AmazonがEcho Inputを発売!新製品を速攻購入レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月28日、通販大手のAmazonが展開しているAIスピーカー、Echo(エコー)シリーズに、新型が登場しました。

その名もEcho Input(エコーインプット)」です。

今回発売されたこのEcho Input、以前から発売していた他のEchoシリーズとの違いは何か気になるところですね。

今回、ちょうど私がAmazonのAIスピーカーがほしいなと思っていた頃でしたので、発売日に速攻自腹購入してみました。

そこで、今回はこのEcho Inputと今までの製品と比較して何が違うのか、どういう層におすすめかをチェックしてみたいと思います。

PR

Amazon Echoとは?

Amazon EchoはAmazonが展開しているAIスピーカーです。Echoシリーズは、アシスタントとしてAlexa(アレクサ)が搭載されいます

私達がスピーカーに問いかけるとこのAlexaが処理してくれて解答してくれたり、家電を制御したりなどお手伝いをしてくれます。

似たような製品としてGoogleが発売しているGoogle Homeなどもありますね。

Amazon Echoにもいくつか製品があり、スピーカーを搭載していて比較的安価なEcho Dotや、大きな画面がついて動画コンテンツや写真も見れるEcho Showなど、種類は様々あります。

いい音とは一体何なのか?ステレオサウンドへ取材に行って聴いてみた!
普段イヤホンで音楽を聴いてるけど普通のスピーカーを置いて聴くのとはどう違うのかなと疑問に感じたことはないでしょうか。オーディオに詳しい人にお話を伺い、いい音を本当に感じるにはどうしたらいいのかを詳しく解説してみました。

特徴

今までのEchoシリーズとの明確な違いはスピーカーが搭載されていないことです。

Alexaのしゃべる声を出すところがないので、スピーカーの準備が必須になっています。

スピーカーを搭載しない分、その他のEchoシリーズと比べ一番安い価格設定になっており、他のEchoシリーズと比較しても一番コンパクトにできているようです。

余っているスピーカー音がいいスピーカーをすでに持っている場合に効果を発揮しそうですね。

どこで買える?価格は?

ネットだとAmazonで購入することが出来ます。昨日発売したばかりですが、3月29日現在も問題なくAmazonで注文出来るようです。

過去の製品は電気店などでも購入することが出来るようですが、Echo Inputが電気店で購入出来るかは分かりませんでしたのでAmazonで購入するのが無難でしょう。

価格は1台2980円です。今まで一番安かったEcho Dotでも5980円するので、スピーカーはいらないけどとにかく安く欲しい!という場合に良さそうですね。

PR

実際に買ってみた

日本発売日である3月28日に注文し、29日の午前中に届きましたので実際に開封してセッティングしていきます。

思ってたよりも箱が小さい

実際に届いたEcho Inputの箱を見ると、かなり箱が小さいことに驚きです。

スピーカーが無い分かなり小型に出来るので、かなり小ぶりな製品なことが期待できそうですね。

裏面の説明を読むと、どうやら普通のケーブルで接続するスピーカーだけではなく、Bluetoothにも対応する模様。

これならポータブルのBluetoothスピーカー等でも問題なく接続できそうですし、場所を選ばす設置できそうですね。

内容物

内容は、本体、ACアダプター、ACアダプターと接続するためのUSBケーブル、3.5mmのオーディオケーブル、簡単な説明書とAlexaの問いかけ例が書かれた紙が入っていました。

これだけあれば必要なものは揃っていそうですので、スピーカーさえ準備ができていれば届いてすぐ使えそうですね。

実際に接続する

接続は簡単で、電源と使用するスピーカーを繋げば準備が完了します。Bluetoothスピーカーを使う人はとりあえず電源だけ接続すれば良さそうです。

電源を接続してしばらくすると本体の真ん中にあるLEDランプがオレンジ色にゆっくり点滅し始めます。

この段階になるとセットアップ待ちの状態になるので、自分で持っているスマホでAmazon Alexaアプリを立ち上げセットアップを進めていきます。

セットアップ自体も簡単

セットアップを進めていくと、まずはBluetoothを介してEcho Inputと通信し、WIFI設定などをアプリ上で行っていきます。

自分のAmazonアカウントはスマホにインストールしたAmazon Alexaアプリでログインした情報を使うようですので特にこの段階でログイン等は必要ありませんでした。

ここまで行えば簡単な説明の動画が流れ、その後スピーカーをどこから出力するか聞かれます。Bluetoothスピーカー使う人はここから設定するようです。

本体の大きさ

本体の大きさは、USBが4個ついてる充電器と同じくらいの大きさ、厚みはスマホ1台分くらいの厚みくらいでした。

小型なので、あまり物がおけないところでも特に問題無く配置できそうですが、本体が円形なので、置き方によってはすっきりまとまらないかも…

ですがBluetoothでワイヤレス接続も出来るので、スピーカーと多少距離が離れてても設置出来るのは魅力ですね。

インエアーイヤホンとは?耳に入るスピーカーをレビューしてみた!
インエアーイヤホンと呼ばれる新型のイヤホンは、『耳の中に入れるスピーカー』と言われるほど、質のいい音を届けます。そんなINAIRはどこで購入できるのでしょうか?モテる男必見!最新ワイヤレスイヤホンを大公開しちゃいます!
男子注目!女性に人気のかっこいい普通車・軽自動車・外車まとめ
モテる男は選ぶ車も女子ウケ抜群!女性に人気のかっこいい車を普通車・軽自動車・外車に分けてご紹介!それぞれの車の特徴や、リアルな女性からの「女子ウケポイント」もお伝えしますよ!これを読めば、購入すべき車が見つかるかも?

Google Homeシリーズとの違いは?

ちなみに私はGooogle Home Miniも持っており、毎日のように使用しています。こちらはGoogleアシスタントが搭載されています。

はじめてのAmazon Echoシリーズの購入ですので、少し使ってみた感想としてEcho InputとGoogle Home Miniとの違いAlexaとGoogleアシスタントとの違いを確認してみます。

オーディオ出力端子の有無

Google Home Miniを使って最初に思ったのは音声出力端子がないこと。

私は自宅でAVシアターアンプを所有しており、出来ればここに接続して大きなスピーカーから音を出したいと思ったのですが、Google Homeシリーズに音声出力がついてる製品がないのです。

最近のアップデートで、Google HomeシリーズでもBluetooth経由で別のスピーカーから音を出す機能がついておりますが、音質にこだわる私としてはBluetoothを経由することによる音質劣化が気になってしまいます。

しかし、Echoシリーズは、画面つきの大型端末であるEcho Show以外はオーディオ出力端子がついております。

さらに、今回Echo Input自体スピーカーが搭載されていないので、手持ちの音がいいスピーカーなどをつなぐことが考慮されているのが魅力ですね。

Google Homeで買い物はできない

Googleアシスタントでも買い物できないかいろいろ試してみましたが、音声で買い物することは出来ませんでした。(海外ではできるらしいです)

やはり通販サイトのAmazonだから出来る音声注文、Alexaで音声注文してみたところ問題なくAmazonに注文が送信されました

自分がよく使うシャンプーやティッシュなどの消耗品を、思い立ったときに音声で注文できるのは非常に便利なものですね。

どんなことが出来るかわかりやすい

Alexaは、スキルというものでスマホにアプリを追加するような感覚で様々なことが出来るようになっています。

Amazonのページで自分の好きなスキルを追加して様々な動作を可能にしています。

Googleアシスタントでも様々な動作が出来るようになっており、特に追加の操作しなくてもすぐに使うことはできるのですが、出来ることが明確に定義されてないように感じます。

一方Alexaは、ストアにアクセスして追加する際に、どんなことが出来るのかの簡単な説明も書かれているので、使う側にとっては非常にわかりやすいと感じました。

PR

究極系はGoogleHomeとEcho InputをBT接続か!?

ここまで、Googleアシスタントを搭載しているGoogle Home Miniと、Alexaを搭載しているEcho Inputを比較してみましたが、両方共一長一短なので、どっちが便利なのか悩みどころですよね。

さらに私はほどんどのスマート家電をGoogleアシスタントで管理させているので、完全にEcho Inputに置き換えるのは難しいかもしれません。

そこで、すでに持っているGoogle Home MiniをBluetoothスピーカーとしてEcho Inputを接続し、両方のアシスタントを同じスピーカーから出せるか試してみました。

設定は簡単だが注意点あり

実際にペアリングしてみたところ、Google Home Miniに日本語の名前を設定していると文字化けが起こってしまい、うまく接続することができませんでした。

ですが、Google Home Mini側に日本語を使わないで名前を決めると文字化けも解消し、きちんと接続することができました。

ペアリングが完了し、Alexaの声がGoogle Home Miniから出るようになったので、2つのアシスタントをいろいろ音声操作してみましたが、特に遜色無く利用できたので、どっちも使いたい人には丁度いいかもしれませんね!

持ち運べる液晶モニター「Vinponk Split」とは一体。実際に使ってみた!
外でも自宅と同じ感覚で作業をしたいと思ったことや、パソコンを置くスペースが少なくて普通の液晶モニター置くのは難しいと思ったことはありませんか?そんな時にきっと役立つアイテム!持ち運べる液晶モニター「Vinpok Split」、使い勝手等を検証してみました。
Lenovoスマートウォッチがおすすめ!実際にガジェットを使ってみた
Lenovoのスマートウォッチがクラウドファンディング『GREEN FUNDING』で今だけお得に購入できる情報を入手!2つのスマートウォッチを使ってみたレビューを紹介しながら機能について詳しくまとめてみました!

Echo Inputを実際に使ってみて

私が使う視点で今回のEcho Inputを考察してみましたが、すでに良い音響システムを持っている私としては扱いやすい製品が出てきてくれたなと感じました。

さらに価格も安価な設定なので、初期投資を少なく導入することが出来るのも良いですね。

今現在シアターが使える環境に居ないため、細かな音響チェックが出来ないのが残念ですが、このあと自宅に設置してどのような結果になるのか今から楽しみです。

今現在スピーカーが余っていて、活用したい! 自分の拘りのスピーカーを接続したいなんて要望に十分応えてくれる製品ではないでしょうか。

PR

コメントを残す

*