その相手?となっている皆さんに今回は見破りに役立つLINE機能の設定方法と浮気を見破るテクニック集を紹介します。
結婚前に必ず見極めておきたい浮気する男の見分け方10選
結婚を考えているなら今の彼氏は大丈夫?結婚してから彼が浮気する男と気付いてももう手遅れ!後悔しない様に結婚前に見分けましょう!浮気する男にはある特徴と行動があるので今回は浮気する男の見分け方10選を紹介します!

本能的で社会的にダメとわかっていてもやってしまう

浮気はダメだとわかっていてもやってしまう

男性は本能的に複数の女性と関係を持つことを目的として性交渉します。

男性脳は可能な限り複数の女性と性交渉しようとし、本能が理性を凌駕してしまったときに男性は浮気をしてしまいます。

快楽を求めるハードルが女性よりはるかに低いことから、浮気・不倫衝動が生まれます。

理性から来る浮気もある

理性からくる浮気

本能に従って浮気をしてしまう男性は動物と同じですが、理性によって浮気に走る場合もあります。

例えば彼女との関係が上手くいっていないとか、彼女が不倫したので復讐するため彼女と別れるために浮気する、といったことがあります。

理性が働いていたとしても、浮気や不倫行為に対して罪の意識が芽生えます。

浮気や不倫による後悔の念は消えない

不倫や浮気の後悔の念は消えない

本能的に浮気や不倫をしてしまった場合でも理性に従って浮気や不倫をしても、後悔の念に襲われます。

してしまった後に後悔する場合が大半です。

後悔するとわかっていても浮気や不倫してしまう場合もあります。

では、どういったとき浮気や不倫を後悔するのでしょうか?

彼女が浮気に気づいていないときの後悔

彼女が浮気に気づいていない時の後悔

女性が男性側の浮気や不倫に気づいていないときの後悔を紹介します。

女性側が気づいていない場合に感じる後悔は、男性側の女性に対する良心の呵責から来る罪悪感です。

浮気に対する後ろめたさや悪いことをしていると自覚しているからこそ後悔します。

それでは、男性はどういったときに後悔するのでしょうか?

彼女に優しくされたときに後悔

彼女に優しくされたときに後悔

何も知らない無邪気な彼女に対して、裏切っていると感じて後悔します。

女性側は何も気付いていないことから、「自分は彼女に対して不義理なことをしている」という後ろめたさから後悔の念に襲われます。

お互いの仲が悪かったり喧嘩などしていればまだ自分を正当化できたのですが、仲が良く彼女が優しくしてくれたりするとより罪悪感が高まります。

女性の優しさがより罪の意識を際立たせます。

家族との時間を過ごしているときに後悔

家族との時間を過ごしているときに後悔

家族がいる場合は、何気ない家族の時間を過ごしているときに後悔の念が生まれます。

妻だけでなく子供に対しても裏切り行為をしているからです。

浮気や不倫によって家族の幸せな時間が壊れる可能性もあり、我に返って後悔します。

浮気や不倫がバレれば、二度と幸せな時間は戻ってきません。

それに対する恐怖心と罪悪感が男性を後悔させます。

パートナーと浮気相手を比較したときに後悔

浮気相手を比較したときに後悔

パートナーのちょっとした欠点や性格・言動が嫌で不倫や浮気行為に走ったのに、今度は浮気相手の欠点が嫌になってしまい後悔するパターンです。

今のパートナーと浮気相手を比べてしまい、なぜ浮気相手と関係を持ってしまったのかと後悔します。

また、浮気や不倫行為は社会的に許されることではなく、公けになれば社会的地位や財産を失うきっかけになります。

それを逆手にとって、浮気相手から脅されたり責められた時に後悔します。

浮気や不倫行為の過去は消えないため、浮気相手は常に男性側の弱みを握っている状態です。

浮気相手に本気になってしまったとき

浮気相手に本気になってしまったときに後悔

ただの遊びのつもりだったのに、浮気相手や不倫相手を本気で好きになってしまったときの後悔です。

本気になってはいけないとわかっていたのに、自分の弱さから本気になってしまったことに対して後悔します。

社会的に許された関係ではないので別れる可能性は高く、その事実に後悔します。

本気になってしまった以上、正式に付き合うためには今の彼女や妻との関係を清算しなければならず、社会的なリスクが伴います。

本気になってしまったゆえのリスクや自分自身の人間性に後悔します。

ホステスにモテる男はどんな男?落とし方や口説き方のテクニック
綺麗で可愛いホステスさん達にモテたい!そんな貴方にお教えしたい!ホステスにモテる男とはどういう男なのか?落とし方や口説き方はどんなものがあるのか?元スナックホステスが経験と知識を総動員した恋愛テクニックです!
不倫・浮気相手と結婚して幸せになれる?不幸になる確率は高い?
今の夫婦関係を終わらせて浮気相手と結婚したい。そう思っている不倫中な人はいませんか?浮気相手と結婚して幸せになることができるのでしょうか?不幸になる確率のほうが高そうに思えませんか?今回は浮気相手と結婚についてまとめます。

PR

彼女に浮気や不倫がバレたときの後悔

彼女に浮気や不倫がバレたときの後悔

前半の後悔は、彼女が気づいていない時の罪悪感に対しての後悔でした。

今から紹介する後悔は浮気がバレたときに起こる後悔をご紹介します。

女性が気づいていない時と比べて、より後悔の念は強まるものが多いようです。

浮気や不倫行為を責められたときに後悔

浮気を責められたとき

後悔する要因第1位は「女性側に浮気・不倫を責められた時」です。

男性の中には浮気・不倫行為に対して罪悪感を感じない男性も一定数存在します。

女性に責められた時、初めて自分の愚かさを知ります。

「バレなければいい」と考える男性が一定数おり、いざバレてから猛烈に後悔します。

後悔するぐらいならしなければいいのですが、浮気を隠し通せると勘違いしてしまう男性も少ないからずいます。

浮気を責められなかったときに後悔

浮気を責められなかったとき

先ほどとは逆のパターンで、女性に浮気や不倫を一切批判・糾弾されないパターンです。

この場合は責められないので楽なようですが、逆に男性は女性に対して罪悪感が増幅され後悔します。

反対に女性の方から「浮気させるような私でごめんなさい」と謝られると、女性の健気さに大いに反省し後悔します。

本来は男性の方が悪いのに、女性が罪の意識を感じてしまい、それに対してより男性が後悔します。

パートナーに泣かれたときに後悔

パートナーに泣かれたとき

自分が守ると決めた女性を、自分が傷つけて泣かせてしまったときに後悔します。

目に見えて「悲しんでいる」とわかる涙は、罪悪感を感じるには十分です。

一時の過ちの結果として女性を泣かせる行為は、単に女性を悲しませた場合とは重さが違います。

自分の愚かさと彼女に対する申し訳なさで後悔します。

パートナーに別れを告げられたときに後悔

別れを告げられたとき

「例え浮気や不倫をしても、どうせ一緒にいるだろう」と高を括っていたら、別れを切り出されたときに後悔するパターンです。

「不貞行為しても別れないだろう」と考える男性は過去にもそのような経験を繰り返しており、急に別れ話に発展したものではない可能性が高いです。

男性の見立てが甘かったというだけの話ですが、いざ具体的に「別れ」を突きつけられた時に初めて猛省します。

「浮気相手とは本気じゃない」と切り出しても女性側は完全に冷め切っています。

何をしても修復は不可能で、その時初めて大いに後悔します。

彼女に浮気・不倫を周りにバラされたときに後悔

周りに浮気をばらされたとき

浮気や不倫といった裏切り行為を、自分の周りにバラされたときに後悔します。

自分とパートナー間の問題では収まらず、交友関係にまで発展し孤立化する可能性があります。

浮気や不倫は社会的に許されることではないので、周りの自分に対する評価(特に女性に対して)はガタ落ちです。

>交友関係やコミュニティーから孤立し孤独を感じたとき、大いに後悔します。

浮気・不倫を身内から責められるときに後悔

身内から浮気を責められたとき

自分の子供から浮気行為に対して批判されたときに大いに後悔します。

パートナーだけでなく、家族を裏切ったことを実感するからです。

子供は親を信頼しているものなので、浮気行為は成長過程にも影響します。

また、自分の親や身内などにもバレてしまい孤立化してしまうこともあります。

家族との絆が断ち切られたとき、後悔の念に襲われます。

浮気・不倫が原因で社会的立場が崩れたときに後悔

社会的地位が崩壊したとき

ゴシップネタとして浮気や不倫を糾弾するトピックが多いことからわかるように、浮気や不倫は世間の心証がよくありません。

社会的立場が高い場合、浮気や不倫という行為は信頼を大きく崩すことになります。

今の立場になるまでたくさんの時間と労力を費やしてきても、一時の浮気・不倫によって一瞬で水泡に帰します。

浮気や不倫が原因で自分の地位が崩れたときに大いに後悔し、浮気をネタにユスリやタカリに遭った時などに浮気行為を反省します。

浮気や不倫で修羅場になったときに後悔

修羅場になったとき

浮気・不倫行為は痴情のもつれゆえに、修羅場に発展しやすいできごとです。

浮気相手がパートナーに直接連絡を取って喧嘩したり、直接対面して見るも無残な修羅場に発展したり、身内まで巻き込んでぐちゃぐちゃになるといった場合に、男性は大いに後悔します。

修羅場の原因は自分が作ってしまった以上悪いのは自分であり、精神的にも肉体的にも披露してしまいます。

命の危険にまで発展したとき、浮気の恐ろしさに打ちひしがれ後悔します。

浮気相手から病気をもらったときに後悔

病気を貰ってきたとき

浮気相手や不倫相手と肉体関係があり、そこから病気を貰ってきたときに後悔します。

他人の男に手を出すような女性は性に対しても奔放な場合も多く、病気のリスクを抱えています。

男性側の病気に対する認識の甘さがありますが、一度病気になってしまった後では後悔しか残りません。

パートナーに対しても自分の病気のリスクに晒すことになり、そこから浮気がバレる場合もあります。

慰謝料請求されたときに後悔

慰謝料を請求されたとき

パートナーから浮気・不倫に対して慰謝料請求された場合に後悔します。

慰謝料請求するということは反省の態度を要求する行為であり、わざわざ手続きをしてでも浮気・不倫行為を許さないというパートナー側の意思表示でもあります。

金銭を支払うということに対してはもちろんですが、パートナーをそこまで憤慨させたことに後悔します。

金額の重さ分、より後悔の念に襲われます。

PR

浮気・不倫したことを後悔しないために

浮気・不倫を後悔しないために

「初めから後悔するなら浮気などしなければいい」というのは正論ですが、後悔してからしか気付けない場合もあります。

初めはみな後悔するために浮気をしていません。

浮気や不倫行為はパートナーへの裏切り行為です。

後悔しないためにどういった行動を取っていけばいいでしょうか?

バレたときのパートナーの顔を想像しよう

パートナーの顔を想像しよう

浮気や不倫がバレたとき、一番ショックなのはパートナーです。

その時、彼女は泣いているでしょうか?怒っているでしょうか?

少なくともネガティブな表情であることは間違いありません。

彼女の悲しむ顔をさせてでも浮気をしてもいいのか、今一度考えなおす必要があります。

社会的なリスクを考えよう

社会的なリスクを考えよう

浮気や不倫はパートナーへの裏切り行為であり、社会的に許される行為ではありません。

よって、浮気や不倫が原因で社会的信頼を失うことになり、今のポジションから降ろされたり慰謝料請求で金銭を失う可能性があります。

浮気や不倫はそれらを犠牲にしてまでする行為なのか、考えてみる必要があります。

一時の過ちで人生を棒に振る覚悟が必要です。

後悔の念に襲われたら、浮気相手とは別れよう

浮気相手とは別れよう

浮気や不倫で後悔の念に襲われたら、その瞬間から浮気相手・不倫相手から別れることもできます。

後悔だけで済むのならまだやり直す余地は残っています。

様々な犠牲を払ってまでする浮気に価値はあるのか、今一度問いただしてみましょう。

彼女や妻の顔、自分の子供の顔が浮かび後悔したら、浮気相手との関係は断ち切りましょう。

浮気の慰謝料請求の相場はどれくらい?慰謝料に時効ってあるの?
パートナーに浮気された場合、その精神的苦痛に対して慰謝料の請求ができます。精神的苦痛の度合いや今後の関係性、浮気相手の関係性や状況で請求額は大幅に増減します。慰謝料請求するためには不倫関係であるという証明も必要で簡単に請求できるわけではありません。浮気の慰謝料請求には時効があり、請求したくても時...
浮気されても離婚しない夫婦が多い?浮気後の離婚率ってどれくらい?
旦那や妻の浮気発覚後、離婚した夫婦より離婚しない夫婦の方が多いという噂は本当でしょうか?不倫後の夫婦の離婚率と確率って一体どれぐらいなのか?浮気や不倫をしても離婚しない夫婦の離婚率を徹底調査してみました!

浮気を後悔する瞬間まとめ

浮気や不倫をする男性は後を絶ちませんが、結果的に後悔する場合が多いのも事実です。

バレなければいいわけではなく、後悔の念はバレていなくても襲ってきます。

不倫や浮気は社会的なリスクも高いことから、後から反省しても取り返しのつかないこともあります。

浮気や不倫をする前に、本当にしても後悔しないか、今一度自分に問いただしてみてはいかがでしょうか?

PR

コメントを残す

*