ゴルフ初心者がスコアアップの為に練習したスイングの基本とは?

ゴルフ スコアアップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コースに出るようになったけどなかなか上達できないというゴルフ初心者のかたは多いと思います。

そんなときはゴルフの基本を再確認するべきです。

正しくゴルフクラブを握れているのか、正しいアドレスが出来ているのか、そこを見直すだけでも改善できることはたくさんあります。

そんな基本の確認をしたうえで更にスコアアップにつながるスイングの基本の練習方法を紹介します!

PR

まずはグリップを再確認しよう

ゴルフ

ボールが真っすぐ飛ばないという方、その原因のほとんどはグリップにあります。

ゴルフクラブを握った時点でフェース(打球面)がボールに対して正面を向いていなければ、いくらスイングの練習をしてもボールは真っすぐ飛びません。

ボールが真っすぐに安定しないという方は、練習方法を見直す前にもう一度改めてグリップを確認してみましょう

握り方の基本

指のかけ方は大きく分けてフィンガー・パーム・セミフィンガーの3つ。

更に、打つ球筋によってスクエアグリップ・ストロンググリップ・ウィークグリップの3種類のグリップがあります。

それぞれ良し悪しがありますので「これが正解」というグリップはありませんが、初心者は綺麗なスイングを手に入れるためにもストレートボールが出やすいスクエアグリップで練習するのが良いでしょう

自分に合った正しい形になっているか確認を!

ゴルフクラブをグリップするときは、クラブの中心に書かれているロゴと、グリップ後ろの盛り上がったバックラインを目印に使います

打つ前、何となくグリップしてしまうのではなく、目印を使ってフェースの向きを毎回確認することで安定したショットが打てるようになっていきます。

良いショットが打てたというときにはグリップを確認して、そのショットを再現できるよう自身を研究していくのも上達につながる大事な練習方法です。

ライザップゴルフの評判が悪い?料金体系や口コミ・体験談まとめ
ライザップゴルフってご存知ですか?最短2ヵ月で、スコア100切りを目指せるというゴルフトレーニングだそうですが、評判はどうなのでしょうか?今超話題のライザップゴルフの魅力や体験談・口コミをまとめてみました。
スノーボードでモテるコツとは?テクニック・モテコーデまとめ
スノーボードテクニックを学ぼうとする男性諸君にとって、どれだけゲレンデで女子ウケするかが一番の目的となることでしょう。そんなスノボテクニックやモテコーデをどうすればよいかなどのもてるコツをまとめてみました。

スイングはアドレスでほぼ決まる!

ゴルフ スコアアップ

ボールの前に立つとその後のスイングの動作のほうに意識が向きがちですが、スイングの良し悪しはアドレスの時点でほぼ決まります

安定して良いショットが打てるよう、初心者だからこそ変な癖がついてしまう前にアドレスも再確認していきましょう。

足の位置の決め方

初心者が練習するのにおすすめの7番アイアンを基準にします。

足の幅は肩幅程、ボールが左右の足の真ん中よりボール一つ分左足寄りにくるように立ちます。

ゴルフクラブが長くなるほど足幅は広くボールは左足寄りに、短くなるほど足幅は狭くなりボールは左右の足の真ん中になります。

体はボールを飛ばす方向に対して直角になるように構えましょう。

前傾姿勢の理想の角度は?

足の位置が決まったら背筋を伸ばして立ち、膝を軽く曲げながら上半身を前に倒していきます。

グリップしたゴルフクラブをボールの横に置いた状態で、クラブシャフトと上半身の角度が90度になるようにするのが理想の角度です。

このとき、腕の角度は地面と垂直になるようにしましょう。

背中の角度が前傾になりすぎればボールは右に(スライス)、後傾になりすぎれば左に(フック)飛びやすくなるので、上半身の理想の角度「90度」を意識してアドレスします。

アドレスからスイングは始まっていますので、アドレスの姿勢がスイングを左右するということを忘れずに!

ボーリングのカーブの投げ方のコツは親指?二本指?持ち方?
ボーリングって盛り上がりますよね。折角なら上達してストライクをバンバン取りたいですが、そうなるために必要なのがカーブです。今回はボーリングのカーブの投げ方のコツをまとめました。親指を抜いた持ち方など簡単に曲がりますよ。
初心者におすすめのダーツバレルの種類やメーカー、選び方
ダーツは今や誰でも気軽に楽しめるスポーツになりました。自分専用のダーツを買う人も増えてきて、おすすめの重さは?バレル?シャフト?という人もいると思います。そこで今回は、ダーツの選び方をご紹介したいと思います!

PR

スイングの基本練習でスコアアップ!

ゴルフ

アドレスの後、スイングの動作はテイクバック・ダウンスイング・インパクト・フォロースルーという一連の流れになります。

細かい点をあげればキリがありませんが、ここでは特に初心者が行ったほうがよい基本の練習方法を紹介していきます。

右手だけで打ってみる

スイングは基本的に左手主導ですが、飛距離を伸ばすための力やフェースの向きをコントロールするのは右手の役割です。

そこで、左手を使わず右手だけでゴルフクラブを持って打ってみると、インパクトの瞬間にフェースを真っすぐに当てる感覚がつかみやすく、ボールを真っすぐ飛ばせるようになります。

初心者のスイングで多いのが、飛距離を伸ばすために両手で力いっぱい振ってしまうこと。

スイングは力いっぱいクラブを振ることよりも、遠心力を使ってクラブフェースを真っすぐボールに当てるということを意識する方が安定して飛距離が伸びます。

右手だけで打つ練習をしてフェースの向きをコントロールする力を身につけましょう!

腕で三角形を作ってハーフスイング

ゴールがゴルフクラブに当たる感覚を養うため、フルスイングばかりではなく腰の高さまでのハーフスイングの練習をしましょう。

この、腰から腰へのハーフスイングは「ビジネスゾーン」といわれており、この範囲で正しいスイングができるようにればミスショットが減り安定するようになります。

この練習で特に気を付けるのは、腕と胸でできる三角形の維持です。

風船やゴムのボールなどを腕の間にはさんでスイングすると三角形が維持できているか確認しやすいと思います。

頭の位置がズレないようボールをしっかり見ながら、腕と胸の三角形を維持して手首を固定し、テイクバック~フォロースルーは腰の高さまで。

ビジネスゾーンのスイング練習は上級者でも重要視する方が多いので、初心者が続けることは上達への近道です!

スムーズな体重移動

ゴルフクラブを振る力を最大限にボールに伝えるにはスムーズな体重移動ができるかどうかが重要になってきます。

初心者の場合、ボールを高く上げようとしてインパクトの瞬間に右足に重心が乗っていることが多いようです。

ですがそれではボールにしっかり力を伝えることができていません。

スイング時の体重の移動はテイクバックで右足に、インパクトの瞬間は左足に8割、フォロースルー時は全体重が左足に乗っているようにしましょう。

そしてその重心の移動は流れるようにスムーズに。

腰から腰のハーフスイングの練習時にもこの体重移動を意識することで、練習の効果が格段にアップします!

ゴルフ初心者がスコアアップの為に練習したスイングの基本とは? まとめ

「なかなか上達しないな」と感じているゴルフ初心者の方、まずは基本となるグリップやアドレスが正しくできているのかを再確認してみてください。

「曲がる」「当たらない」はこの2つを見直すことで改善できてしまうかもしれません。

紹介した基本練習の最大の上達ポイントは、ゴルフクラブがボールに真っすぐ当たる感覚を養うということ。

地味な練習方法ですが、ハーフスイングについては上級者やプロでも行っている練習ですし、多くの方が指導に取り入れています。

初心者のかたがこの練習を取り入れることでスコアが上がったという声も多くあり、ゴルフ練習の基本としては必要不可欠といってもいい効果の高い練習です。

実際にコースに出てみると様々な要因で練習通りのスイングが出来ないことがあります。

ですが、基本を理解したうえでしっかり練習を続けることで、今までよりも格段に安定したスイングができるようになります。

悩める初心者は基本に戻って練習することがスコアアップへの一番の近道ですよ!

PR

コメントを残す

*