ゴルフ初心者が先ず初めに揃えなくてはいけない道具とその費用内訳

ゴルフ 費用
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紳士のスポーツとしても知られるゴルフ。

比較的年齢を重ねてもできますし、上司や取引先とのコミュニケーションツールとしての役割も果たしてくれます。

ただ敷居が高い気がして何から始めたら良いのかわからず、結局二の足を踏んでしまったという経験がある方もいるのではないでしょうか?

こちらでは初心者がゴルフデビューに至るまでの道具の選び方や、それにかかる費用などをご紹介していきます。

PR

初歩的な疑問!まず何を用意すればいい?

ゴルフ 初心者

さあ、ゴルフをやってみよう」と思っても、何もないところからは始められません。

まず最低限必要なものを揃えるところから始まりますが、初心者はここで挫折してしまうことが多いでしょう。

しかし少し体を動かしたい、というくらいであればそこまで身構えることはありません

それでは基本的にどういった道具を用意すればいいのか見ていきましょう。

とにもかくにもグローブ

最初は恐らく打ちっぱなしに行って練習をすることになるでしょう。

その時に最初に必要になるのがグローブで、手とクラブの接点になる大切な道具です。

右利きの方は、握力のサポートのために左手だけにグローブをはめることが多いですが、プロでは素手で打つ方も多く居ます。

しかし、初心者の場合はクラブがすっぽ抜けて飛んで行ってしまうのを防ぐためにもグローブは必須といえるでしょう。

グローブの種類

グローブを購入しようと思っても、たくさん種類があってどれがいいのか迷ってしまうことでしょう。

まず重要なのがサイズ選びなので、専門店でグローブを試着して購入するのが良いでしょう。

また天然皮革、人工皮革といった種類があります。

天然皮革は素手に近いフィーリングやフィット感と高いグリップ力を持ち、一般的にシープという羊の皮を使用しているので割高になる傾向があります。

一方人工皮革は、伸びにくい素材を使用しているのでフィット感には劣る傾向があります。

しかし汗などに強く水洗いできるものも多いので、耐久性に優れておりコストパフォーマンスは良いといえるでしょう。

グローブは消耗品ですので、なるべく費用を抑えたいという方は人工皮革がおすすめです。

グローブの値段

グローブは安いものだと500円前後から、高いものになると2万円を超すものも売っています。

アマチュアでゴルフを楽しむ方の場合は2000円前後のグローブを使用している方が多いようです。

グリップ力を高める加工や、冬用の発熱素材、防水加工などの特殊加工をしてあると値段もまた変わってきます。

ライザップゴルフの評判が悪い?料金体系や口コミ・体験談まとめ
ライザップゴルフってご存知ですか?最短2ヵ月で、スコア100切りを目指せるというゴルフトレーニングだそうですが、評判はどうなのでしょうか?今超話題のライザップゴルフの魅力や体験談・口コミをまとめてみました。
モテるメンズのスニーカーはやっぱりナイキ?アディダス?
モテるメンズは足元までおしゃれに気を使ってるって本当?女子ウケのいいモテる靴には特徴があるとのことで調査した結果ナイキやアディダスなど有名ブランドが挙げられていることを確認!モテる男になるために足元までチェック!

いよいよゴルフクラブを用意

ゴルフ 道具

さて、自分に合うグローブを購入していざ練習開始です。

そこで、ふと疑問になるのが「ゴルフクラブはどうしよう?」という問題です。

打ちっぱなしの練習場ではクラブをレンタルすることができますし、ゴルフ場でも一本単位からセットまで借りられるところが増えているといいます。

しかし、初心者とはいえやはり気持ち的にも何本かは自分のクラブを持っておきたいものです。

次は、ゴルフクラブの選び方をご紹介していきましょう。

初心者向けクラブセット

コースに出て打つ時、ゴルフクラブは14本まで持つことができますが、初心者はそれだけ持っていても使い分けができませんのでそこまで持つ必要はないでしょう。

専門店に行くとセットになって売っているものがあります。

一本ずつ購入するのは選ぶのも大変ですし費用も割高になりますので、セットで購入するのがおすすめです。

クラブの選び方

初心者でもこれがあれば一通りコースを回れるという7本セットをハーフセットといいますが、メンズ用ではあまり取扱いがなく10本程度がセットになって売っているものがほとんどです。

メーカーやブランドにもよりますが、一例をあげると

  • ・ドライバー(1W)

  • ・フェアウェイウッド(FW)

  • ・ユーティリティー(UT)

  • ・5、7、9番アイアン

  • ・ピッチングウェッジ(PW)

  • ・サンドウェッジ(SW)

  • ・パター(PT)

というセットになります。

その中でも初心者向けのセットはヘッドが大きいタイプのものが多く安心感があるでしょう。

またシャフト(柄の部分)の硬さもスイングに影響のある部分で、一般的な力を持つ男性はRと呼ばれるものを選ぶことが多いです。

安いものだと2万円台からでもすべてを揃えることができます。

本格的にゴルフをするのであれば

フルセットは上記にフェアウェイウッドやアイアン、ウェッジが数本足されて14本セットになっており、値段も5万円前後のものがおすすめといえるでしょう。

10本程度のセットは、低価格でクラブを揃えられ、付き合い程度でゴルフを楽しむのであればこれで十分といえます。

対してフルセットは、ゴルフが上達してくると必要になってくるクラブがあらかじめ入っているので、結果的には費用面で得になるといえます。

本格的にゴルフを始めたいのであれば最初からフルセットを購入するのも良いですが、自分に合うクラブかどうかは上達してきてからでないと分からない部分もあります。

スノーボードでモテるコツとは?テクニック・モテコーデまとめ
スノーボードテクニックを学ぼうとする男性諸君にとって、どれだけゲレンデで女子ウケするかが一番の目的となることでしょう。そんなスノボテクニックやモテコーデをどうすればよいかなどのもてるコツをまとめてみました。
【メンズ】スポーツサングラスで安い・人気なブランド一覧まとめ
メンズ諸君!今年の夏はスポーツサングラスで周りと差をつけてみないか!スポーツサングラスは普段あまりサングラスを使わない人でも使いやすいブランドが多いんです!スポーツサングラスで安い・人気のブランドをまとめてみました。

ゴルフ場内のドレスコード

ゴルフ
PR

クラブハウスやコース内ではドレスコードが定められていることがありますが、最近はよほどの名門クラブでない限りウェアにそこまで厳しいルールはありません。

とはいえマナーを守り、他人に不快感を与えないように気を付けましょう。

シャツとパンツ

トップスは基本的に襟付きのポロシャツで、ボトムスはジーンズやジャージ以外の動きやすい服装にしましょう。

これにベルトが必要で、シャツの裾はパンツにインすることがマナーとされています。

ゴルフ専用のシューズ

打ちっぱなしでは普通のスニーカーで構いませんが、コースに行く時には芝を守るためにも専用のシューズを持っていきます。

また専用のものでないと、傾斜のあるところなどで滑って怪我をしてしまう恐れもあります。

シューズにはソフトスパイクがついているものとスパイクレスのものがあります。

ソフトスパイクには鋲がついているので滑りにくいのですが、慣れるまでは芝上を歩きづらいかもしれません。

スパイクレスは歩きやすい反面、スニーカーほどではありませんが滑りやすいというデメリットがあります。

初心者におすすめなのはソフトスパイクのついているもので、安いものだと5000円程度から売っています。

鋲が傷んでもその鋲だけを交換することができるので手入れ次第では長く使用できるのが特長です。

やはり自分の足に馴染むものを購入するために試着をして購入するようにしましょう。

その他準備しておきたいゴルフ道具と費用内訳

ゴルフ

その他に初心者がコースに出る時に意外と忘れやすい道具がゴルフボールやティーです。

打ちっぱなしの時には用意しなくても大丈夫だったものですので、こちらの費用も見ていきましょう。

その他のゴルフ小物

ボールやティーは消耗品の代表格でしょう。

コースに出ると特に初心者は池や林の中にボールを打ってしまったり、いつの間にかポケットからボールが落ちて紛失してしまっています。

上達するまではロストボールと呼ばれる中古のもので数を多く揃える方が賢明でしょう。

30個1000円前後で販売されています。

ティーも折れてしまったりいつの間にか紛失してしまうものですので、多めに用意してキャディバッグに入れておくべきでしょう。

とにかく安いものとなれば、30個入って300円に満たないものも売っています。

タオルやバッグ

コースを回る時に最初から最後まで同じ格好をしている人は見かけません。

汗を拭くためのタオルや着替えを入れる大きめのバッグなども必要になります。

こちらはゴルフ専用のものでなくても構いませんが、カジュアルになり過ぎないようにしましょう。

キャディバッグは初心者向けのセットを買うと付いてくる場合が多いですがもちろん自分の好みのものを買うこともでき、中古なら1万円台で売っています。

ドレスコード?帽子は?

コースに出る時、帽子やサンバイザーがドレスコードに入っていることがありますが、長時間日射しの中にいることも多いので用意しておいた方が良いでしょう。

また万が一打球が頭に当たってしまった場合にも、帽子をかぶっているかいないかで大きく違ってきます。

専用のものでなくても構いませんので普段使いしているキャップなどを用意しておきましょう。

初心者におすすめのダーツバレルの種類やメーカー、選び方
ダーツは今や誰でも気軽に楽しめるスポーツになりました。自分専用のダーツを買う人も増えてきて、おすすめの重さは?バレル?シャフト?という人もいると思います。そこで今回は、ダーツの選び方をご紹介したいと思います!
ボーリングのカーブの投げ方のコツは親指?二本指?持ち方?
ボーリングって盛り上がりますよね。折角なら上達してストライクをバンバン取りたいですが、そうなるために必要なのがカーブです。今回はボーリングのカーブの投げ方のコツをまとめました。親指を抜いた持ち方など簡単に曲がりますよ。

ゴルフを始めるのにまず必要な費用はのまとめ

ゴルフはお金をかけようと思えば天井が見えないくらい際限なくお金をかけられてしまいます。

ただし費用を安く抑えようと思えば、中古の道具をうまく活用することやメンテナンスをしっかりすることでかなり節約しながらもゴルフを楽しむことができます。

道具の費用としては打ちっぱなしに行くだけなら数千円、コースに出る場合も安ければ4万円程度で始めることができます。

ゴルフは老若男女同じルールででき長く続けられる趣味にもなりますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

PR

コメントを残す

*